go green market

都内・調布市のフローラルガーデンで開催された「go green market」へ行ってきました。”Go Green”は「緑化」のみでなく、地球環境にやさしく資源を大切にシンプルな暮らしを送るという意味で使われ、欧米ではミレニアル世代のライフスタイルとして注目されています。

そのコンセプトに合った70軒のテントブースが立ち並んでいました。

面白いことに、各ブースとフローラルガーデンの植物が一体化しているんですね。例えばテントの間から枝葉が垂れ下がっていたり、商品と並んでお花が顔を出していたり。ちょっとおしゃれな園芸ショップみたいな感じ。

お目当てはお知り合いの方がされているワークショップ。
当スクール&サロンでも取り扱っている淡路島産エッセンシャルオイル「Suu」を使用した香水作りです。

この方は、元々香り空間プロデュース歴が長く。いわばブレンドのプロ。一つのアロマオイルを色や言葉で表現することからはじまりました。

勉強になったのは「ラベンダー」は香りがまとまらない時に加えると良い。ティトリーはミドルベースの中でもベース寄りに近い。そして破壊力がある。。。香りに深みを出すのによいそうですが、いれすぎると全てを壊すらしい。なので1~2滴、アクセントとして加える程度。

50mlサイズの香水を作る場合、精油は合計30~35滴。うちトップノートの精油を20~25滴入れると失敗が少ない。そしてレモンユーカリは虫よけだけではなく、香りのブレンドとして使える。フレッシュグリーンのイメージに近づけたい場合、2~3滴加えると良い感じに。

そして!世の中に人工香料は4000。天然香料は300ほどあるそうです。

私がイメージするSuuのローズマリー。教えて下さった方と色や香りの感覚がほぼ一緒だそう。他ブランドのローズマリーは赤や緑のイメージなんですが、Suuに関してはブルー色。それだけ特徴のある香りです。

他ブースで購入した「有機ジンジャーエールとマサラチャイ紅茶」試飲させてもらったのですが、とてもスパイシーで美味しかったです♪

友だち追加

LINE@はじめました。宜しければお友達になってください♪

明日よりカモミールフェア

明日5/2(水)よりカモミールフェアがはじまります。園芸店でも、ローマンカモミール&ジャーマンカモミールが多くみられるように今が旬のハーブです。

スクールの講座では、生のハーブも登場しますよ~。実際にハーブに触れてみてカモミールの特徴を学んでみませんか?サロンでは、淡路島産ローマンカモミール精油を使用したトリートメントを行います。

こちらの精油はローマンカモミールが好きな人、ちょっと苦手な人にもぜひ、一度嗅いでもらいたい!特徴が、ちょっとワイルドな香り。一言では「大人のローマンカモミール」。

淡路島の農園で採取した無農薬・化学肥料不使用のハーブを丁寧に蒸留し製造。最初、この精油を嗅いだとき「何かの間違いじゃないか?」と、何度もラベル名を確認したぐらい衝撃を受ける香りです。

一般的にローマンカモミールの香りは子供受けが良いのですがこちらの精油は、男性受けが良いです。あるいは華やか、甘さを感じる香りが苦手な女性にも支持されています。香りだけでも嗅いでいただけますので、まずはお問合せ下さい~♪

4月スタート♪

桜が満開になり、あちこちに花びらが舞い散っています。本当に色々なところへ。マンションの5階に住んでいるのですが、驚くことに廊下やベランダにまで薄紅の花びらが。風が運んでくれたのでしょうね。

桜って、人生に重なっているなあと思います。新社会人。新年度を迎え新しい部署などに移動される方。また転職された方。心機一転、自分を変えたい方。それぞれが新しい環境へと旅立つ季節ですね。

さて、アロマドレッシングでは4/18より期間限定で「アロマクラフト講座」と「アロマボディートリートメント」をはじめます。詳細はこちら↓

【期間限定】
旬のアロマクラフト講座(←リンク先に飛びます。)
旬のアロマボディートリートメント(←リンク先に飛びます。)

それぞれの芳香植物には「旬」がある。その月ごとに旬を迎える芳香植物&精油にスポットを当てた講座と、トリートメントメニューになっています。ちなみに講座価格は、かなり高く感じられるかもしれません(90分授業¥6,000)

