先週の戴きもの

先週、ショップご利用のお客様に戴いたもの。「ジャスミンティー」「フルーツティー」「ハマナス(日本原産のバラ)、金木犀、フルーツなどが入った鉄観音茶」です。

台東区に茶葉にこだわったお茶屋さんがあるそうで、そちらでいつも購入されるそう。

「とても美味しいので、どうぞ~」とお裾分けをいただきました。ありがとうございます♪こちらは金木犀。採取したばかりのような新鮮な黄色のお花。香りも凄く良かった。

こちらはハマナス。外国産のローズが入ったものは多いですが、ハマナス入りは、はじめて。これも、つぼみが綺麗なピンク色。香りも凄く良い!!全体的に鮮度の高さがうかがえます。

そして、お客様一押し!のジャスミンティー。相当風味が濃くて「水出しOK!」「同じ茶葉で、一日中飲める」とお聞きしました。その秘密は茶葉にジャスミンを9回ほど香りづけをしているのだとか。通常、この工程は3回なんですって。3倍近く手間暇をかけているので、香りが強い。たしかに、この袋の中を嗅ぐと、ジャスミンの精油を直接嗅いだのと同じくらい香りが強かった!

そして、上記すべてのお茶は8杯ぐらいまで飲めました!今度、お店に行ってみよう。

こちらは、スクールの生徒様にいただいたもの。スパイスティーと言ったらよいのでしょうか?あらゆるスパイスが粉末状になっておりまして、お湯を注ぐだけです。

生徒様お気に入りのティーで、タイから取り寄せされているそう。飲んでみると「しょうが湯」に近いのですが、それよりもスパイシー!!飲むたびに、クーッ!!と舌や喉に熱さがこみあげてくる感じ。かなりパンチの効いたスパイスティーです。これは、日本ではなかなかない味ですね。貴重なティーをありがとうございます♪

オレンジポマンダー講座

今月末までの「オレンジポマンダー講座」
埼玉から電車を乗り継いでお越しくださいました!

奥が生徒さんの作品です。大仏さんの頭みたいに、びっしりっと刺さったクローブがキレイですね~。オレンジ全面をクローブで刺すと、ほとんどの場合 乾燥過程で失敗することがありません。

ご自宅は涼しくて風通しが良い環境とのことで、このままお持ち帰りになられました。

こちらはスクールにいるポマンダーちゃんです。作成後、生徒さんからお預かりしてちょうど一か月目ほど。

オレンジの果皮が全体に茶色っぽくなり、シワが寄っているのが分かりますでしょうか?この状態は順調に乾燥してきている証拠♪

当スクールでは、ポマンダーお預かり制度があります。過去にポマンダーでカビが発生してしまった方はぜひご利用ください。1カ月半ほど代わりに乾燥させます。

こんなにフレッシュなオレンジが、乾燥過程で茶色く変化していくのって不思議ですよね~


<ご予約&お問い合わせ>は4通り
①店頭にて
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。

※下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様のお名前、お電話番号もしくはメールアドレス、講座名をお伝え下さい。希望日時(日・祝・月を除く10~20時)を第三候補日までお教えいただけましたら助かります。折り返し、ご連絡させていただきます。

ヨーロッパの冬の風物詩 グリューワイン

先月、ウイーンに行かれた生徒さんから戴いたプレゼント。(右)ガトーショコラ(左)グリューワインの素!?

素敵な瓶に、オレンジピール、八角、シナモンスティック、クローブなどのスパイスがぎっしりと詰まっています。生徒さんに「全てオレンジポマンダーの材料ですね♪」と言われて、なるほど~!! たしかにこの4種、ポマンダーに全部使われるもの。

 

鍋に、グリューワインの素&赤ワインを入れ軽く火にかけます。そして最後にハチミツを加えると完成♪ 茶こしで濾すと・・・香り豊かなグリューワイン(ホットワイン)に! スパイスの作用もあって、身体が温まります。

ヨーロッパでは冬の風物詩として、よく飲まれているそうです。素敵なお土産ありがとうございます♪

AEAJ協賛キャンペーン終了♪

全国規模のAEAJアロマウイーク協賛キャンペーンが本日で終了しました。ご来店&ご予約&お問合せありがとうございました。
松屋銀座店ではアロマフェアを11/2~6にかけて開催。当店のお取引先メーカー、またお付き合いのあるアロマスクールの先生方がブース出展されていました。

アロマドレッシングのお客さんor生徒さんが、ブースにお越しになられました!とご報告いただいて嬉しい限りです。こういった盛り上がりっていいですね~。

さてさて、画像はキャンペーンでお渡しした「AEAJオリジナルエコドリンクボトル」。松屋銀座でも¥2000以上お買い上げの方に配布されていたのかな?

