ハマナスの紋

10月22日、新天皇陛下の即位を内外に宣言する「即位礼」が執り行われました。皇后雅子さまの十二単!素敵でしたね~。報道されるニュースで何度も皇后さまのお印である「ハマナスの紋」が紹介されていました。

北海道産・ハマナス化粧品

ハマナスは、当ショップで販売している北海道産コスメ「ロサ・ルゴサ」に配合されています。だから、リアルタイムですごく印象に残りました。

さて「紋とは何ぞや?」と調べると、皇室の方々の「お印」であって、身の回りの品々を区別する目印として幼少時から用いるそう。結婚で皇室入りした女性は、その時にお印を定めるそうで、夫婦で決めるパターンが多いとか。お印で選ばれるのは、主に植物や花の名前。扇、星、雪など植物以外の場合もあるそう。

最初、新皇后・雅子さまのお印が「ハマナス」というイメージは正直、あまりピーンとこなくて、私的に思い描くカラーは饗宴(きょうえん)の儀でお召しになられた「シャンパンゴールド」。あるいは「白」「ライトグレー」だったんですね。どちらかと言うと、清楚で凛としたイメージ。

上記は、ハマナスの花。日本原種のバラで落葉低木。ご覧のように鮮やかなピンク色の花を咲かせます。

新天皇陛下が北海道でこの花を見た時、強い印象を受けたとされています。ハマナスは北海道を代表する花として指定。ビタミンcが豊富で、とても良い芳香を放ちます。

私が、この花を生で見たのは青森と茨城県。この植物は主に海岸沿いなどの砂地で自生しているんですね。恐山の入り口付近でも咲いていました。過酷な環境で育つから不思議ですね~。

現在、全世界でバラは3万品種を超えると言われていますがバラの基をたどると8種の原種バラにたどり着きます。そのうちの3種(ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナス)は日本原種のバラ。これらが日本からヨーロッパに渡り多くのバラを形作る祖となったそう。

ちなみにハマナスは、シーボルトが持ち帰り日本から海外へと広がったと言われています。

植物が育つ環境・歴史的背景などを考えると、逆に皇后・雅子さまにふさわしいお花ではないかなと。皇室入りする前は外務省でバリバリとお勤めされていましたし。結婚後は全く違う生活環境でお暮らしになられて。凛とした日本を代表する聡明な女性がハマナスのイメージかもしれませんね。

今後、皇室外交などでさらにご活躍されるお姿を拝見できることを願っています。

紙のお香(ペーパーイノセンス)

長雨が続きますね~。ここ2週間、東京の日照時間は「2.5時間」と極端に少ないそう。昨年は41時間ほどあったそうですが。他県は例年並みの40時間以上。そういえば、からっカラに乾いた洗濯物を取り込んだ記憶がここ数日間ありません。。。

さてさて、本日。お店の前を通りかかった方に「紙のお香は取り扱っていませんか?」と尋ねられました。

「フランス」「海外」「甘い香り」と言ったワードも登場したので、あ~これはきっと【パピエダルメニイ】だろうなあと。

「パピエダルメニイですか?」とお聞きすると、「そうそう!」

【パピエダルメニイ】って、何?という方に。
フランスで主流な紙のお香。サイズといい見た目は携帯用あぶらとり紙みたいな感じ。何枚綴りかになっており、台紙から手でちぎり(ミシン目になっていたかな?)マッチかライターで火をつけ、耐熱容器の上で燃やします。

そうすると・・・バニラ様の甘い香りが漂います。実はこの香り!アロマテラピー検定テキストに登場する「ある精油」が含まれております。さて、何でしょう?