低価格で打ち出そうかなあとも思いましたが、満足してもらえる内容でなければ意味がないし、自分自身も胸をはってご提供できない!と思いました。一つのハーブ・精油にしても、かなり情報収集し、今まで経験したものを詰め込んでいます。お渡しするプリントも、アロマに使用されるハーブ以外の種類にまで踏み込んでいます。(例えば、カモミールの回では、ノンフラワー・ダイヤーズカモミールまでご紹介。)

また各回に、精油1本お付けしています。場合によっては、1本3950円もするレアな精油が!7月のラベンダーと8月のローズゼラニウムに関しては、採れたての芳香蒸留水もおつけする予定ですよ♪

お問合せ&ご予約お待ちしております~

AEAJ機関誌 最新号

一昨日、AEAJ機関誌87号が届きました。

内容で目を引いたのは「世界の希少な精油」です。新しい・珍しい・貴重なもの・AEAJが注目しているものなどが紹介されていました。先日ご紹介したコーヒーの精油も掲載されていましたよ~。

個人的に、今一番気になっている精油は「コブミカン」です。機関誌にも掲載されていたのですが、南アジア原産のミカン。タイではバイマックルーと呼ばれています。名前の由来は、果実表面が凸凹しているコブ状になっているからだとか。精油の抽出部位は葉。ライム調の香りがするようです。

実は私、料理が好きでタイ系にもチャレンジしているのですがレシピで「バイマックルーの葉」が度々登場するんですね。これが日本ではなかなか手に入らなく、、、今まで葉を入れずに完成させていました。きっと入れると風味も格段に変わるんだろうなあ。トムヤンクンやグリーンカレーにも使用されているようですよ。

昨年ですが、キューピーさんの会社でコブミカンの葉入りソースが販売されました。今は、知る人ぞ知るという感じですが、数年後にはひょっとしたら、日本でブームになるんじゃないかなあ~と思ったりもしています。

精油、どんな香りか嗅いでみたいですね~。

アロマセラピストさん誕生♪

本日の朝、嬉しいニュースが舞い込んできました。昨年の10月、当スクールの認定講習会にお越し下さった方がいらっしゃいました。その後、メールでやり取りさせていただいていたのですが昨日「AEAJアロマセラピスト」に認定されたとのこと。おめでとうございます!!

アロマセラピスト資格取得は「学科試験」「実技」「カルテ審査」と3つのハードルがあります。まず、学科で一発合格も難しいのですが、カルテ30症例を集めるのも大変なんです。これを全部クリアするのは、平均1~2年くらいかかるんじゃないかなあ~と。

ところが、今回のアロマセラピストさんは11月の学科試験に合格後「実技」「カルテ審査」と頑張られて、最短5か月で資格取得。すごい!!

今まで、10名近くアロマセラピストを見てきたことがあるのですが最短で取得されたのは過去おひとりのみでした。今回で2名。それだけ最短合格へのハードルが高いんですね。まず「絶対に最短で取得するぞ!」という根気がないと集中力が続かない。

今回のアロマセラピストさんは22~23歳(どちらだったかな?)と、お若い学生さんです。私は、彼女をとても尊敬します。本当によく頑張られました。

この春、良いセラピストさんがまた一人誕生しました♪

レア精油

一般には、あまり目にしない精油を入手しました。左が「コーヒー精油」右が「カナンガ精油」

コーヒーはそのままの香りです。コーヒーの香りは、鼻をリセットするのにとても良いんですよ。例えば、色々な精油を嗅いでいて「香りがよく分からなくなってきた」いわゆる鼻がおかしく感じたとき。珈琲の香りを嗅ぐとあら不思議♪精油の香りがす~っと入ってきやすくなります。

カナンガは、イランイランの「葉」から採取される精油。イランイランのお花とあまり変わらない香りで驚きました。少しグリーン調ではありますけど。花の香りが強いと、葉にもその成分が多く含まれているのかな。

3月スタート

本日から3月スタートですね。
強風吹き荒れる中、あたたかく感じられた1日でした。
東京は今年一番の最高気温だったようです。

ですが、北海道は猛吹雪。全国規模で見れば、全くちがう天気なんですよね。北海道にお住いの方、大変だとは思いますがケガなどないようお気をつけてお過ごしください。

さて、季節的に早いところでは蚊が発生する時期。先日のアロマフェアでこういったものが展示されておりました。レモングラスとシトロネラ精油の蚊よけ作用について。「んっ!?」と思ったあなたは鋭い!

