紅一面!不思議コキアの世界

先月末、茨城県にある「国営ひたち海浜公園」に行ってきました。目的は、丘一面真っ赤に染まるグラデーションコキア。なんだか童話の世界にいるようなメルヘンチックな気分♪

コキアは和名:ホウキグサ。一年草です。昔はこの茎を乾燥させてほうきを作っていたとか。7月はライムグリーン色。9月下旬から10月中旬にかけて紅葉し始めるようです。写真の時期は見頃を少し過ぎたあたり。

残念ながら、この記事を書いた11/11にはコキアが終了・・・(涙)

来年の5月!今度は丘一面に広がる水色のネモフィラも見応えがありますよ~。

台風の水害について考える

この度の台風で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
早く状況が落ち着かれますこと、お祈りいたします。


今回の台風は水害の影響が大きかった。これに尽きるような気がします。テレビで報道される多摩川や千曲川などの氾濫は驚きの映像でした。

東京に越してきて、2年半になります。それまでは関西にいて、台風は「大雨」「強風」対策をしてきました。関東のように、川に囲まれた環境では過ごしたことがなく「水害」については意識が抜けていたと思います。

現在の住まいと、実店舗がある場所は「海抜ゼロメートル地帯」です。正確にいうと、海抜マイナス。以前住んでいた、神戸は「海抜18メートル」。少し高さがあるんですね。

近隣には「綾瀬川」「荒川」と2つの川があるのですが、それぞれ警戒域まで達していてリアルタイムの水位情報をずっとネットで確認していました。あとはテレビ。実店舗は綾瀬川から約100メートルの位置。氾濫すれば、浸水する可能性が非常に高くて。商品が水に浸かればもうダメになってしまうな。と半ば諦めモードでした。加えて、夜の停電はきつかった。我が家は5時間ぐらい停電してました。

幸い綾瀬川と近隣の荒川は、ギリギリ耐えてくれましたが。。。世田谷・埼玉・栃木などの地域では、夜中の停電中に浸水した住宅なども多かったことかと思います。これは本当に恐怖ですよ。暗闇で、気付けば水に浸かっている状態って。

これを教訓に、台風前は万が一に備え店舗の商品&レジなどの電化製品は高さのある安全な場所に運ぼうと思いました。

さて、ネット上で水害後の消毒についてまとめている記事を見つけました。住宅が浸水した場合どのように掃除をしたらよいのか。消毒に必要なものは2つらしいです。「逆性石けん」「家庭用塩素系漂白剤」これらを使って、床上・床下浸水それぞれの掃除方法が紹介されていました。とても参考になるので、リンクを貼付します。

https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi

アロマはこういう場合、使えないの?という意見が聞こえてきそうですが。まずは、全体的な消毒が大前提になるかと思います。次に、室内を乾かす作業。そうすると、日が経過するにつれ「におい」の問題が出てくるかと思います。この時、アロマが活躍するのではないかな、と。

殺菌作用、消臭作用がある精油などで雑巾がけをこまめにしたりディフューザーなどを焚いたり。私だったら、何の精油を使いたいかなと考えると「ティトリー」などでしょうか。

神戸帰省日記~その3~ &アールグレイ

こちら神戸のマルイに入っている&アールグレイという店

特徴は「天然ベルガモット香るアールグレイ専門店」。

お茶はもちろん(アールグレイ&ジャスミンティー、アールグレイ&キーマンなどレアなものも!)

シフォンケーキなどのスイーツ

ドリンク類と全てのアイテムにおいて、天然のベルガモットオイルだけを使用しています。なるべく風味のいい状態を維持する為、出荷直前にオイルを注いでるとか。

こちらは土佐産のベルガモットを使用。

ベルガモットの風味がとても良いです。お上品なこんぺい糖と言ったらよいのか。2~3粒ほど、姪っ子に与えたのですが 味を占めたのか、何度も「ちょーだい!!」とねだられる始末(笑)

左の容器に入っているものは「緑茶アールグレイ」。一番の売れ筋商品。無着色・無添加。

実は、私この商品に出会ったのは5年程前。まだ&アールグレイがブランド名になっておらず、マルイにも入っていませんでした。

昔、神戸セレクションの審査員として会場を周っていた時にはじめて試飲したんですね。当時は、株式会社キャセリンハウスの「緑茶アールグレイ」として出展されていたと思います。透き通ったグリーン色で、見た目がまず綺麗。緑茶とアールグレイの組み合わせが意外にマッチしてるのに驚いた記憶があります。何より、ベルガモットの香りがお洒落なカフェでいただくアールグレイティーと比較にならないくらい良くて。

数年後、ラインナップも増え「ベルガモット特化店」と呼べるほどになっているなあ~と感じました。全国では神戸しかお店がなく、関東では時々イベントに出展される程度とか。

