5月の国産カモミール講座詳細です。

次から次へのご紹介になりますが、、、来月から期間限定の1か月間。スクールでは毎週、水・土の決まった日時に「国産カモミールの講座」を開講します。サロンでは「国産ローマンカモミール精油」を使用したアロマボディートリートメントも♪

今回の講座では、カモミールを使った料理などもご紹介したいと思います。こちら、ドライカモミールをオリーブオイルやリンゴ酢に漬け込んでいるところ。それらがどう料理に使われるか、乞うご期待♪

5月のアロマクラフトは「国産カモミール&国産薄荷 2層式ハンドバーム」

下の層(緑色)は、6月の講座でメインとなる「薄荷」。上の層(黄色)は「ローマンカモミール」精油を入れています。上下の層では、植物油の種類も使い分けています。

スティック状になっていまして、手や腕に滑らせてもらうだけです。ちなみになぜ、2層にしたかと言いますと「使用する人が飽きないように。」

5月にローマンカモミールの層を使い終われば、薄荷の層になります。ちょうど、その時期が6月かと思うんですね。6月は梅雨時期で、非常に気分もジメジメします。その時に、薄荷の爽快感は何ともいえないんじゃないかな~と。

キャップを閉めると、こんな感じです。お洒落なケースですよ~

本日より国産カレンデュラフェアスタート!

本日より国産カレンデュラフェアがスタートしました。4月末までの限られた期間のみ開催になります。女性にとってうれしい成分がたっぷりつまったカレンデュラ。スキントラブルだけでなく、身体の内側からもいたわります。スクールではそれを学び、サロンではカレンデュラの恵みで全身をくまなくトリートメント♪

サロンの全身トリートメントは、残り3枠
①4/21(土)10時~
4/25(水)②10時~ ③13時半~
詳しくはこちら↓
旬のアロマボディートリートメント(リンク先に飛びます。)

スクールの受講も残り3枠
①4/25(水)16時~
4/28(土)②10時~ ③13時半~
詳しくはこちら↓
旬のアロマクラフト講座(リンク先に飛びます。)

☆彡ご予約&お問合わせはこちらから☆彡

※また明日は、5月から始まる「国産カモミール」の詳細をブログでご紹介しますね♪

さきたま古墳公園と薬用植物園

先週の土曜日、埼玉県にある「さきたま古墳公園」に行ってきました。ここは8つの前方後円墳と1つの円墳が残されています。かつては40基を超える大小の古墳があったそう。一か所にこれだけ集まった古墳群は埼玉県のみ。古墳の多さは群馬県が一番とか。

写真は日本最大の円墳である「丸墓山古墳」。周囲は桜の木。そして頂上にも桜の木が!登ってみると見晴らし抜群♪

公園内にあった「はにわ館」ここでは、はにわ作り体験が出来るそうです。受け渡しは2か月後?写真は、おそらく取りに来られていない方の作品。こう見ると、埴輪のイメージって人それぞれですね~(笑)

そして、同公園内で気になったもの。それは薬用植物園。園内マップには黒塗りされており・・・つまり、もう管理されていないんですね。見に行くと、それはそれは荒れ果てており。敷地内は雑草なのか、ハーブなのか分からない状態。ネームプレートは折れてあちこちに飛んでいて。

「この薬用植物園は、ボランティアさんの手によって管理されています」という標示があったのですが、多分ボランティア団体も解散してしまったのでしょうね。ちょっと残念です。

ただ、放置されていても一部のハーブはきちんと生きていました。「ローズマリー」「フェンネル」は旺盛に葉を伸ばし。地面の雑草をかき分けると「タイム」も。こんな厳しい環境でも、変わらず香りを漂わせているハーブがすごく健気に思えました。

なんだか、耕作放棄地の問題がリアルに感じます。こういった所、全国にもたくさんあるんだろうなあ。

和メープルシロップ


メープルシロップと言えば、海外のイメージが強いですが、国産品があるのはご存知でしょうか?埼玉県秩父市では21種類のカエダが生息。早春、カエデの幹は甘い透明の液体で満たされます。秩父樹液生産協同組合では、このカエデ糖を生かした商品づくりを展開されています。