これを見る限り、AEAJ推奨の1%濃度では忌避作用があまりない結果となります。ただ、実験サンプルが少なく(30~70代の男性3名)偏った属性になるため、一概には言えないかも。

10%濃度だと虫よけスプレーを作る場合(50ml量で)精油50滴量になります。1%濃度だと10滴量。レモングラスもしくは、シトロネラ精油50滴量って想像するだけでもすごいような気が。。。レモン様の香りが強烈に漂いそうですね。

塗布30分後には、忌避率が半分以下にまで低下するようなので5~10分ごとに塗布しなおす必要性がありそうですし。レモングラスやシトロネラも少量だと香りもここちよいのですが、10%濃度を全身に。。。ということを考えると、肌への影響も気になります。2つとも作用が強い精油ですし。

んん~蚊にはかまれたくないけども、かと言って濃度を強くして塗布するのも・・・と考えてしまいますよね。これ、もっとデーターをとって欲しいですね。男性だけでなく女性も加えて100名ほどのデーターがあれば。対象精油も増やしてほしい。

こういうのを見てしまうと、今年の虫よけスプレーの配合率や精油選定を悩んでしまうなあ。

ラベンダーで悪夢を見る?

映画【時をかける少女】で、ラベンダーの香りが登場するのをご存知でしょうか?たしか主人公が、実験室でラベンダーの香りを嗅ぎ意識を失うという感じだったのかな。場所といい、作用といい上手にラベンダーが使われているなあ~と思います。これがリフレッシュ作用のある「グレープフルーツ」だったり「ユーカリ」だと、どうだったのかな?物語のイメージが違ってきますよね。

このようにラベンダーは「安眠」や「リラックス」に欠かせない精油だったりします。

が、最近お知り合いになった方から「私、ラベンダーを寝る前に嗅ぐと悪夢を見るんです」と。

「え~そうなの!?」とビックリする反面、あるかもね~と。実は、私の場合 イランイランの精油を寝る前に嗅ぐと悪夢を見やすいんですね。イランイランは大好きな精油の一つですし、普段からよく使用しているのですが就寝に関してはなぜか。。。

そういうので考えると、ある特定の精油がその人にとって悪夢を見させる何かがあっても不思議じゃないなあ~と。皆さんはどうでしょうか?

ラベンダー、イランイランともリラックス効果が高くて血圧を下げる作用があるんですね。ひょっとしたら、就寝前にちょうどよく感じていた香りが寝ているときに強く感じすぎているのかもしれませんね。あるいは、低血圧がある方にとってはリラックス作用が強く働きすぎる=就寝時の脳を冷やしすぎる=眠りが浅くなるのかも。

香りも濃すぎると逆効果になることがありますから。弱く漂わせてお休みされるか、あるいはリラックスさせながら体を温める作用のある「マジョラム」を使うのもおすすめですよ。

淡路島産エッセンシャルオイル Suu

先日、お取引先メーカーである(株)淡路島パルシェの和泉様がお越し下さいました。
「淡路島産たまねぎ」をお土産にいただいて。この地域で採れるたまねぎは本当に美味しいんですよね~。
ありがとうございます。重かったでしょうに。

和泉さんは25歳とお若いのですが、香りに関する知識や経験が豊富。そして非常にしっかりとした方。様々な企業やお店など、主に香りに携わる空間プロデュースや香水作りに関わってきたということ。今回(株)淡路島パルシェのブランドである淡路島産エッセンシャルオイルSuuのブランディングに携わることに。

縁あって、アロマドレッシングではSuuを2年間ほど取り扱いさせていただいております。このブランドは本当に独特で、やさしくそれでいて深みがありシックな香りがします。特に、男性受けが良い。個人的に、ご夫婦でもカップルでも違和感なく使える香りだと思います

エッセンシャルオイルって、3種類以上ブレンドする毎に奥行きが広がりよい香りになるのですが Suuの場合は単独、あるいは2種類までのブレンドが最適なんです。1品1品にパワーがあるから、それぞれ香りの主張が強くブレンドすればするほど、えぐみが増し良さをつぶしあってしまうんです。

このことを和泉さんと話していたのですが「suuは生きているアロマですからね~」とおっしゃった言葉が印象的でした。生きたアロマ、まさにそんな表現です。

生産から加工、パッケージングまで一貫しているSuu。ラベリングも手作業で、その時によって少しゆがみがったりします。それがきちんと作られているしるし。

生産者、ブランディング者、当サロンのような取引先が色々意見を出し合える関係もありがたいなと感じています。

Suuの今後の動向など、お話を伺いました。成分分析表や、新たなエッセンシャルオイルの種類が登場する予定で非常に楽しみです。

そうそう、アロマドレッシングでは全種類テスターが揃っていますので香りをいつでも嗅いでいただくことができますよ~。サロンやスクールのご利用以外でもお気軽にお尋ねくださいませ。香りはとにかく嗅がないと、良さが分からないですからね♪

