3月度アクセス解析

3月度のアクセス解析をまとめました。

1位 ホームページのトップページ
2位 アロマブログのトップページ
3位 本物の線香の見分け方(ブログ記事)
4位 講師セラピスト紹介
5位 スクール紹介
6位 アロマクラフト作品集
7位 ハーブ&スパイス(ブログ内カテゴリー)

1~2位は長年変わってないですね。3~6位内が、月ごとに上下変動がある感じかな。3月度の3位は「本物の線香の見分け方」が入りました。

そういえば、先月ブログをご覧いただいた方からお電話をいただきました。その方は、品質の良い線香=いわば「本物の線香」を探されていました。安価な線香って身体に良くないのではないか?と疑問を抱いたのがきっかけだとか。当サロンではお香を扱っていないので、私が実際使用してよかったもの。あるいは、本物志向の知人から教えてもらった線香メーカーをご紹介させていただきました。こういうお電話って嬉しいですね。その方の、ふと気付きがあった瞬間に電話越しで立ち会えた?感じです。

日常生活の中でふと「これって、どうなの?」と思う瞬間って、大事だな~と思うんですね。お線香だけでなく、他の商品にしても、他の物事にしても。

この記事を書いたきっかけは、とある線香を焚いた時に咳き込んだこと。あとは、香り付き線香を購入したのですが、最初はいい香りがしたのに次第に薄れてきたこと。この2つが疑問で。知人のお坊さんに聞いてみたのですね。お寺にお香はつきものですから、ある意味専門家だろうと。

そしたら「一般の安価な線香は合成香料を上からスプレーしてるから、すぐに香りが薄れる。まあ、人によっては咳き込んだりの影響もあるだろう」と。その方から品質の良い=本物の焼香と線香をいただき使用してみました。これが見事!咳き込んだりもないし、最後の一本まで白檀のいい香りが漂う感じ。特徴は、線香製造過程で天然香料が使用されているところ。線香一つにしても、こんなにも違うんだなあ~と思いました。

検索ワードですが、先月は文字化けで表示される始末。困ったもので管理業者にお問合せしました。なので、来月には対応できるかと。

最近、急上昇してきた記事は「蚊の好む色と嫌う香り」
4年前に書いたのですが、以来、毎年4~9月にかけてアクセスが集中しているようです。

2月度アクセス解析&検索ワード

2月度の当ホームページ&ブログのアクセス解析&検索ワードを見てみました。

1位 ホームページのトップページ
2位 アロマブログのトップページ
3位 アロマクラフト作品集
4位 講師セラピスト紹介
5位 本物の線香の見分け方(ブログ記事)
6位 スクール紹介
7位 取材レポート

ブログ記事「本物の線香の見分け方」が、再びランクインしました。そうそう、先日お越し下さったお客様から新たな情報をいただきました。「良い線香は灰=燃えカスが折れる」ということ。これはなるほどなあと。安価な線香は、燃えるとすぐに灰がパラパラ落ちるのです。品質の良い=本物の線香は、ある程度灰を被さったまま燃え続ける。被さったままの灰は重みがあるから、少し横に傾いてくる。

あと「良いお焼香はよく燃える」と言うことも教えていただきました。この方は、ご自分で調合された「MY焼香」をお持ちでして ご自分の番が回ってきたとき、MY焼香を炊かれている炭の上にパラパラかけると「ボワッ!」と勢いよく燃えたとか。順番に他の方が、備え付けの焼香をした時とは煙の立ち上がり方が違ったとか。実体験に基づいた見分け方って面白いですよね。勉強になりますよね。

最近、急にアクセスが増えてきはじめたのが「取材レポート」です。これは、足立区の環境審議会に出席したときの内容、環境系セミナーなどに主席して聞いた話をまとめています。今後は、数年前に兵庫県で環境団体等に取材させていただいたときの話もアップしていきたいと思います。

<検索ワード>
香害

昨年度、香害についてまとめた記事があります。もしよろしければ、参考程度にどうぞ。

香害について その1

香害について その2

※それにしても昨年度から、検索ワードをプロバイダー側のアクセス解析があまり拾ってくれなくなりました。拾ってくれても2ワードで、1~2人ほどの結果。PCバージョンの問題があると思うのですが、もっと拾ってくれたら色々とご紹介できるのですが。また対処方法を調べてみます。

