レモングラス精油

【植物名】レモングラス
【和名】レモンソウ、レモンガヤ
【科名】イネ科
【種類】多年草

【主な産地】
西インド型:マダガスカル、コモロ、グァマテラ
東インド型:インド、ネパール

【抽出部位】葉
【精油製造方法】水蒸気蒸留法

【主な成分】
西インド型:シトラール(特徴成分・アルデヒド類)、ミルセン(モノテルペン類)、メチルヘプテノン(ケトン類)、
東インド型:シトラール(特徴成分・アルデヒド類)、メチルヘプテノン(ケトン類)、ネロール(モノテルペン類)、ゲラニオール(アルデヒド類)

【香りノート】ミドルノート
【香りの系統】柑橘系
【香りの強弱】強
【ON OFF バランススイッチ】ON
【相性の良い精油】柑橘系全般、パルマローザ、ローズマリー、ニアウリ、ゼラニウム、バジル。

◆一言~二言で語ると◆
レモン様の香りが特徴のレモングラス。イネ科の草から採取されます。東南アジアの料理には欠かせないハーブです。リフレッシュ作用が強く心身の気力をアップさせます。スポーツ後のトリートメントで筋肉疲労を落ち着けたり、またリンパの流れをよくするので足のむくみが気になる時にも

《主な作用》強壮、駆風、殺菌、抗真菌、殺虫、消臭、利尿、消化促進、疾患予防、刺激
《注意事項》刺激が比較的強い為、使用量に注意
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》
スポーツ後のトリートメント、立ち仕事が多い方の足のトリートメントに。車運転時の眠気予防に。

《肌への働き》
皮脂バランスを整える。
リンパの流れを促す。

《介護ケア》
抗真菌、利尿、殺虫、殺菌、消臭作用があるので週に2回程度の足浴としておすすめです。人によっては刺激を感じやすいので全身入浴法は避けていただいた方が無難です。またポートブルトイレのお手入れにも役立ちますし、家の中でトイレの失敗があった場合、床等の拭き取りにも使用できますよ。同様にペットのトイレ周りにもおすすめです。レモン様の香りで糞・尿の匂いがあまり気になりません。

《レモングラスのイメージワード》
元気な、強烈な太陽と照りつけられる青々としたイネ、トムヤムクン、虫よけ、消臭

《レモングラスのイメージカラー》
黄緑色

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
男女共に誰からも好かれる爽やかなタイプが多い。女性の方は、レモングラス好きな香りの男性を選んで欲しいと思うくらい性格も外見も良い人が多いですよ~。また車をよく運転される方にも好まれる香りです。

《レモングラスにまつわるエピソード》
西インド型と東インド型の2種があります。どちらもあまり変わりないですが東インド型がシトラール含有量が多いようです。

ローズオットー精油

【植物名】ダマスクローズ
【和名】バラ
【科名】バラ科
【種類】低木
【主な産地】トルコ、ブルガリア
【抽出部位】花
【精油製造方法】水蒸気蒸留法
【主な成分】シトロネロール(モノテルペンアルコール類)、ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)、フェニルエチルアルコール(モノテルペンアルコール類)、ネロール(モノテルペンアルコール類)、ダマスコン(特徴成分・ケトン類)

【香りノート】ベースノート
【香りの系統】フローラル系
【香りの強弱】強
【ON OFF バランススイッチ】OFF
【相性の良い精油】フローラル系全般、スイートオレンジ、カモミール、パチュリ、クラリセージ、サンダルウッド。

◆一言~二言で語ると◆

《主な作用》内分泌調節、鎮静、健胃、高揚、抗うつ、収斂
《注意事項》特になし
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》

《肌への働き》
《介護ケア》

《ローズオットーのイメージワード》
陶酔、華やかな、若返り、最高級、社交界、セレブ、女性らしさ

《ローズオットーのイメージカラー》
ピンク、赤

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
《ローズオットーにまつわるエピソード》

ローズアブソリュート精油

【植物名】キャベジローズ、ダマスクローズ
【和名】セイヨウバラ、バラ
【科名】バラ科
【種類】低木
【主な産地】フランス、モロッコ、トルコ、ブルガリア
【抽出部位】花
【精油製造方法】揮発性有機溶剤抽出法
【主な成分】フェニルエチルアルコール(モノテルペンアルコール類)、シトロネロール(モノテルペンアルコール類)、ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)、ネロール(モノテルペンアルコール類)、ローズオキサイド(特徴成分・オキサイド類)、ダマセノン(特徴成分・ケトン類)