妊婦さんのお腹と、アロマで妊娠線対策ケア

1週間ほど前、デジタル新聞で興味深い記事を見つけました。

妊婦のお腹、細胞増殖で皮膚広がる 京大グループがマウスで仕組み解明
http://www.sankei.com/west/news/170911/wst1709110054-n1.html

内容は、妊娠して腹部が大きくなり皮膚が伸びたようになるのは、高い増殖能力を持つ細胞集団が現れて細胞が増え、新たな皮膚が作られるから-。こうした研究結果を京都大の豊島文子教授(細胞生物学)らのグループがマウスを使った研究で発見し、11日、英科学誌電子版に発表。
 

これまで妊娠時に腹部の皮膚が急速に広がる仕組みは不明だったらしいです。あまり気にとめたことはなかったのですが、そういえば妊婦さんのお腹ってあっという間に大きくなりますもんね。

高い増殖力を持つ細胞集団は皮膚が傷ついたときにも現れるらしく、傷の治りを早めることも判明。豊島教授は「皮膚の拡張や傷の治癒を促すことから、傷や潰瘍の治療などを行う再生医療への応用に期待できる」と話している。

今回の研究では、妊娠したマウスと妊娠していないマウスの腹の皮膚を比較。皮膚を構成する細胞の動きを観察した結果、妊娠したマウスでは、皮膚を生み出す幹細胞が分裂するなどして高い増殖能力を持つ細胞集団が生み出されていたが、非妊娠マウスではほとんど確認できなかった。
 
マウスは妊娠14~16日(妊娠中期)に腹部が大きくなる。この細胞集団は妊娠12日ごろから増え始め、16日に最も多くなった。細胞集団数が増えるとともに次々と分裂していく様子も確認されたという。

腹部の皮膚が急速に広がるときはいいのですが、出産後できてしまった妊娠線を気にされている方がとても多いように思えます。実際、化粧品業界でも昔から「妊娠線対策ケア」の商品が登場しています。クリームやオイル系の商品が主流かな。ただ、正直効きがそんなにあるか?と言われると微妙で。お肌を柔らかくしたりなど、何かしら皮膚への働きかけはしますが妊娠線そのものには弱いように感じます。

今回の実験で、高い増殖能力を持つ細胞集団の成分がもっと解明されてそれが化粧品に応用されるとまた違ってくるのかなあ~と思いました。

ちなみにアロマ業界で、妊娠線予防に期待が持てそうかな?と言われているものがあります。それは、皮膚軟化、瘢痕形成、引き締め、細胞成長促進やコラーゲン産生作用があったり、ビタミンC含有量が多いと言われている精油。

具体的には、マンダリン、タンジェリン、ネロリ、カモミール、ラベンダー、レモン、レモングラス、ローズウッド、ベンゾイン、オレンジ、ベルガモット、パチュリ、キャロットシード、フランキンセンスなど。他にもいろいろありますが、一例です。

なかでもベストな組み合わせと言われているのが
【ラベンダー、ネロリ、タンジェリン】
【マンダリン、ネロリ、ラベンダー】
【シトロネラ、ネロリ、ベルガモット】
【ジャスミン、マンダリン、ラベンダー】の4パターン。

こう見ると、ラベンダーとネロリが支持されていますね。個人的には【ローマンカモミール、ネロリ、タンジェリン】の組み合わせがよさそうかなあと思っています。

以前、AEAJでヒトの細胞を使ったローマンカモミールの研究データーが発表されたことがあるんですね。それによるとコラーゲン産生促進作用についての記載がありました。

ネロリとタンジェリンはともにミカン科から採取される精油。コラーゲンの産生にビタミンCは欠かせないもの。タンジェリンはビタミンC含有量が高いといわれている果物。ネロリは肌の弾力を助けるともいわれています。これにキャリアオイルとしてグレープシードと、カレンデュラを少量混ぜるといい感じになるんじゃないかな~と頭で組み立ててみました。

例えば、グレープシードオイル10mlにカレンデュラオイル5mlの合計15mlオイルを作成。ネロリ1滴、ローマンカモミール1滴、タンジェリン1滴をブレンド。妊娠線の気になる箇所にマッサージをするように塗布。香りもよさそうな組み合わせかな。