こちら先月、食したプリン。都内の東急ストアで販売されていました。売り上げの一部が、秩父の森の再生へとつながるのは嬉しいですね。

中身はこんな感じ。思ったよりメープルシロップの甘味がしっかりとしていました。和メープルの風味、もっと全国的にも海外にも広まって欲しいなあ~

4月スタート♪

桜が満開になり、あちこちに花びらが舞い散っています。本当に色々なところへ。マンションの5階に住んでいるのですが、驚くことに廊下やベランダにまで薄紅の花びらが。風が運んでくれたのでしょうね。

桜って、人生に重なっているなあと思います。新社会人。新年度を迎え新しい部署などに移動される方。また転職された方。心機一転、自分を変えたい方。それぞれが新しい環境へと旅立つ季節ですね。

さて、アロマドレッシングでは4/18より期間限定で「アロマクラフト講座」と「アロマボディートリートメント」をはじめます。詳細はこちら↓

【期間限定】
旬のアロマクラフト講座(←リンク先に飛びます。)
旬のアロマボディートリートメント(←リンク先に飛びます。)

それぞれの芳香植物には「旬」がある。その月ごとに旬を迎える芳香植物&精油にスポットを当てた講座と、トリートメントメニューになっています。ちなみに講座価格は、かなり高く感じられるかもしれません(90分授業¥6,000)

低価格で打ち出そうかなあとも思いましたが、満足してもらえる内容でなければ意味がないし、自分自身も胸をはってご提供できない!と思いました。一つのハーブ・精油にしても、かなり情報収集し、今まで経験したものを詰め込んでいます。お渡しするプリントも、アロマに使用されるハーブ以外の種類にまで踏み込んでいます。(例えば、カモミールの回では、ノンフラワー・ダイヤーズカモミールまでご紹介。)

また各回に、精油1本お付けしています。場合によっては、1本3950円もするレアな精油が!7月のラベンダーと8月のローズゼラニウムに関しては、採れたての芳香蒸留水もおつけする予定ですよ♪

お問合せ&ご予約お待ちしております~

AEAJ機関誌 最新号

一昨日、AEAJ機関誌87号が届きました。

内容で目を引いたのは「世界の希少な精油」です。新しい・珍しい・貴重なもの・AEAJが注目しているものなどが紹介されていました。先日ご紹介したコーヒーの精油も掲載されていましたよ~。

個人的に、今一番気になっている精油は「コブミカン」です。機関誌にも掲載されていたのですが、南アジア原産のミカン。タイではバイマックルーと呼ばれています。名前の由来は、果実表面が凸凹しているコブ状になっているからだとか。精油の抽出部位は葉。ライム調の香りがするようです。

実は私、料理が好きでタイ系にもチャレンジしているのですがレシピで「バイマックルーの葉」が度々登場するんですね。これが日本ではなかなか手に入らなく、、、今まで葉を入れずに完成させていました。きっと入れると風味も格段に変わるんだろうなあ。トムヤンクンやグリーンカレーにも使用されているようですよ。

昨年ですが、キューピーさんの会社でコブミカンの葉入りソースが販売されました。今は、知る人ぞ知るという感じですが、数年後にはひょっとしたら、日本でブームになるんじゃないかなあ~と思ったりもしています。

精油、どんな香りか嗅いでみたいですね~。

アロマセラピストさん誕生♪

本日の朝、嬉しいニュースが舞い込んできました。昨年の10月、当スクールの認定講習会にお越し下さった方がいらっしゃいました。その後、メールでやり取りさせていただいていたのですが昨日「AEAJアロマセラピスト」に認定されたとのこと。おめでとうございます!!

アロマセラピスト資格取得は「学科試験」「実技」「カルテ審査」と3つのハードルがあります。まず、学科で一発合格も難しいのですが、カルテ30症例を集めるのも大変なんです。これを全部クリアするのは、平均1~2年くらいかかるんじゃないかなあ~と。

ところが、今回のアロマセラピストさんは11月の学科試験に合格後「実技」「カルテ審査」と頑張られて、最短5か月で資格取得。すごい!!