それは「安息香=ベンゾイン」。安息香の木から採取したベンゾイン樹脂を含んでいるんですね。名前の如く「安息」ということで、安らかな息に近づける。不安な心を和らげるのがベンゾインの持つ作用だと言われています。あとは呼吸器系の不調をサポート。

【パピエダルメニイ】は、精油そのものではないので、軽く楽しむベンゾインといったらいいでしょうか。私も使用したことがあるのですが、THEバニラ!というほどでもなく、お上品なおしろいの香りに近いです。それにほんのりバニラが混じった感じ。

見た目もヴィンテージ感漂うお洒落なパッケージ。紙自体に香りがほんのり付いているので応用で収納箱に入れたり、手紙に添えてもいいですね。

ただ難点は、燃焼時間が短い。1枚の紙が燃え尽きるのは1~2分くらいじゃないかなあ。なので消費も早い(笑)。本日、お越しいただいたお客様も同意見でした。

雨続きの日中は、ペパーミントやレモングラスのさわやかな香りが外せないけど。夜はパピエダルメニイを焚いて、ほんのりと甘い香りを楽しむのもいいかもしれないですね。何だか今日はそんな気持ちになりました。

1/19板橋区立エコポリスセンター「オレンジポマンダー」講座

 

昨日、板橋区立エコポリスセンターさんで「オレンジポマンダー講座」を開催いたしました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました♪

広報いたばし等で、こちらのポマンダーが紹介され

当日、J.COMさんが取材へお見えに

北区・板橋区の地域限定になりますが、地デジ11chテレビで1/21(月)17:30より放送され当日の様子が紹介されます♪ 色々とインタビューを受けましたよ。

今回思ったより反響が良く、定員20名枠に対して50名の応募があったようです。なかには、抽選にもれてしまった方がセンターに来館され「キャンセル待ちでいいから、お願いします」とおっしゃってくださったケースも。非常にありがたいです。後日、1名キャンセルが出まして、当日受講いただくことができました♪

半数の方がエコポリスセンターに初来館。半数の方が、過去ご来館いただいている状況。嬉しいですね、この講座をきっかけにセンターの事を知ってもらえることが。

ご依頼くださる外部のアロマイベントや講座って、本来はクライアント先である施設やセンターのファンを作ることだと思うんですね。もちろん、アロマドレッシングの存在を知ってもらえたらというのもありますが。あとは、アロマやハーブなどの香りを広げたい!楽しさを知ってもらいたい!という気持ちが♪

皆さま、ひたすらオレンジをチクチク♪この作業は竹串で穴をあけています。

特に、クローブの刺し方は限定せず好きなように作っていただきました。ぎっしりと隙間なくクローブ埋めつくされる方もいれば、等間隔の方も。オレンジやクローブのあま~い香りがお部屋を包み込みます。「リフレッシュしますね~」との声が。

リボンも交差にするか、一重にするかで雰囲気が変わります。画像は交差する方法。一重の方が5名ほどいらっしゃったかな?

どちらかお好きなリボンをお選びいただきました!明るめピンクもポマンダーには、とても映えます。白&黒ステッチも合いそうかな~と思いチョイス♪なかなか人気でした。

今回は、受講者全員がポマンダー初挑戦! ポマンダーは作り方を覚えれば意外に簡単。「今回のレシピを参考に、ご近所さんと一緒に作ってみたい!」との声もあり、うれしい限り。

ただ、クローブなど材料が入手しにくいのが難点。スパイス類は、実店舗よりインターネット取寄せの方が種類・容量共に豊富で入手しやすいです。

数名の方から「材料を分けて欲しい」とのご要望もありまして。後日スパイス類やリボン付きの「ポマンダーセット」を作成し、お分けできればと考えています。

ポマンダーは、乾燥に3週間かかります。後日リボン&飾り付けをご自宅でしていただきます。

皆さまのポマンダーが、無事きれいに乾燥しますように。

2019年 アロマ業界を占う

本日は、板橋区立エコポリスセンターさんでオレンジポマンダーの講座を開催いたしました。お写真色々とりましたが、受講者様のお顔が写っているので編集してから明日記事にアップしたいと思います。本日、ご参加いただいた皆さまありがとうございました!!