1月アクセス解析

1月度の当ホームページ&ブログのアクセス解析を見てみました。

1位 アロマドレッシングのトップページ
2位 アロマブログのトップページ
3位 アロマクラフト作品集
4位 講師セラピスト紹介
5位 スクール紹介
6位 淡路島産エッセンシャルオイルSUUの取材(ブログ記事)

<検索ワード>
ディフューザー

先月は嬉しいことに、ホームページ内の固定ページ(アロマクラフト、講師セラピスト紹介、スクール紹介)を見て下さった方が多かったです。6位のSUUですが、最新のAEAJ機関誌のトップページに特集記事が組まれていたんですね。どんなブランドかな?と皆さん、気になってるんじゃないかなあ。ちなみに、この記事は2年前、SUUの精油を蒸留している「淡路島パルシェ」さんへ取材に行ったことをまとめています。不思議なご縁で、それ以来アロマドレッシングでお取引させていただいてます。

最新情報ですが、春~夏辺りに「月桂樹の精油とフィグのフレグランス」が登場するようです。淡路島はイチジク<フィグ>も特産品なんですよ。試作段階で香りを嗅ぐ機会があったのですが、ふんわりとイチジクの甘さが漂うよう香りでした。SUUは容器もお洒落なので、どんな新製品になるのか楽しみです。こちら2品もアロマドレッシングでお取り扱いする予定にしています。

5位のスクール紹介。メインはアロマの講座をしておりますが、ちらほらと「メイク」に関してのお問合せがあります。具体的には、ポイントメイクの方法(アイシャドウ)。クマ・シミなどお悩みに合わせたベースメイクの作り方。ご要望があった方には個別に対応させていただいているのですが、メイク講座の需要があるのかなあと。春には何らかの形で開講してみようかなあと考えています。どういう感じがいいのかなあ~。

<検索ワード>は、ディフューザー関連が多かったです。商品をお探しの方や「ハーブチンキをディフューザーに入れても良いか」など。ディフューザーは色々ありますよね。家のどの場所で使用するか、その場所は何畳分の広さかで探されたらいいんじゃないかなあ。電気が使えない環境でしたら、電池やソーラー等で動くファン式もいいと思います。

ちなみに「ハーブチンキをディフューザーに入れても良いか」は、過去に記事にしたものがあります。興味がある方はご参考程度にご覧ください。

アクセス&検索ワード 11/14~12/14まで

久しぶりに、当ホームページのアクセスログを見ました。皆様、いつもお越し下さりありがとうございます。そうそう!よく聞かれるのですが、こちらのホームページはワードプレス(無料)で作っており、サーバーはロリポップを借りています。ちなみにドメイン名の取得(aroma-dressing.com)はムームードメイン。

この3社の組み合わせはよくて、操作方法に困ったときはロリポップさんに色々問い合わせて聞いております。あとは費用が比較的抑えられるので便利かな。

ロリポップで、ワードプレス使用のホームページ作成方法を見てそのまま作りました。なので、初歩的&簡易的な仕様となっております。ほんとうはもっと凝りたいのですが。技術が追いついておりません(笑)

さてさて、上記の2か月間ブログを含むホームページ上でアクセスが多かった記事をお伝えしますね。

(1)トップページのaroma-dressing.com
(2)蚊の好む色と嫌う香り
(3)本物の線香の見分け方
(4)アロマクラフト作品集
(5)アロマブログ
(6)レモングラスでワンコの虫よけスプレー
(7)アロマブログ【カテゴリー】香り速報
(8)講師セラピスト紹介

 

1位はアロマドレッシングのトップページです。3位にブログ記事「本物の線香の見分け方」がランクインしているのが興味深いです。これは、お坊さんに教えていただいた方法で今でもなるほど!と思っている内容です。ちなみに数字をカラー分けしている「オレンジ色」は、ホームページ内の固定ページです。「緑色」はブログ内の固定ページ。黒字はブログ記事です。

こう見ると、もっとホームページを整理したり充実させる必要があるなと思いました。

アロマクラフト作品集を見て下さっている方が多いようですが、こちら(東京)に来てからほとんど作ってないなあと思いました。また東京にあったクラフト作りを考えていきたいなあ~。関東にお住まいの皆さま、どういったクラフトがお好みで作りたいですか?またご意見お聞かせいただければありがたいです。

蚊についての追加情報

「蚊の好む色と香り」
↑3年前に書いた記事なのですが、毎年夏になるとアクセスが集中するようです。

3年経った今、新しい情報を追加したいと思います。蚊に噛まれやすい、あるいは噛まれにくい人がいるかと思いますが皆さんはどちらですか?