今まで、10名近くアロマセラピストを見てきたことがあるのですが最短で取得されたのは過去おひとりのみでした。今回で2名。それだけ最短合格へのハードルが高いんですね。まず「絶対に最短で取得するぞ!」という根気がないと集中力が続かない。

今回のアロマセラピストさんは22~23歳(どちらだったかな?)と、お若い学生さんです。私は、彼女をとても尊敬します。本当によく頑張られました。

この春、良いセラピストさんがまた一人誕生しました♪

レア精油

一般には、あまり目にしない精油を入手しました。左が「コーヒー精油」右が「カナンガ精油」

コーヒーはそのままの香りです。コーヒーの香りは、鼻をリセットするのにとても良いんですよ。例えば、色々な精油を嗅いでいて「香りがよく分からなくなってきた」いわゆる鼻がおかしく感じたとき。珈琲の香りを嗅ぐとあら不思議♪精油の香りがす~っと入ってきやすくなります。

カナンガは、イランイランの「葉」から採取される精油。イランイランのお花とあまり変わらない香りで驚きました。少しグリーン調ではありますけど。花の香りが強いと、葉にもその成分が多く含まれているのかな。

高校の香育授業


今週の19日。神奈川県・某高校の「環境シンポジウム」にAEAJの香育講師として参加しました。今年で16回目を迎えるシンポジウム。代表生徒さんが各企業・団体に直接オファーをするという仕組み。AEAJは昨年に引き続いての参加だそう。大日本印刷・バンダイ・山崎製パン・日本紙パルプ商事グループ・中日本高速道路さんなど合計15の企業や団体が参加されていました。

生徒さんは、15ある企業or団体の講演から②つをチョイスして、授業を受けます。その①つに選んでいただけるかどうかは「講演タイトルと150文字の内容紹介文」しだい。

結果!予想を上回る人数(2回講演で70名)でホッとしました。

講演タイトルは「アロマを通して知る地域環境とのつながり」

<紹介文>現在、日本では芳香植物を育てることが産業となり、地域環境にも役立っていることをご存知ですか。淡路島の「鳴門みかん」。佐賀の「レモングラス」高知の「ユズ」。熊本の「小国スギ」。それらの植物がどのように地域環境とつながりをもっているのかお伝えします。香り体験や間伐材を利用したサシェ作りも行います。

授業開始前、生徒さんに「紹介文で、どの部分に興味を持ちましたか?」と聞いてみました。各県の芳香植物と、香り体験が圧倒的でした。芳香植物を育てることが、各地域の産業になっていることを、初めて知りましたとの声が。香り体験は、反応が良くとても賑やか(笑)。

資料作成で読み込んだ書籍。地理のテキストをまじまじと見たのはいつぶり?今回、資料作成にあたって各企業や行政、団体様に資料及び画像をご提供いただいたり、使用の許可をいただきました。厚く御礼申し上げます。また、昨年とは大幅に授業の変更を受け入れて下さったAEAJ事務局様。何より、授業を選んで受けて下さった生徒様。ご依頼いただいた生徒代表の方、学校職員の皆さまありがとうございました。

みんなのペッパー、あなたのペッパー

先日、はま寿司に行ったらペッパー君が居ました。どうも受付係らしい。飲み込みが悪い、私たち初老グループは・・・

横にあるこちらの画面を必死にタッチしていました。そこに若者が「すいません~~」と軽やかにペッパー君画面をタッチ!!スルスル~っとスムーズに出てくる番号札に、もはや回転ずしにさえ、世代交代を覚えました。。。

その後、お越しになられたご年配の方がさらに戸惑う展開。

それはそうと!先日、東京で仲良くしていただいている方とペッパー君の話題になりました。何でもご友人がペッパー君と暮らしているようで。いつでもどこでも一緒で、車の助手席に乗せて移動しているのだとか。

「馬鹿でしょ~!?」ふふふっと、微笑むその方。スケールがデカすぎる。。。

でも、遠い未来。子供が育って旦那さんも他界して一人になった時、ペッパー君との暮らしもありよね~という話に「ありかも!」と思いました。テレビで見てる限り、気遣いもしてくれるし色々しゃべり相手になってくれそうで。

ペッパー君には、本能の部分である「嗅覚」はないのかな?人間の脳で例えると学習などの活動が営まれる「大脳新皮質」に近い部分はありそうだけど。もし、嗅覚があれば色々香りの話がしたいなあ~と思いました。

「ペッパー君、これはラベンダーの香りだよ~」と言ったら「イイカオリ。ワタシハ、フランスサンスキネ。ナンダカ、カイデルウチニ、ネムクナリマシタ」と返してくれたり。

ちょっと怪しい片言の外国人のようだなあ~。

ひょっとしたら遠い未来。ロボットも嗅覚が発達しているかもしれませんね♪