5月の国産カモミール講座詳細です。

次から次へのご紹介になりますが、、、来月から期間限定の1か月間。スクールでは毎週、水・土の決まった日時に「国産カモミールの講座」を開講します。サロンでは「国産ローマンカモミール精油」を使用したアロマボディートリートメントも♪

今回の講座では、カモミールを使った料理などもご紹介したいと思います。こちら、ドライカモミールをオリーブオイルやリンゴ酢に漬け込んでいるところ。それらがどう料理に使われるか、乞うご期待♪

5月のアロマクラフトは「国産カモミール&国産薄荷 2層式ハンドバーム」

下の層(緑色)は、6月の講座でメインとなる「薄荷」。上の層(黄色)は「ローマンカモミール」精油を入れています。上下の層では、植物油の種類も使い分けています。

スティック状になっていまして、手や腕に滑らせてもらうだけです。ちなみになぜ、2層にしたかと言いますと「使用する人が飽きないように。」

5月にローマンカモミールの層を使い終われば、薄荷の層になります。ちょうど、その時期が6月かと思うんですね。6月は梅雨時期で、非常に気分もジメジメします。その時に、薄荷の爽快感は何ともいえないんじゃないかな~と。

キャップを閉めると、こんな感じです。お洒落なケースですよ~

本日より国産カレンデュラフェアスタート!

本日より国産カレンデュラフェアがスタートしました。4月末までの限られた期間のみ開催になります。女性にとってうれしい成分がたっぷりつまったカレンデュラ。スキントラブルだけでなく、身体の内側からもいたわります。スクールではそれを学び、サロンではカレンデュラの恵みで全身をくまなくトリートメント♪

サロンの全身トリートメントは、残り3枠
①4/21(土)10時~
4/25(水)②10時~ ③13時半~
詳しくはこちら↓
旬のアロマボディートリートメント(リンク先に飛びます。)

スクールの受講も残り3枠
①4/25(水)16時~
4/28(土)②10時~ ③13時半~
詳しくはこちら↓
旬のアロマクラフト講座(リンク先に飛びます。)

☆彡ご予約&お問合わせはこちらから☆彡

※また明日は、5月から始まる「国産カモミール」の詳細をブログでご紹介しますね♪

菜の花シーズン

3~4月にかけ、菜の花があちこちで開花♪ 固まって咲いているところでは、ほんのり~とハチミツの香りがします。

地域によっては、休耕田を活用し菜の花を栽培しているところも。それらが、町の観光名所になっていたりします。黄色一面の世界は、何とも言えない空間に包まれるんですね~。例を挙げますと淡路島の洲本市・大野地区。ここでは、観賞後に種を収穫し搾油。「なたね油」として市内の飲食店で使用、販売されたりしています。(※画像は、近隣で撮影したもの。)

ところで!菜の花は大きく分類して3つあることをご存知でしょうか?
①つめは観賞用、野原や田んぼ等で見かけるもの。
②つめは搾油用、種を搾り食用オイルとして使用。
③つめは食用、葉が柔らかく大きいのが特徴。天ぷらや、おひたしなどに使用。

ちなみに②ですが、国内で搾油する「なたね」のほとんどが輸入品。主な輸入国はカナダ、次いでオーストラリア。国内の自給率は、たったの0.05%とか。すごく少ないですよね。

元々、なたね油自体あまり流通(使用)されていないのかと思いきや、世界で精油される食用油の第3位です。国産のなたね油を使用したことがあるのですが、綺麗なオレンジ色で天ぷらがカラッ!と揚がった記憶が。お試しになられる機会がありましたら、ぜひ天ぷら油としても使用してみて下さい~♪

~国産カレンデュラ フェア~

4/18(水)より、国産カレンデュラフェアが始まります~。水・土の開催。最終は4/28(水)!4日間だけの限定企画ですのでお見逃しなく!!

使用するものは、こちら淡路島産カレンデュラ「Muraji」シリーズのオイル。「むらじ」は淡路島で大正の頃より栽培されてきたカレンデュラ(=キンセンカ)の品種。国内でも栽培実例が非常に少なく、鮮やかなオレンジ色の大輪の花が特徴です。農薬不使用。


元々カレンデュラオイルは大好きで、他メーカーの商品を比較しながら使用してきました。「Muraji」は、びっくりするぐらいオレンジの鮮やかさが違います。秘密は、花びらをオイルにそのまま漬け込むのではなく粉末状にしてから。これには結構な技術が必要だそう。原料となるオイルは淡路島産の「ひまわりの種」。昔ながらの焙煎圧搾法で島内で一貫生産されています。