私は圧倒的に噛まれやすいです。。。

虫よけスプレーも、最初はそれなりに効果はあるのですが一定時間を超えると猛烈に襲われます。他の人に比べると圧倒的に蚊が寄ってきやすいんですね。

1年前のことですが、16歳の高校生が「蚊は人間の足裏の菌に反応している」と研究発表をしました。どうも、刺されやすい人とそうでない人は、足裏についている「常在菌」の種類に違いがあるとか。足裏の常在菌の種類が多い人は刺されやすいようです。

蚊に刺されにくくするには、足の常在菌をアルコール消毒でふき取ると良いとか。

あとはアロマで作る虫よけスプレーについて。蚊に噛まれやすい人、過去にスプレーを作ったけど今いち効果がないよ~!!という人はベースノートの精油(重たい精油:ベンゾイン、パチュリ、ベチバー等)を1~2滴加えてみて下さい。わりと、効果が長持ちするかと思います。

個人的な意見ですが、蚊にかまれやすい人は乾燥肌、あるいは汗をかきやすくアロマの香りが飛びやすいんです。ベースノートの精油を加えることで、香りを持続させる効果が期待できますよ~。

通常、アロマの虫よけスプレーはトップ~ミドルノートにかけての精油(シトロネラ、ゼラニウム等)は入れてますが、ベースノートはあまり入れてないんですね。

蚊の対策は、足裏をこまめにアルコール消毒。そして、ベースノートの精油を加えたアロマの虫よけスプレーで乗り切りましょう~(^^♪

8月度気になる検索ワード その2

記事の更新がだいぶん滞っていますが、今回は残りの4点について
取り上げたいと思います。

・アロマが好きな虫
・タイ製 アロマオイル 瓶
・手作りメニュー表 アロマサロン
・ハーブ ゼラニウム剪定

・アロマが好きな虫
アロマテラピーエッセンシャルオイルには、虫が嫌う香りと逆に虫を引き寄せやすい香りがあります。嫌う香りの性質を利用して虫よけスプレーなど作ったりするのですが、反対に虫が好む香りとは、、、お花(フローラル系)の香りが多いです。具体的には、ラベンダー、イランイランなど。お花にハチや蝶などが群がる、ああいう光景を思い浮かべていただいたら。

実際、部屋でフローラル系のアロマテラピーエッセンシャルオイルをディフューザーを焚いたまま窓を開けると数分後には、ブ~ンと蜂さんが網戸近くまで寄ってきます。いつも昆虫たちの嗅ぎ付ける能力の高さに驚かされます。

私が特に、えらい目にあったと思ったエピソードが「イランイラン」のエッセンシャルオイル。夏の朝、お風呂に数滴垂らして入浴をしたのですが 肌から香りが漂うんでしょうね。日中、あらゆる虫さんにまとわりつかれまして。。。蝶やらハエやら小さい虫やら。夏は特に虫さんが活発に行動する時期だから、夏場のイランイラン使用はそういった意味で注意が必要だなあ~と感じました。

・タイ製 アロマオイル 瓶
私、タイ製のアロマオイルを使用したことがなく、またタイへ旅行に行ったことがないので詳しい事情を知らないので調べてみました。タイはアロマオイルを売っているお店は多数存在し種類も豊富だとか。瓶に関しても様々なようです。日本でよく見かける茶色やブルーなどの遮光瓶に入ったアロマオイルもあれば透明な容器が使用されているものまで。遮光瓶は光を遮る性質があるので、劣化しにくいのですが透明容器だと長期にわたる品質面はどうなのかなあ~と気になるところです。こればかりは実物を見てみたいところです。でもタイのアロマオイルというと、何となくイメージがお洒落ですよね♪

・手作りメニュー表 アロマサロン
個人でされている小さなアロマサロンの場合、手作りのメニュー表は味があって喜ばれやすいかなあと思います。手描きのイラストや、直筆で文章をかいても良いかも。

