人工皮膚の時代

数日前、化粧品業界で大きなニュースがありました。
花王が「美容用の人工皮膚を開発した」との発表です。

「ファインファイバー」と言われる技術で、来年度にスキンケアやメイクなどで製品化するみたいです。大雑把にご紹介すると、肌表面にスプレーをすると極薄膜を形成。この膜は違和感なく、肌に密着します。本物の肌と見間違うくらい。

メリットは、通常の化粧では隠すことがむずかしい肌の凹凸&シワなどが均一にカバーできること。それと、人工皮膚の上からメイクが可能なんですね。

ビックリしたのがこの人工皮膚、ピーリングパックのように剥がせるんですね。洗ったりせずに、メイクがそのまま剥がせる。メイク落としが必要でないのは最大のメリットになりそう。

今年はじめ、資生堂も近い形で「セカンドスキン」を発表しています。大手が相次いで、この分野に参入していることから今後「人工皮膚」「人工被膜」の技術が広がり化粧品業界の新たな流れを作ってくれそうな感じがしました。昨日の記事で話題に取り上げました「妊娠線対策」としても期待できそうですね。

なんだか、人工皮膚&人工被膜ってSF映画や特殊メイクのイメージが強いのですが そういったものが現実世界で可能な時代になってきているんですね。

修了式とアロマテラピーアドバイザー認定講習会

本日、他校で担当させていただいたアロマセラピストクラスの生徒様が修了式を終えられました。きっと今頃ホッとされているんじゃないかなあ。嬉しいなあ~♪

このクラスは専属講師のご体調が悪く、途中で私をふくめ6名の講師が入れ替わっての授業でした。大変だったと思います。講師の考え方、手技、得意とする分野もバラバラな訳ですから。それでも、スポンジのように全てを吸収しよう!という向上心の強い生徒様ばかりで救われました。約5カ月間、ほんとうにお疲れさまでした。皆、それぞれの進路で頑張っていただきたいなあと思います。

そして、本日は「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」でもありました。約3時間しべりっぱなしの講習会。講師の持久力はもちろん、それを聞き続ける生徒様も集中力がいります。途中で、精油を嗅いでいただいたり経験談を話したりして講習をすすめました。

今回、お越しいただいた生徒様は既にショップでアロマ販売に携わっているとのこと。嬉しいことに、自社ブランドのスギ精油をプレゼントでご用意くださっていて♪これまた、と~っても良い香り。なんでこんなにいい香りなの!?と思ってお聞きすると、高圧水蒸気圧搾蒸留法で抽出されたものだとか。原材料を高圧水蒸気下でプレスするんですね。樹木系の精油を抽出する際、非常に有効な方法だと思います。

一般的にはあまりない蒸留法ですが、最近ちらほらとプレス式で抽出するメーカーさんも登場してきました。この蒸留法で抽出された香りはとてもやわらかく、そして繊細に感じます。K様、本日はお越しいただいた上にプレゼントまでいただき本当にありがとうございました。

洗濯用洗剤&柔軟剤の香料について

最近、気になることの一つ。市販の洗濯用洗剤&柔軟剤の香りが強く感じられること。昔は適度にシャボンの香りがしたと思うのですが。

と、同じように感じている方が以前おられました。その方の住む地域では、子供の給食当番用エプロンを班単位で一人が持ち帰り各家庭で洗濯しているとのことでした。家庭によっては柔軟剤の香りが強く、洗濯をする際に鼻が辛く感じたり、においもなかなか取れないとのことでした。

今、思えばこの方にウオッシュナッツをすすめてあげたかった。天然の木の実を使った洗剤ですが3~4回洗濯すると、こびりついていた香りがほぼ感じられなくなるんですね。今も、ブログを見てくださっていましたらお問合せくださいませ♪

まあ、そんな小話は横に置いておいて。

自分自身、無香料の洗剤にアロマオイルやら芳香蒸留水やら色々混ぜて実験してみたのですが相当な量を入れないと香りはつかなかったんですね。

このことを洗剤メーカー(植物由来成分を取り扱っている)の営業さんとお話したのですが、同じ意見でした。メーカーも植物性天然香料で香りづけをしようと試みたけど、難しく感じたとのこと。だから、においがどこまでもいつまでも残る状態ってかなりの人工香料が入っているのかな~という結論に。

現場を見てないので何とも言えませんが。少なくとも、耳かき一杯程度の香料ではないなあと思っています。

いつか、人だけでなく環境にもやさしい植物由来成分の洗剤をベースに植物性天然香料でほんのりと香りづけした商品を作りたいなあ~と思っています。洗濯が楽しくなるし、アロマオイルや芳香蒸留水の活用方法もかわってくるかなと。