講座では「リカバリースポットオイル」のクラフト作り。頭の先から、爪先までスポット的な【カサカサ】【ガサガサ】をオイルでケアしましょ♪

おすすめの使い方は、お爪のケア。爪の根元にのせてなじませるだけ。ジェルネイルをされている方は、特におすすめ。ジェルの浮き防止につながります。

サロンではアロマボディートリートメントの際「Muraji」オイルを1/3量(10ml)加えます。カレンデュラオイルは、値段がはりますし他サロンで使用しているところは非常に少ないかと思います。アロマのクラフト作成でも10ml以下で扱うところが多いのかな?4日間のみになりますが、ふんだんに入れて全身をトリートメントさせていただきますよ~♪

さきたま古墳公園と薬用植物園

先週の土曜日、埼玉県にある「さきたま古墳公園」に行ってきました。ここは8つの前方後円墳と1つの円墳が残されています。かつては40基を超える大小の古墳があったそう。一か所にこれだけ集まった古墳群は埼玉県のみ。古墳の多さは群馬県が一番とか。

写真は日本最大の円墳である「丸墓山古墳」。周囲は桜の木。そして頂上にも桜の木が!登ってみると見晴らし抜群♪

公園内にあった「はにわ館」ここでは、はにわ作り体験が出来るそうです。受け渡しは2か月後?写真は、おそらく取りに来られていない方の作品。こう見ると、埴輪のイメージって人それぞれですね~(笑)

そして、同公園内で気になったもの。それは薬用植物園。園内マップには黒塗りされており・・・つまり、もう管理されていないんですね。見に行くと、それはそれは荒れ果てており。敷地内は雑草なのか、ハーブなのか分からない状態。ネームプレートは折れてあちこちに飛んでいて。

「この薬用植物園は、ボランティアさんの手によって管理されています」という標示があったのですが、多分ボランティア団体も解散してしまったのでしょうね。ちょっと残念です。

ただ、放置されていても一部のハーブはきちんと生きていました。「ローズマリー」「フェンネル」は旺盛に葉を伸ばし。地面の雑草をかき分けると「タイム」も。こんな厳しい環境でも、変わらず香りを漂わせているハーブがすごく健気に思えました。

なんだか、耕作放棄地の問題がリアルに感じます。こういった所、全国にもたくさんあるんだろうなあ。

和メープルシロップ


メープルシロップと言えば、海外のイメージが強いですが、国産品があるのはご存知でしょうか?埼玉県秩父市では21種類のカエダが生息。早春、カエデの幹は甘い透明の液体で満たされます。秩父樹液生産協同組合では、このカエデ糖を生かした商品づくりを展開されています。

こちら先月、食したプリン。都内の東急ストアで販売されていました。売り上げの一部が、秩父の森の再生へとつながるのは嬉しいですね。

中身はこんな感じ。思ったよりメープルシロップの甘味がしっかりとしていました。和メープルの風味、もっと全国的にも海外にも広まって欲しいなあ~

3月度アクセス解析

3月度のアクセス解析をまとめました。

1位 ホームページのトップページ
2位 アロマブログのトップページ
3位 本物の線香の見分け方(ブログ記事)
4位 講師セラピスト紹介
5位 スクール紹介
6位 アロマクラフト作品集
7位 ハーブ&スパイス(ブログ内カテゴリー)

1~2位は長年変わってないですね。3~6位内が、月ごとに上下変動がある感じかな。3月度の3位は「本物の線香の見分け方」が入りました。

そういえば、先月ブログをご覧いただいた方からお電話をいただきました。その方は、品質の良い線香=いわば「本物の線香」を探されていました。安価な線香って身体に良くないのではないか?と疑問を抱いたのがきっかけだとか。当サロンではお香を扱っていないので、私が実際使用してよかったもの。あるいは、本物志向の知人から教えてもらった線香メーカーをご紹介させていただきました。こういうお電話って嬉しいですね。その方の、ふと気付きがあった瞬間に電話越しで立ち会えた?感じです。

日常生活の中でふと「これって、どうなの?」と思う瞬間って、大事だな~と思うんですね。お線香だけでなく、他の商品にしても、他の物事にしても。

この記事を書いたきっかけは、とある線香を焚いた時に咳き込んだこと。あとは、香り付き線香を購入したのですが、最初はいい香りがしたのに次第に薄れてきたこと。この2つが疑問で。知人のお坊さんに聞いてみたのですね。お寺にお香はつきものですから、ある意味専門家だろうと。

そしたら「一般の安価な線香は合成香料を上からスプレーしてるから、すぐに香りが薄れる。まあ、人によっては咳き込んだりの影響もあるだろう」と。その方から品質の良い=本物の焼香と線香をいただき使用してみました。これが見事!咳き込んだりもないし、最後の一本まで白檀のいい香りが漂う感じ。特徴は、線香製造過程で天然香料が使用されているところ。線香一つにしても、こんなにも違うんだなあ~と思いました。