【香りノート】ベースノート
【香りの系統】フローラル系
【香りの強弱】強
【ON OFF バランススイッチ】OFF
【相性の良い精油】フローラル系全般、スイートオレンジ、カモミール、パチュリ、クラリセージ、サンダルウッド。

◆一言~二言で語ると◆

《主な作用》強壮、催淫、鎮静、抗炎症、収れん、抗うつ
《注意事項》敏感肌注意
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》

《肌への働き》
《介護ケア》

《ローズアブソリュートのイメージワード》
陶酔、華やかな、若返り、最高級、社交界、セレブ、女性らしさ

《ローズアブソリュートのイメージカラー》
ピンク、赤

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
《ローズアブソリュートにまつわるエピソード》

レモン精油

【植物名】レモン
【和名】レモン
【科名】ミカン科
【種類】高木
【主な産地】アメリカ、イタリア、スペイン、アルゼンチン
【抽出部位】果皮
【精油製造方法】圧搾法
【主な成分】リモネン(モノテルペン類)、シトラール(特徴成分・アルデヒド類)、オクタナール(アルデヒド類)、リナロール(モノテルペンアルコール)

【香りノート】トップノート
【香りの系統】柑橘系
【香りの強弱】中
【ON OFF バランススイッチ】ON
【相性の良い精油】柑橘系全般、ユーカリ、フェンネル、カルダモン、ジンジャー、ジュニパーベリー。

◆一言~二言で語ると◆

《主な作用》収れん、利尿、駆風、健胃、殺菌、殺虫、抗ウイルス、うっ滞除去、
《注意事項》光毒性がある為、使用後数時間は太陽光を避ける。敏感肌は使用量に注意。
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》

《肌への働き》
爪を強くする。血行を促す。

《介護ケア》

《レモンのイメージワード》
ビタミンC、鋭い、フレッシュ、すっきり、感染症予防、酸化防止、酸っぱい、唾液分泌

《レモンのイメージカラー》
黄色
《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
《レモンにまつわるエピソード》

ローズマリー精油

【植物名】ローズマリー
【和名】マンネンロウ
【科名】シソ科
【種類】低木
【主な産地】フランス、スペイン、モロッコ、チュニジア
【抽出部位】葉
【精油製造方法】水蒸気蒸留法
【主な成分】1.8-シネオール(オキサイド類)、カンファー(ケトン類)ボルネオール(特徴成分・モノテルペン類)酢酸ボルニル(エステル類)、β-カリオフィレン

【香りノート】ミドルノート
【香りの系統】ハーブ系
【香りの強弱】強
【ON OFF バランススイッチ】ON
【相性の良い精油】ハーブ系全般、グレープフルーツ、レモングラス、ペパーミント、バジルスイート、マートル。

◆一言~二言で語ると◆

《主な作用》強肝、血圧上昇、抗リウマチ、発汗、利尿、収れん、頭脳明晰化、通経、消化促進
《注意事項》妊娠中は使用を控える。癲癇、高血圧症注意。《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》
《肌への働き》
毛髪ケアに。肌のたるみ、むくみに。

《介護ケア》
《ローズマリーのイメージワード》
緑色と青色

《ローズマリーのイメージカラー》
頭脳明晰、若返り、お料理ハーブ、昼夜逆転予防

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
《ローズマリーにまつわるエピソード》

ラベンダー精油

【植物名】ラベンダー
【和名】ラベンダー
【科名】シソ科
【種類】低木
【主な産地】フランス、オーストラリア、ブルガリア
【抽出部位】花・葉
【精油製造方法】水蒸気蒸留法
【主な成分】酢酸リナリル(エステル類)、リナロール(モノテルペンアルコール)ラバンジュロール(特徴成分・モノテルペンアルコール)

【香りノート】ミドルノート
【香りの系統】フローラル系
【香りの強弱】中
【ON OFF バランススイッチ】OFF
【相性の良い精油】フローラル系全般、クラリセージ、カモミール、ゼラニウム、レモン、ローズマリー。

◆一言~二言で語ると◆

《主な作用》血圧低下、健康回復、鎮静、鎮痛、抗炎症、抗ウイルス、瘢痕形成、抗痙攣
《注意事項》妊娠初期は使用を控える。低血圧症注意。
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》
《肌への働き》
日焼け、火傷のケア。

《介護ケア》
《ラベンダーのイメージワード》
リラックス、落ち着き、火傷、細胞成長促進、万能、低血圧、安眠、日焼け回復。

《ラベンダーのイメージカラー》
紫色

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
《ラベンダーにまつわるエピソード》