耐熱100℃。耐冷-10℃の300ml容量。中に入れるドリンクは「緑茶」「ハーブティー」「スポーツドリンク」など何でもok。
※ただ、レモン等柑橘類の皮はNGです。皮に含まれるテルペンや油脂によって変質する可能性があります。

私は、シンプルに水が良いかな~と。ここにハーブやスパイス、果物、野菜などを入れてほんのりと風味付けするのがおすすめですよ~。

画像の写真では「シナモンカッシア」を入れています。ニッキのような風味が特徴なカッシア。単体では扱いにくいスパイスなのですが、こういったシンプルな使い方が一番よいなあ~と思いました。ニッキの香りがお好きな方は、ぜひ一度お試し下さい。スパイス&ハーブ専門店の店長さんに聞いた方法です♪

※クマリン・アルデヒド類の含有成分が多く、刺激作用が強いスパイスです。妊娠中の方はお避けください。また連続・多量での使用はお避けください。

数量限定★ローズマリー苗/再入荷

前回、ご好評いただいた埼玉県・宮代町産のローズマリー苗を再入荷いたしました。1ポット¥250。残り5ポットございます。宮代町のファーマーズマーケット「新しい村」にあるメディカルハーブ園さんで管理されている苗。土作りからしっかりとされているせいか、香りがとても良いです。

店頭に並べていると、足を止めて香りを嗅がれる方がいらっしゃるのですが「この価格で、立派な苗ですね」とお褒めいただくことも多く♪そうなんです。お値段以上です。

「ローズマリーのハーブって、どうやって使うの!?」と聞かれることがありまして、今日はその辺りを説明したいなあ~と。

ローズマリーは、ハーブ初心者の方。また、過去に色んな植物を枯らしてしまった方にこそ育てていただきたいです。とても丈夫なんですね。ちょっとや、そっとじゃ枯れないし成長しやすい。そして使いやすい。

過去、荒廃したハーブ園さんを色々見てきたのですが一貫して生き残っているのは全て「ローズマリー」。管理する人がいなくなったハーブ園は、けっこう悲惨なもので立札はあちこち散乱し、雑草まみれ。たくさんハーブが栽培されていたんだろうなあ~と思う形跡はあるのですが・・・その中でもローズマリーは立派に枝化して、香りを放っていました。

ローズマリー入り洋風肉じゃが

使用方法ですが、ローズマリーはハサミでカットしお料理などに。なかでも、ポテトや豚肉との相性は良く、塩コショウと一緒に入れて炒めるだけで風味がよくなります。

ローズマリーのハーブウオーター

その他には、ウオーターポットに水&ローズマリーを入れ一晩冷蔵庫で冷やすと ちょっとおしゃれなハーブ水に。ローズマリーの風味が水に移るんですね。清涼感のある香りなので日中用のドリンクとして最適です。

またドライにした状態で葉先をほぐし、バターに練り込むと「ローズマリーのハーブバター」に。食パンやバゲットなどにつけて食べてみてください!ちょっとリッチなホテルの朝食みたいなお味に変身します。

こんな感じで、お料理にハーブが少し入るだけでちょっとリッチなホテル&カフェの味になるんですよ~。

オレンジポマンダーの経過


2月後半から3月にかけ、オレンジポマンダーを受講いただいた方からのご報告が続々とありました。ちょうど1月上旬~中旬辺りに作成したものです。ポマンダーは約1か月間、各ご自宅で自然乾燥させますので経過も人によって違います。