そんな思いを洗剤メーカーの営業さんに伝えたら「ぜひ、そういった商品を作ってもらいたい!協力しますよ~」と。ありがたい。研究用のテスターやら色々出していただいて密かに試作中です。いつかお披露目できる頃になったら、お知らせしますね。

次世代農業EXPO

本日、幕張メッセで開催されている「次世代農業EXPO」に行ってきました。アロマやコスメ系の展示会とちがって、ご年配の来場者が多いなあ~という印象でした。主に農家さんや、農業に携わっておられる方がほとんどなので年齢層が高いんだと思います。

会場内で、気になったものは「ドローン」「水耕栽培」「6次産業化」です。

ドローンというと、人が立ち入りにくい場所での空中撮影。もしくは、時代がすすんだらスピーディーな配達方法として使えるかな~ぐらいにしか思っていなかったのですが農業分野でかなり注目されていることを知りました。

主には、肥料や薬の散布など。あと、広範囲の面積がドローンで管理できるので畑の測量、病害虫など異常部位の検出。そして驚いたのが、受粉作業!

ドローンを使って、高木性果樹のサクランボ、リンゴ、ナシなどへの受粉作業が可能とのこと。作業能率も手作業の時に比べ50%アップ。思ったよりも効果があるらしいです。ドローンを使っての受粉を思いついたのは、実は青森の高校生たち。農業従事者の平均年齢が60歳を超える町に住んでいるのですが、近隣農家さんの受粉作業はじめ高所作業中での落下事故が絶えなかったそう。地域農業を守るために何かできないか?と考え、ドローンの技術をもつ会社と共同研究となったそう。いいですね~!若い世代の柔軟な発想から生まれるものって。

しかし、昔の農業からは考えれないですよね。ドローンが農業の分野に参入し、人の負担を減らす世の中になるって。この先も色々と期待したいものです。今日、一番おどろいたことでした。

水耕栽培、6次産業化についてはまた機会がある時にご紹介したいと思います。

未来のアロマセラピストさん♪

 

ご縁がありまして、10月から某所のアロマセラピストクラスの授業を担当しています。他の先生方と順番に交代しているのですが、私の担当があと1回になることが名残惜しい。。。このクラスは本当に、皆さん向上心があって何より雰囲気がとてもよくて。毎回、授業を担当させていただくのが楽しみなんです。修了式は16日。皆さん、それぞれの進路で頑張って欲しいなあ~と思います。

私は普段、AEAJ認定教室を主宰しておりますがそこで教えることができるのはアロマテラピーアドバイザー資格までなんですね。それ以上のインストラクター、アロマセラピスト資格になるとまずは法人化。その後、認定スクールの申請を提出しないといけないんですね。そうなると、金額や時間面のハードルが高くて。。。

もうかれこれ8年ぐらい認定教室のままにしています。周囲からは「認定教室→スクールにあげないの?」。生徒さんからは「インストラクターやセラピストクラスはされないのですか?」と聞かれるのですが。

 

今回、フェイシャルやボディーの実技を担当させていただいて思いました。「やっぱりいつかは、認定スクールをしたい!」と。場所は今住んでいる足立区。関西からこちらに越してきて気付いたのですが、足立区&そして近隣の葛飾区はAEAJ認定スクールがないんです。つまり、インストラクターやセラピストの資格を取りたくても区外に出ないといけない。

アドバイザー資格や、認定講習会を通して様々な方に出会いましたが皆さん上位資格になると探さなくてはいけないのが大変で。そういう姿を見るのがジレンマでした。ああ~、生徒さんが再びここを選んでくれるとは限らないけども少なくとも近くで通えるスクールがあったらだいぶん楽になるんじゃないかな~って。

なので、いつになるかは分かりませんがそういう方向性で考えております。

そうそう!アロマハンドセラピストに関してもちょくちょく問い合わせをいただいておりますが、こちらは先日申請を提出しました。来年度には開講できる予定なのでもうしばらくお待ちください。

都内・中央区 秋の学び伝えつながる祭

気付けば、1週間近くブログの更新をしておらず(汗っ。。。)
イベント関連の打ち合わせや商談が続いており、なかなかフル稼働できておりませんでした。

そして先週の土曜日は、築地社会教育会館にてアロマワークショップを。友人のブースを間借りさせていただく形で出展しました。

アロマルームスプレーと、神戸産クスノキチップを使った香り袋作りの二本仕立て。

ルームスプレーは、お部屋のイメージで⑤タイプのうちから選んでもらいました。

例えばカジュアルは柔らかくて冷たいイメージを出す為に、柑橘系やハーブ系の精油(グレープフルーツ・薄荷etc)をブレンド。

ロマンティックは柔らかくて温かいイメージを出す為に、柑橘系やフローラル系の精油(オレンジ・イランイランetc)をブレンド。

色々な方に香りを嗅いでいただいたのですが、5タイプとも偏りがなく均等に票が集まった感じでした。意外に受けが良かったのが「和」と「重厚感」。和はベチバー、重厚感はコーヒー&ぽんかん精油をアクセントに使用。これがなかなかマッチしており、日が経過する毎になじんでくるブレンドです。