次回10月下旬辺り、神戸に帰省します。&アールグレイの商品を買ってきて欲しい~!という希望がございましたら、店頭もしくはメール・ライン@等でご連絡ください♪

神戸帰省日記~その1~

気付けばブログを10日以上更新しておりませんでした・・・。ひょっとして、楽しみにしていただいている方がいましたら申し訳ないです。神戸から戻ってきてから、合間に体調を崩しておりまして。ようやく回復!たまっていたブログネタもたくさんあります。まずは、神戸帰省日記(見たい人がいるかは謎ですが・・・)

神戸に帰ってきたなあ~と実感するのは「KOBEポートタワー」を見たとき。帰省時はいつも真夜中です。車内からパシャリ!小さい頃から見続けているせいか、このタワーを見ると妙に安心する。

今回は、スケジュール的に甲子園球場前を通りすぎることが多く。東京在住の知り合いに甲子園マニアの方がいらっしゃるので、記念撮影!今度、お会いしたときにお見せしよう。

お知り合いのFacebookで知った神戸三宮のリスカフェ。このパフェを食べてみたかった。

夙川さくら庵のミックスかき氷。ミックスジュースの味&新鮮フルーツゴロゴロ。

お盆は、妹&弟一家、母親、私、相方君の合計11名の大所帯!!画像は、妹の娘。飼い犬モモがお手当てをしてもらっています(笑)

左が弟の娘。もう中学生になるのかな。女の子はメイク好きですね~。このあと妹の娘も、フェイスマネキンにメイクをしていました(笑)。このマネキンは、神戸でメイク講座をしていた時に使っていたもの。今は実家に置いたままにしています。

しかし、夏の季節は庭木がたいへんなことに。お庭の手入れついでに、ハーブの状態を確認したり。次回のブログに夏ハーブを色々ご紹介しますね。上記画像は、庭で栽培している山椒の葉をパウダー状にしたもの。ピリ!ッとした香りが刺激的です。

ネモフィラ

 


もう、だいぶん前の話題になるのですが。
ゴールデンウィークは3日ほどお休みをいただいて、茨城県にある「国営ひたち海浜公園」に行ってきました。目的はネモフィラ!!↑こちらのお花です。

ネモフイラは単体では、目立ちにくい花。ただ、群生で見ると圧巻!!一面の青空に見間違うほど。もう、青空との境目が分かりません(笑)

ここはワンちゃんOKの場所なので、多くのファミリーがペットと一緒に入園されていました。着ぐるみワンちゃんも見ましたよ~。残念ながら、我が家のモモちゃんは散歩が嫌いなので連れていけなかったのですが。。。

秋は、真っ赤に紅葉するコキアが一面見れるようなので又行きたいです。春と秋 両方楽しめるっていいですね♪

当ショップ取り扱いブランド「ロサ・ルゴサ」

北海道産・ハマナス化粧品

先日、美容雑誌の編集をしている方がお越しくださいました。あくまでも、プライベートなお買い物としてですが。入店後、まず気になられていたのは「ロサ・ルゴサ」。

仕事柄、メーカー側のプレスリリースでロサ・ルゴサのことはご存知でいたようです。「地域おこし協力隊の方が作られた商品ですよね?」とさすが!お詳しい。実物は当店ではじめてご覧になられたよう。市場にはある程度情報は出回っているのですが、なかなか商品を置いている店舗さんが見当らないみたいです。

北海道産ハマナス

こちらは日本原種のバラ=ハマナスを主原料にしたスキンケア化粧品です。成分表記の先頭は一般的に「水」からはじまることが多いのですが、ロサ・ルゴサは「ハマナス花水」からはじまります。それだけ、しっかりとハマナスの恵みを詰め込んでいるんですね。


ブランドを立ち上げたのは、20代後半の若い男性。1度お会いしたことがあるのですが元々は関西ご出身。地域おこし協力隊として、現在は北海道在住。浦幌町の住民たちと一緒に作り上げた化粧品です。商品パッケージは、子供たちが写生大会で描いたものを採用。

ロサ・ルゴサを当店に導入しようと思ったきっかけですが、まずは香りがめちゃくちゃ良かった。ジャパニーズローズが、ふんわりと感じられる。あとは単純に1週間ほど使用してみて思った以上に良かったから。肌にお水がたっぷり蓄えられた感じで、調子も良いんですね。それで、商品開発者に連絡を取り面談のオファーをお願いしました。

地域資源産化粧品って、どこも香りは良いのですよ。ただ、肌実感として期待できるか?となった時に申し訳ないけどもそうじゃないのが多い。優しさは感じられるのですが、働きとしては弱いかな?という印象。ここは化粧品会社出身の私としては、採用基準の大きなポイント。

「ロサ・ルゴサ」はそれをクリアしたスキンケア化粧品でした。もう一つ取り扱っている栃木県産・ハトムギ化粧品「OYAMAの雫」もその基準をクリアして導入。

OYAMAの雫」に関しては、ほとんど情報が出回っていないかと思います。どちらかと言うと、道の駅などで取り扱いのあるレアなブランドです。編集の方も、ご存知でなかったようで「こういったブランドがあるのですね」と驚かれていました。