検索ワードですが、先月は文字化けで表示される始末。困ったもので管理業者にお問合せしました。なので、来月には対応できるかと。

最近、急上昇してきた記事は「蚊の好む色と嫌う香り」
4年前に書いたのですが、以来、毎年4~9月にかけてアクセスが集中しているようです。

4月スタート♪

桜が満開になり、あちこちに花びらが舞い散っています。本当に色々なところへ。マンションの5階に住んでいるのですが、驚くことに廊下やベランダにまで薄紅の花びらが。風が運んでくれたのでしょうね。

桜って、人生に重なっているなあと思います。新社会人。新年度を迎え新しい部署などに移動される方。また転職された方。心機一転、自分を変えたい方。それぞれが新しい環境へと旅立つ季節ですね。

さて、アロマドレッシングでは4/18より期間限定で「アロマクラフト講座」と「アロマボディートリートメント」をはじめます。詳細はこちら↓

【期間限定】
旬のアロマクラフト講座(←リンク先に飛びます。)
旬のアロマボディートリートメント(←リンク先に飛びます。)

それぞれの芳香植物には「旬」がある。その月ごとに旬を迎える芳香植物&精油にスポットを当てた講座と、トリートメントメニューになっています。ちなみに講座価格は、かなり高く感じられるかもしれません(90分授業¥6,000)

低価格で打ち出そうかなあとも思いましたが、満足してもらえる内容でなければ意味がないし、自分自身も胸をはってご提供できない!と思いました。一つのハーブ・精油にしても、かなり情報収集し、今まで経験したものを詰め込んでいます。お渡しするプリントも、アロマに使用されるハーブ以外の種類にまで踏み込んでいます。(例えば、カモミールの回では、ノンフラワー・ダイヤーズカモミールまでご紹介。)

また各回に、精油1本お付けしています。場合によっては、1本3950円もするレアな精油が!7月のラベンダーと8月のローズゼラニウムに関しては、採れたての芳香蒸留水もおつけする予定ですよ♪

お問合せ&ご予約お待ちしております~

AEAJ機関誌 最新号

一昨日、AEAJ機関誌87号が届きました。

内容で目を引いたのは「世界の希少な精油」です。新しい・珍しい・貴重なもの・AEAJが注目しているものなどが紹介されていました。先日ご紹介したコーヒーの精油も掲載されていましたよ~。

個人的に、今一番気になっている精油は「コブミカン」です。機関誌にも掲載されていたのですが、南アジア原産のミカン。タイではバイマックルーと呼ばれています。名前の由来は、果実表面が凸凹しているコブ状になっているからだとか。精油の抽出部位は葉。ライム調の香りがするようです。

実は私、料理が好きでタイ系にもチャレンジしているのですがレシピで「バイマックルーの葉」が度々登場するんですね。これが日本ではなかなか手に入らなく、、、今まで葉を入れずに完成させていました。きっと入れると風味も格段に変わるんだろうなあ。トムヤンクンやグリーンカレーにも使用されているようですよ。

昨年ですが、キューピーさんの会社でコブミカンの葉入りソースが販売されました。今は、知る人ぞ知るという感じですが、数年後にはひょっとしたら、日本でブームになるんじゃないかなあ~と思ったりもしています。

精油、どんな香りか嗅いでみたいですね~。

アロマセラピストさん誕生♪

本日の朝、嬉しいニュースが舞い込んできました。昨年の10月、当スクールの認定講習会にお越し下さった方がいらっしゃいました。その後、メールでやり取りさせていただいていたのですが昨日「AEAJアロマセラピスト」に認定されたとのこと。おめでとうございます!!

アロマセラピスト資格取得は「学科試験」「実技」「カルテ審査」と3つのハードルがあります。まず、学科で一発合格も難しいのですが、カルテ30症例を集めるのも大変なんです。これを全部クリアするのは、平均1~2年くらいかかるんじゃないかなあ~と。

ところが、今回のアロマセラピストさんは11月の学科試験に合格後「実技」「カルテ審査」と頑張られて、最短5か月で資格取得。すごい!!

今まで、10名近くアロマセラピストを見てきたことがあるのですが最短で取得されたのは過去おひとりのみでした。今回で2名。それだけ最短合格へのハードルが高いんですね。まず「絶対に最短で取得するぞ!」という根気がないと集中力が続かない。

今回のアロマセラピストさんは22~23歳(どちらだったかな?)と、お若い学生さんです。私は、彼女をとても尊敬します。本当によく頑張られました。

この春、良いセラピストさんがまた一人誕生しました♪