さて!お待たせしました。10月のアロマクラフト講座はハロウインに向けて「オレンジポマンダー作り」「ハロウイン風 石鹸作り」をご案内予定です。詳細は今週中にはアップできるかと思います。

梨狩り♪

千葉県へ梨狩りに行ってきました。最近、知ったのですが梨の生産量って千葉県が一位なんですね。なんでも、二十世紀梨の発祥地も千葉の松戸市らしいです。ずっと、鳥取かと思ってました。

梨18個で¥1700ほど。

めずらしい「新高」「新星」の品種もGET! 明日はスクール&サロンで大好評の「梨のビネガーシロップ」を作りたいと思います~。9/20以降、ご来店される方は「千葉県松戸市産の梨ビネガーシロップ炭酸割りor水割り」をお出ししますよ~。品種は、少し酸味の強い豊水です♪

災害

関西の台風被害も復旧が進まないまま、次は北海道の大地震。ほんと、日本どうなっているの!?と。尼崎~大阪に住んでいる弟や妹と連絡をとってみたのですが、近所中の屋根や物置小屋が降ってきてもう少し風が強かったら窓割れていたわ~と。送ってもらった画像も、ありえない光景で。。。何より、電気がストップしていたので道路の信号機が機能していなく怖かったとのこと。電気は昨日の段階でも復旧していない町があったようですが、本日はどうだったのでしょうか?

明日は、お仕事の関係で北海道の方がサロンにいらっしゃいます。幸いなのか、地震時は東京入りしていたよう。被害には遭われていなかったのですが、道内の物流が全てストップした関係でその対応に追われていたのだとか。自然災害が起こると、日常生活のすべての機能がフリーズしてしまいます。そう考えると、昔に比べると便利で豊かな生活になったけど芯の部分は何もかわっていないんだ、とも思ったりします。

台風

今回の台風、東京も外出先で足元がふらつくほどの強風です。先ほど、ベランダの網戸が勝手に左から右へ瞬間移動したのには驚きました。

関西はもっと被害が大きいようで。。。皆さま、ケガなどされていませんか?フェイスブックで友人の投稿など見ていると、その凄まじさにただただ唖然です。

ここ数カ月、立て続けに豪雨・台風などの被害が関西に集中しているので正直胸が痛いです。皆さん、心休まる時もなく気が滅入っているんじゃないかと。

実は10日ほど前の台風で、実家がある須磨も相当な被害を受けました。須磨はわりと冠水などの影響が少ないのですが前回の台風では違っていたようです。管理している駐車場なども、ガレージが壊れたり倒木があったりと連絡を受けました。業者さんに連絡をすると、台風の影響で朝から電話が鳴り止まない状況でなかなか来ていただけなくて。明日、ようやく来ていただけるのですが今回の台風でさらにどうなっているか心配です。幼少の頃、よく訪ねた須磨の海づり公園も年内営業の目処が立たなくなっていることをニュースで知りました。

前回の豪雨・台風で復旧もままならず今回の台風。1日でも早く平穏な日々が訪れることを願っています。

通信機器ダウンの日

昨日、急に家の電話&インターネットがつながらない状態になりまして。ご連絡いただいていた方々、非常に申し訳なかったです。

うちだけかな~と思いきや、同ビル内の上下階にお住いの方々も「電話が使えない」「インターネットがつながらない」と。ビル全体に影響があったようです。今日、NTTの方が来られて理由が判明。ビル内の通信機器が劣化していた為だそう。またこのタイミングに限って、お隣で工事をしていたんですね。

私も含め「工事が原因」だと疑いの目を向けていたのですが。。。工事関係者がNTTの方に「みなさんに、くれぐれも工事が原因ではなかった!ことをしっかりとお伝えください。」と。

そりゃ、そうですよね。身の潔白を証明したいよねと。
思いっきり、疑ってました。ごめんなさい~。

それにしても、通信機器が全く使えない状態だと生活が不便になることを知りました。電話、メール、FAXの送受信もできない。インターネットも使えない。不便さを感じるほどの情報社会になったんだなあと。

数十年前ってインターネットもなければ、メールやファックスでやり取りすることもなかったですよね。たとえ、1日通信機器が止まったとしても、生活が成り立っていたように思えるのですが。

ファックスが導入されたのは、いつ頃だったかしら?携帯を手にしたのはいつからだったのか?色々と周囲にある通信機器を見ながら、思いを巡らせていました。