次回は「OYAMAの雫」についてご紹介しますね。

神戸へ配送

ここしばらく、アロマドレッシング取り扱い商品で業者様からのお問合せがあります。内容は卸を希望されていること。アロマドレッシングでは一般のお客様に「小売り」。業者様には「卸売り」で対応させていただいております。

アロマドレッシングオリジナル商品だと、いい条件でご提示できるのですが。メーカー買い取り商品だと、正直そんなにいい条件でご提示できないのが現状です。これに関しては本当に申し訳ないです。あと、雑貨以外に関しては一度お会いしてから・・・のお取引にさせていただいております。色々厳しくてごめんなさい。

互いのお店のコンセプトを理解したり大切にしたいと考えております。長くよいお付き合いをさせていただきたいので宜しくお願いします。

こちらは、先日 神戸の某ビーガンカフェ様からまとめてご注文いただいた商品。シャスタのティーポット&ウオーマーです。お値段の割に使い勝手がたいへんよく(耐熱性です)デザイン性が良い♪ アロマドレッシングの店頭にも置いているのですが、連続してのご購入がありました。

ビーガンカフェ様でどのような感じでお出しになられるのか、非常に楽しみにしております。

アロマハンドセラピスト講座

気付いたら、10日間近くブログを更新していなかったのですね・・・。新店舗オープンから22時前に帰宅してはバタンキューの状態が続いております(笑)

新店舗は、まだネットの環境が整っていなくパソコンが使えないのが痛手です。営業時間中に触れると、また違うんですけどね。皆さまのお問合せ&予約メールなどは携帯に転送できておりますので、ご安心くださいませ。

さてさて、昨日はアロマハンドセラピスト講座。3名の生徒様にお越しいただきました。画像は座学の時。腕や手の解剖生理学を説明している時かな?しかし手のトリートメントは気持ちよいですね~。この後は互いの手を使って練習。モデル役の方は、眠たそうにされていました(笑)

この講座は通常、2日間(3時間×2回)に分けているのですが お時間がない方は1日完結(6時間)も可能ですよ~。ご興味がある方はお問合せくださいませ♪


ご予約&お問い合わせは③通り
①TEL:090-1954-5053
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
③LINE@のトーク画面←夜21時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様のお名前、お電話番号・もしくはメールアドレス、講座名、ご希望の日時(平日&土日祝とも/10:00~21:00)をお伝え下さい【第3候補まで教えていただけると幸いです】折り返し、ご連絡させていただきます。

関西桜VS関東桜と浜松SA.

昨日の深夜、神戸→東京へ戻って参りました。自宅前の公園に着いて思ったこと。「関東の桜が満開♪」

関西では残念ながら、たわわな桜を観ることが出来ませんでした。上手くいけば、関西&関東の桜どちらもいい感じに観れるのではないかな?と思ったのですが。

画像は、好きなサービスエリアの一つ「浜松」。毎回帰省時は車移動です。ここは楽器産業で有名なまち。ピアノの二大巨頭「ヤマハ、カワイ」の会社があったり。日本の楽器作りの歴史はここから始まったらしいですね。

昨日立ち寄った際に、ふと気付いたのですが 建物の外観上部が鍵盤モチーフ。

ライトアップされてて、はじめて知りました。毎回立ち寄っていたのに、気付いていなかった自分に驚きです。

※今週の土日、ホームページ上の住所等を新店舗に変更します。新店舗プレオープンは4/8(月)。4/7までは、旧店舗での営業となります。よろしくお願いします。

お電話でのお問合せ

先日、お電話にてショップのお問合せをいただきました。現段階でのアロマドレッシングは、4.5畳スペースで「スクール&サロン&ショップ」と3本柱で営業しています。

スクール&サロンについては問題ないのですが、ショップに関しての問い合わせは どうも皆さん、しどろもどろになるようで・・・。「やって、おられますか?」「どういった商品を取り扱っていますか?」「予約制ですか?」など。

そりゃ、そのはずですよね。マンションの4.5畳スペースで商品が並んでいるのは、想像つきにくいですよね。今回の方は男性。最近、アロマに興味を持ちはじめたとのこと。特に和精油が気になられていたようです。色々とお話をさせていただきました。

実はお電話での問い合わせは男性が多く、内容も商品関係がほとんど。ブログでご紹介した商品の問い合わせなどもあります。スクールも、ちらほらと。

女性はライン@でのスクール問い合わせが多く、続いて商品、サロンの順。

近い将来、男女比率が半々。もしくは女性6~7割、男性3~4割ぐらいでアロマドレッシングのスクールorショップをご利用いただければ嬉しいなと考えております。男女比率がこれぐらいの割合だと、すご~くバランスの良い授業が出来ますし商品の品揃えもかなり良くなるかと思います。

過去、スクールの出張で「男性9:女性1」「女性9:男性1」の割合で2クラスを担当したことがあったのですが まったく授業の進み方が違いましたし、講師に求められる知識なども違ってきました。その時に面白いなあ~と。またこの辺り、ブログで後日記事にしたいと思います。