さて、2019年アロマ業界を占う。昨年までのアロマ業界の流れ+バイヤー時代の勘。これらを併せてですが・・・

①水溶性アロマ、あるいは芳香蒸留水が今以上に注目され流通も増える。
②従来のアロマ提案ではないものが、今後キーポイントになる。アロマ業界が大きくかわるきっかけとなる。
③水蒸気蒸留法ではない抽出法が少しづつ増える。

この③つではないかなあ~と思います。

①に関しては、昨年から芳香蒸留水を販売しているメーカーさんが増えてきています。今まで、アロマオイル8~9割。芳香蒸留水2~1割が市場に流通している感じだったのですが、昨年は、アロマオイル7~8割。芳香蒸留水3~2割まで上がっている感じです。

この勢いで行くと、数年後にはアロマオイル5割。芳香蒸留水5割になりそうな気がします。芳香蒸留水の良いところは、水溶性なので比較的自由度が高いのです。例えば、、、アロマオイルだと5滴以下等 適量の制限があるのですが 芳香蒸留水にはないのですね。あとは、ルームフレッシュナー、台拭き、リネンウオーターにも使えますし、ディフューザーにも直接入れることができます。オイルのように、ベタつかないし香りもおだやか。

私も、芳香蒸留水や水溶性アロマに注目していますし、今後アロマドレッシングでの取り扱いも増えていくかと思います。

②に関しては例えば音楽+香り。言語+香り。色+香り。意外なものとの組み合わせで新しい提案。音と香りを奏でる「パフューマリー・オルガン」。あるいは、母音と子音の組み合わせで、50音を表現できるイメージアロマなど。これ実際に実現化されているんですね。この勢いで行くと、形容詞+香りの組み合わせなど登場するかもしれませんね。

③は、具体的には樹木系の精油を抽出するもの。従来だと水蒸気蒸留法が多いのですが、最近は減圧温熱循環式で熱板で木材を挟み、熱板に水を入れ加熱しゆっくりと圧力をかけて乾燥させる方法がちらほらと耳に入ってくるようになりました。抽出シーンを実際に見たことはないのですが、水分を加えることがないので木材そのままの香りに近い仕上がりになるようです。その抽出法で出来上がった商品を過去に2ついただきました。嗅いだことのない香りで私以外の人も同意見。例えば、本来の杉・ヒノキはここまで香るのか?と感じました。

2019年、上記③つ どこまで広がりを見せてくれるのでしょうか。

インフルエンザ対策

インフルエンザが流行しているようですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

「元旦からインフルエンザにかかってしまい、一昨日職場に復帰した!」という話も聞きました。家族に一人かかると、大変ですもんね。

さてさて、テレビで見かけたホットな話題♪

↑インフルエンザ対策として、こちらの飲み物が注目されているそう。さて、何でしょう?

答えは「紅茶」です。

紅茶葉に多く含まれる「テアフラビン」と呼ばれる抗酸化性のポリフェノール。赤い色が特徴。こちらが有効ではないか?と言われているそう。

一部の研究では10秒でインフルエンザウイルス100万個を無力化=消毒並みだとか。「特にインフルエンザにかかった人ほど飲んで欲しい」そう。

過去、緑茶も有効ではないか?と言われていましたが紅茶の方が即効性が高いそう。冬に紅茶ブームが来るかもしれませんね♪

只今アロマドレッシングでは、お越しいただいたお客様に「兵庫県・朝来市産 生野の和紅茶」をお出ししています。農薬を使わず茶葉を手摘み。手作業で丁寧に発酵された雑味のないすっきりとした味わいが人気です♪

洗濯用洗剤&柔軟剤の香料について

最近、気になることの一つ。市販の洗濯用洗剤&柔軟剤の香りが強く感じられること。昔は適度にシャボンの香りがしたと思うのですが。

と、同じように感じている方が以前おられました。その方の住む地域では、子供の給食当番用エプロンを班単位で一人が持ち帰り各家庭で洗濯しているとのことでした。家庭によっては柔軟剤の香りが強く、洗濯をする際に鼻が辛く感じたり、においもなかなか取れないとのことでした。