・ハーブ ゼラニウム剪定
この時期、ゼラニウムが枯れているお家が多いです。我が家も先月に枯れてしまいました。。。ゼラニウムって、葉に厚みがあり丈夫に思えるのですが意外に水切れしやすいのです。2日間ほど、水やりをするのを忘れてしまったら急激に茶枯れしました。ですが、元々は繁殖力旺盛のハーブです。来年にはワサワサと葉が復活します。その為にはこの時期、枯れてしまった枝葉は剪定して下さい。わりと切りつめても大丈夫です。我が家も地上20cmほどを残しばっさりとカットしました。

8月度 気になる検索ワード その1

なかなかブログが更新できず。。。
その間、訪れて下さった方々ごめんなさい。

10月に入り、大変おそくなりましたが8月度の気になる検索ワードの補足です。長文になりそうなので、今回は2つのワードを一つの記事にまとめたいと思います。
フェイシャルトリートメント ブラックペッパー精油を使うことについて
ハーブスパイス検定 1級 難易度

●フェイシャルトリートメント ブラックペッパー精油を使うことについて
最新のアロマテラピーアドバイザー認定講習会テキストでは、トリートメントの際 注意が必要な精油の一例として「イランイラン、ジャスミン、ティートリー、ブラックペッパー、ペパーミント、メリッサ、ユーカリ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン」が挙げられています。ブラックペッパーの場合、スパイス系の精油でよく言えばパワー(作用)が大変強いんですね。からだの機能を向上させたり、血液の量を増やし局部を温めます。

個人的に料理でよく使用するスパイス(黒胡椒)ですが、入れすぎると口角の粘膜がヒリヒリしたりすることがあります。スパイスの状態でもわりと刺激が強めです。

これが精油となると、、、やはり顔全体は刺激的に感じやすいかと思います。ブラックペッパー精油をトリートメントで使用する際、個人的におすすめな部位は「腹部」です。便秘だとか、とにかく慢性的に滞ったモノを排出させる作用にすぐれているんですね。

●ハーブスパイス検定 1級 難易度
正式名はスパイス&ハーブ検定だそうです。かんたんにご説明しますと「公益財団法人 山崎香辛料振興財団」が主催している年1回の検定試験です。1~3級までありますが1級は80種のスパイス&ハーブを覚える必要があるのと、一部記述式で出題されるようです。1級の例題がホームページ上にアップされているので、やってみたのですがあまり解答できず。。。むずかしいと思いました。なので認定テキスト「スパイス&ハーブの使いこなし事典」を相当読み込む必要がありそうですね。面白そうな検定なので来年度受検したいと思っています。

スパイス&ハーブ検定 1級例題
<↑ご興味ある方はこちらにリンクを貼っていますので、どうぞ♪>

次回は、その他の気になった検索ワード「アロマが好きな虫」などについてまとめたいと思います。

8月度検索ワード発表

おそくなりましたが、8月度の検索ワードの発表です。

●検索が多かったワードベスト5
蚊が嫌いな香り
蚊 レモン
薬膳漢方検定
ラベンダー
アロマドレッシング

●人気があった記事ベスト5
蚊の好む色と嫌う香り
ラベンダーの香りは太る
アロマブログ
アロマクラフト作品集
ハーブ&スパイスクッキング集

●気になった検索ワード
フェイシャルトリートメント ブラックペッパー精油を使うことについて
ハーブスパイス検定 1級 難易度
アロマが好きな虫
タイ製 アロマオイル 瓶
手作りメニュー表 アロマサロン
ハーブ ゼラニウム剪定

気になった検索ワードは、えらく具体的なものが多いなあと感じました。
こちらのワードに対して、後日詳細をまとめお答えしたいと思います。

7月度検索ワード その2

今回は
・ゴセイ カユプテ フトモモ科
・フェンネル アロマ 蚊が嫌う
・蚊 レモン
・ラベンダーの香りを残す
上記、4つを取り上げたいと思います。

●ゴセイ カユプテ フトモモ科
新たな品種かと思ったのですが、実は「ティトリー」の和名が「ゴセイカユプテ」と言います。少しややこしくなるのですが、「カユプテ」という精油も存在します。ティトリーと同じフトモモ科の精油なんですがティトリーに比べると香りがマイルドで大変使いやすいですよ~。

●フェンネル アロマ 蚊が嫌う
「フェンネルの香りは蚊が嫌う」は初めて聞きました。エッセンシャルオイルの配合成分には蚊が嫌うものが入っていないので気になり色々調べてみました。昔、海外の方で「フェンネルの香りは蚊が嫌う」という噂もあったようです。が、エッセンシャルオイルではないのですがフェンネルのハーブを栽培、食した人のブログを見ると実際は蚊に咬まれたりするようででした。