乾燥してカチカチな状態。あるいは表面は乾いているけど、なんとなく湿っぽい状態。白カビが発生している状態。あるいは緑カビが発生している状態。

今回、ご報告いただいた方のなかには緑カビの方(ここから復活させるのはむずかしい。。。)はいらっしゃらなかったのですが、カビが発生してしまったとの声が。

アロマクラフトの中でも「オレンジポマンダー」と「バスボム」に関しては、確実に成功するとは限らないんですね。「バスボム」は作った瞬間に、成功or失敗が分かりますが。

「オレンジポマンダー」に関しては数週間経過しないと分からない。受講者は、期待と同時にドキドキしてその期間を過ごします。実は講師も結果がでるまでドキドキしています。

報告があった時に、はじめてどんな状態か分かるんですね。画像を添付いただいたりして。受講いただいた方すべてが成功する方法を、、、と試作を重ねているのですが。なかなかむずかしく。

今、考えているカビ発生対策が「シナモンパウダーをまぶす回数を増やす」「冷蔵庫保存」です。

ポマンダー作成後、自宅乾燥されている時は「時々シナモンパウダーをまぶしてくださいね」とご案内しているのですが、それを3日に一度はシナモンパウダーをまぶしてもらう。特に、2~3週経過しても湿っぽさがなかなか取れないという方には、毎日シナモンパウダーをポマンダーにまぶしてもらう。パウダーをまぶした後には、冷蔵庫で保存してもらうという方法です。これを繰り返す。理想の硬さは、野球ボール。これくらいを目処に乾燥をお願いする。

現在、ポマンダーの状態が湿っぽい方は 再度袋に入れてシナモンパウダーをまぶしていただけますでしょうか?クローブの実がパウダーを吸収し乾きやすい状態に近づきやすくなるかと思います。ご面倒おかけしますが、よろしくお願いします。その他、ポマンダーでお困りの方は↓遠慮なくお問合せくださいませ。

<お問い合せ>は3通り
①TEL:03-5856-1640
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
③LINE@のトーク画面←夜21時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<お問合せ方法>
お客様のお名前、お電話番号orメールアドレス、内容記載の上 送信ください。折り返し、ご連絡させていただきます。画像も一緒に添付いただけるとありがたいです。

オレンジポマンダーQ&A

本日の再放送分「香りのお守り オレンジポマンダー作り」講座を、先ほど視聴しました。ご覧いただいた方、ありがとうございました。

私の場合、居住地が足立区なのでアプリでダウンロードしてみました。綺麗な声のキャスターさんに紹介され、当日の様子が♪

一緒に観ていた相方が爆笑。一言「お前はエガちゃんか!」と。
よく見ると、身振り手振りがかなり大きく。ただ、ただ赤面。芸人さんとしたら満点のアクションなんですが。

「ええ!?私、いつもあんな感じ??」って聞くと「そう思う」と。
皆さん、ごめんなさいねえ。。。


さてさて!当日の講座でいただいたご質問。
Q「オレンジ以外に、レモン・リンゴ・柚子などでも作れるようですがどの果物がおすすめですか?」
A.オレンジが一番クローブやシナモンとの相性が良いと思いました。ユズは、皮がぶよぶよしているのでクローブを突き刺した時に空洞ができやすく カビが発生しやすいように思えました。

リンゴはまだ試したことがないので、この冬一度作ってみたいと思います。

Q「オレンジは購入してどのぐらいの日数もちますか?」
A.購入されてから3日以内にはポマンダー作成でご使用いただきたいです。日数が経過し、皮がしぼんでしまうとクローブが突き刺しにくくなります。なるべくフレッシュな状態でお作りください。

Q「クローブはどの程度、オレンジに入れ込むの?」
A.基本、クローブの首部分までしっかりと。意外に皆さん、これぐらいで十分かな~?と思われているようですがまだまだオレンジに突き刺せます。クローブの入れ込みが浅いと、ポマンダーが乾燥する過程で浮き上がってきやすいです。カビの原因、クローブが抜ける原因になります。

Q「オレンジポマンダーの真ん中部分に、枝を刺してオブジェにしたいけど可能か?」
A.試したことがないので何とも言えないのですが、抗菌作用のある太い枝だと可能かもしれません。あるいはシナモンスティックのカシア種だと、太くて大きさがあるのでオレンジに突き刺せるかもしれないですし乾燥も可能かも。