今、思えばこの方にウオッシュナッツをすすめてあげたかった。天然の木の実を使った洗剤ですが3~4回洗濯すると、こびりついていた香りがほぼ感じられなくなるんですね。今も、ブログを見てくださっていましたらお問合せくださいませ♪

まあ、そんな小話は横に置いておいて。

自分自身、無香料の洗剤にアロマオイルやら芳香蒸留水やら色々混ぜて実験してみたのですが相当な量を入れないと香りはつかなかったんですね。

このことを洗剤メーカー(植物由来成分を取り扱っている)の営業さんとお話したのですが、同じ意見でした。メーカーも植物性天然香料で香りづけをしようと試みたけど、難しく感じたとのこと。だから、においがどこまでもいつまでも残る状態ってかなりの人工香料が入っているのかな~という結論に。

現場を見てないので何とも言えませんが。少なくとも、耳かき一杯程度の香料ではないなあと思っています。

いつか、人だけでなく環境にもやさしい植物由来成分の洗剤をベースに植物性天然香料でほんのりと香りづけした商品を作りたいなあ~と思っています。洗濯が楽しくなるし、アロマオイルや芳香蒸留水の活用方法もかわってくるかなと。

そんな思いを洗剤メーカーの営業さんに伝えたら「ぜひ、そういった商品を作ってもらいたい!協力しますよ~」と。ありがたい。研究用のテスターやら色々出していただいて密かに試作中です。いつかお披露目できる頃になったら、お知らせしますね。

睡眠アロマワークショップ終了~

本日で、AEAJ協賛 睡眠アロマワークショップを終了しました。お問合せ&ご来店ありがとうございました。虫よけスプレーと併せて、夏のオリジナルアロマクラフト講座は一旦終了です。9月末には、秋シーズンのアロマクラフト講座をご紹介する予定ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

そして、ネットショップにて人感式アロマファンを販売開始しました。人の動きを感知して作動するエアコンがあると思うのですが、アロマの芳香拡散機もそういう時代が来たんだな~と思わせてくれる商品です。

例えば玄関やリビングなどに置き、その前を通りすぎるとセンサーが感知。ランプが付いて1分間香りが漂います。これが、なんだかちょっと嬉しいんですね。自分をもてなしてくれているというか「お帰り♪」と言ってくれているような気分です。まあ「OKグーグル!アロマを焚いて」と言って、してくれるような感じ。

アロマドレッシング ネットショップはこちら。
ご興味がある方は「~NEW新製品~の<センサーアロマファン>」をご覧ください。

また明日、センサーアロマファンの詳細を記事でアップしたいと思います。

かつしか環境・緑化フェア2018 アンケート結果

本日の郵便物を手にすると、葛飾区役所から手紙が届いていました。そういえば、6月 葛飾区主催のイベントに出展させていただいたなあ~と。封を開けると、来場者アンケートの結果・出展団体の意見がまとめられた紙が。こういうフォローは、すごくありがたい。葛飾区は、わりと皆で集まって意見を出し合い情報を共有しあうイメージがあります。

かつしか環境・緑化フェア2018の過去記事はこちら

当日の来場者数は、3500人だったそうです。出展団体は38。この時の天気は雨。来場回数ははじめての方が多かったのですが、それと変わらないくらい2回、3回目の方も。リピーターがついているイベントだと思います。年齢は10代未満、ついで40代、60代。当日を想い返すと、親子連れが多く、ご年配の方はお一人で来られている感じだったと思います。

出展の中で印象に残ったものは?というアンケートがあったようです。うれしいことに、展示&物販ブース部門では「アロマ」と記載くださった方が一番多かったようです♪これは、本当に嬉しい☆ものすご~く、励みになります。

毎回、思うのですが「アロマ」は、一般的に外部のイベントでとても人気があります。3月に出張させていただいた神奈川県の某高校でも定員人数以上の受講希望者がいましたし、前回の板橋区で開催したワークショップも整理券が5分でソールドアウトになるほどでした。

人がたくさん集まる、いわゆる集客力がある場所でのアロマは非常に強いです。ただ、個々の活動でそれだけ集客ができるかと言えば厳しいかもしれない。そんなアロマ業界のジレンマが解決できる方法はないかな~と、アンケート結果を見ながら考えました。なんか、いいアイデアはないかな?