来年、機会があったらフェンネルのエッセンシャルオイルで蚊除けスプレーを作って実験したいと思います。個人的には成分的なものを考慮すると虫刺され後のケアとして使う方が理にかなっているんじゃないかなあーと思います。フェンネルには、抗炎症・抗感染作用があり さらには、身体の中にたまった余分なもの(水分、ガス)や毒素を排出する作用があります。

●蚊 レモン
レモンの香りは蚊が嫌うと言われています。ただ、レモンの果皮には光毒性がある成分が含まれているので 夏場虫よけスプレーとしてレモンのエッセンシャルオイルを配合したり、また果物のレモンを直接皮膚に塗ったりは避けられた方がいいかと思います。代用として、それに代わる香り「レモンユーカリ」「シトロネラ」「レモングラス」がおすすめですよ~。

●ラベンダーの香りを残す
ラベンダーの香りって、意外に残りにくい(長持ちしにくい)のです。いい香りは出来るだけ、長時間漂って欲しいですよね。

香りを出来るだけ維持する方法ですが、トリートメント法がいいんじゃないかなあ。キャリアオイルにラベンダーのエッセンシャルオイル数滴をブレンドして肌にのばす。こうすると、オイルの膜が皮膚表面を覆いながらゆっくりとラベンダーのエッセンシャルオイル成分が揮発していくので比較的、香りが長持ちしやすいですよー。体全体からいい香りが漂いますしね♪

芳香浴として香りを持続させたい場合は、比較的香りが長持ちしやすいベースノートの性質を持つエッセンシャルオイル(ベチバー、パチュリ、サンダルウッド)を1滴加えると香りが持続しやすいですよ。

7月度検索ワード その1

遅くなりましたが、7月度気になった検索ワードの補足記事をアップします。
今回は
・ノンフラワーカモミール デメリット
・愛媛 カモミール ダブルフラワー
・カマズレンはローマンにあるのか
・シトラール 含有量の多いアロマについて

ほぼカモミール関連です。
実は、私「ノンフラワーカモミール」「ダブルフラワーカモミール」は栽培したことがないのできちんとしたお答えになるか分からないのですが。

●ノンフラワーカモミール デメリット
ノンフラワーカモミールとは、ローマカモミールの種類で花が咲かない(咲きにくい)特徴があります。横に広がる性質があるので、芝生の代用としても。香りはあるそうです。デメリットとしたらローマンカモミール種に共通することですが、横には広がる性質があるものの綺麗に横一面にはってくれません。株の中央部から噴水のようにこんもりと高く盛り上がってきます。ですので、芝生として利用する場合まめなお手入れや剪定が必要になります。あとは梅雨時期蒸れやすいのでご注意を。これぐらいでしょうか。

●愛媛 カモミール ダブルフラワー
愛媛の園芸屋さんで「ダブルフラワーカモミール」を扱っている有名なところがあるのかな~?あるいは、愛媛在住の方でお近くで購入できる園芸屋さんを探されているのかは分かりませんが、愛媛西条市にお住まいで実店舗はなくイベントなどで出店販売されている方のブログを見つけました。お洒落なブログです。過去にダブルフラワーカモミールを植え付けされていた記事を発見したので、お取り扱いされているのかも?

http://hana16iro.exblog.jp/

ちなみに、ダブルフラワーカモミールを取り扱っている園芸屋さんはすごく少ないです。ここ5年間で見かけたのは1度だけです。ネットショップでしたら、まだ比較的探しやすいのですが売り切れている場合がほとんどです。なので、入手しにくいハーブではあります。見つかるといいですね♪

●カマズレンはローマンにあるのか
カマズレンは、青色をした成分で抗炎症作用が高いと言われています。ジャーマンカモミールの特徴成分となっています。ただ、カマズレン自体はローマンにも若干ですが含まれているようです。

●シトラール 含有量の多いアロマ
シトラールはレモンのような香りがする成分です。抗菌作用が高いと言われています。
含有量の多いアロマとしては「レモングラス」「レモンマートル」「メリッサ」などが挙げられます。

次回は
・ゴセイ カユプテ フトモモ科
・フェンネル アロマ 蚊が嫌う
・蚊 レモン
・ラベンダーの香りを残す
上記、4つを取り上げたいと思います。