この他にも、皆さん積極的に色々聞いてくださいました♪大人数だと予想もしない質問なども出てきて勉強になります。もっといろんな体験をしなくちゃいけないなあ~と思いました。

当日ご参加いただいた方、またアロマドレッシングで受講いただいた方、他アロマスクールなどでお作りになられた方、ご質問等ございましたら いつでもメールやライン等で下記までお問合せくださいませ♪

<お問い合わせ>は2通り
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
②LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<お問合せ方法>
お客様のお名前と、質問をご記入ください。折り返し、ご連絡させていただきます。

インフルエンザ対策

インフルエンザが流行しているようですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

「元旦からインフルエンザにかかってしまい、一昨日職場に復帰した!」という話も聞きました。家族に一人かかると、大変ですもんね。

さてさて、テレビで見かけたホットな話題♪

↑インフルエンザ対策として、こちらの飲み物が注目されているそう。さて、何でしょう?

答えは「紅茶」です。

紅茶葉に多く含まれる「テアフラビン」と呼ばれる抗酸化性のポリフェノール。赤い色が特徴。こちらが有効ではないか?と言われているそう。

一部の研究では10秒でインフルエンザウイルス100万個を無力化=消毒並みだとか。「特にインフルエンザにかかった人ほど飲んで欲しい」そう。

過去、緑茶も有効ではないか?と言われていましたが紅茶の方が即効性が高いそう。冬に紅茶ブームが来るかもしれませんね♪

只今アロマドレッシングでは、お越しいただいたお客様に「兵庫県・朝来市産 生野の和紅茶」をお出ししています。農薬を使わず茶葉を手摘み。手作業で丁寧に発酵された雑味のないすっきりとした味わいが人気です♪

Tea for Peace青山

先週の土曜日、青山国連大学の中庭で開催された「Tea for Peace」に行ってきました~。約100種類の日本全国、世界中のお茶に出会えるというこのイベント。目玉は、約100種類あるお茶の飲み比べ。

受付で陶磁器のオリジナルカップ(1個¥1,000)を購入し

各お茶のブースで自由に試飲させてもらいました。こちらは抹茶。たいへん濃厚な風味でした♪

今回の戦利品。同時開催のファーマーズマーケットで購入した商品も含めて。このイベント、とても良かったです!何でかと言うと、滅多にお見かけしないであろう商品がたくさん出ていたからです。

例えば「コーヒーの葉や花から作られたお茶」「黒人参茶」。沖縄の希少な柑橘「シーク」を加えたお茶。ちなみにシークは、シークワーサーではないんですね。風味的にはとても近いですが。酸っぱ過ぎて市場に出回っていないらしいです。

ファーマーズマーケットでは、沖縄産の「モリンガ」。

山梨県産の「イングリッシュラベンダー」の商品に出会えました。長くなりそうなので次回の記事に、この2つの商品について取り上げたいと思います。

<ティーバック編> 美味しいレモングラスティーの入れ方

本日はティーバック編を。こちらはとても楽です♪1杯のレモングラスティーを作るのに必要な量(2g)が、袋につめられているからです。

カップにティーバッグを入れ、あとは熱湯(150ml)を注ぐだけです。3分ほど置いてお召し上がりください。味が薄く感じる場合は、さらに3分ほど置いてください。ティーバックのメリットは、葉が粉砕されているので成分が熱湯に浸出しやすいんですね。お急ぎの時にはとても便利です。

ティーバックも1杯量だと、勿体ないですよね~。私流ですが、直接カップではなくティーサーバーに入れて使っています。1袋分に対し、熱湯400mlを入れ10~15分間蒸らしてお召し上がりください。2~3杯量がとれますよ~。

友だち追加

LINE@はじめました。宜しければ、お友達になって下さい~。お得なクーポンや情報など配信中です♪ 

ご登録の上、かつしか環境・緑化フェアで登録画面ご提示いただきましたら、兵庫県・三木市産の無農薬レモングラスティーのサンプル2包プレゼントいたします