国産のモリンガ&ラベンダー

「Tea for Peace」と同時開催のイベント「青山ファーマーズマーケット」で目を引いたもの。それは国産モリンガ&ラベンダーです。

こちらモリンガの葉。皆さんモリンガってご存知ですか?近年、スーパーフードがブームですがその一つ。ワサビノキから採取され、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが豊富♪ 主な利用部位は「葉」。日本ではパウダー状にした形で出回っています。

「種」は圧搾するとオイルになります。食べれるよ~と聞いて、口に含むと・・・「苦っ!!」。でもなぜか、徐々に甘く感じられるんですね。

モリンガの育つ環境は、インドやフィリピンなどの暑い地域。現在、日本でも九州~沖縄にかけて栽培されているらしいです。今回出展されていたところは、沖縄産。国産のモリンガに出会えたのは新鮮でした。

山梨県でイングリッシュラベンダーを栽培。それらをジャムなどに加工・販売している業者さん「ラヴァンドの小径」。

コップに浮いているのは、ラベンダーのつぼみ。ラベンダーは食用にもなるんですよ~。

驚いたのは、北海道以外でイングリッシュラベンダーが栽培ー加工ー販売されていること。西日本では、あまり見ることのない光景です。

関西では気温が高いので、イングリッシュ系が育ちにくく「ラバンディン系」が主流です。アロマドレッシングで取り扱っている淡路島産ラベンダー精油もラバンディン系の「ラベンダーグロッソ」という品種です。

イングリッシュとラバンディンの主な違いは、リラックス成分の一つである「酢酸リナリル」の含有量です。イングリッシュは35%以上。ラバンディンは、おそらく20%台がほとんどじゃないでしょうか。この為、香りもちがってくるんですね。イングリッシュは、深みのある香り。ラバンディンは、少しローズマリーに似たスパイシーな香りがプラスされます。

具体的には、イングリッシュの香りは心身ともにリラックス。ラバンディンは、リラックス&リフレッシュとして使えます。

しかし、イングリッシュだけでも品種が多いですね。こちらは、つぼみの紫が一番濃い「濃紫」

「おかむらさき」という品種。こちらはわりと有名です。

今回はじめて知った品種「はなもいわ」。さわやかな、水色のつぼみが綺麗でした~。

Tea for Peace青山

先週の土曜日、青山国連大学の中庭で開催された「Tea for Peace」に行ってきました~。約100種類の日本全国、世界中のお茶に出会えるというこのイベント。目玉は、約100種類あるお茶の飲み比べ。

受付で陶磁器のオリジナルカップ(1個¥1,000)を購入し

各お茶のブースで自由に試飲させてもらいました。こちらは抹茶。たいへん濃厚な風味でした♪

今回の戦利品。同時開催のファーマーズマーケットで購入した商品も含めて。このイベント、とても良かったです!何でかと言うと、滅多にお見かけしないであろう商品がたくさん出ていたからです。

例えば「コーヒーの葉や花から作られたお茶」「黒人参茶」。沖縄の希少な柑橘「シーク」を加えたお茶。ちなみにシークは、シークワーサーではないんですね。風味的にはとても近いですが。酸っぱ過ぎて市場に出回っていないらしいです。

ファーマーズマーケットでは、沖縄産の「モリンガ」。

山梨県産の「イングリッシュラベンダー」の商品に出会えました。長くなりそうなので次回の記事に、この2つの商品について取り上げたいと思います。