第39回アロマテラピー検定

昨日はアロマテラピー検定!受検された皆さま、お疲れ様でした♪
今年の後半 ご縁が会った方々が多く受検されました。こんなに固まったことはないなあ~と思うくらい。来年1月に1~2級テキストも改訂され1冊のテキストになります。節目となる時期だからでしょうか?とくに印象深い回となりました。

今回の検定は10,238名の方が申し込まれ、全国38会場にて開催されたようです。

結果通知の発送は、12月5日(水)予定。
12月12日(水)を過ぎても届かない場合は、アロマテラピー検定事務局(TEL:03-3548-3403)にお問合せください。

アロマドレッシングのアロマテラピーアドバイザー認定講習会は12月中旬~1月中旬を予定しております。また11月後半あたりにスクール欄にてお知らせいたしますね~。合格されましたら、ぜひお越しください~♪お待ちしております。

第39回 アロマテラピー検定対応コースのご案内

アロマテラピー検定対応コース、および直前対策2級・1級講座のご案内です。なお、アドバイザー認定講習会につきましては10月1日(月)~20日(土)にかけて随時行います。只今、ご予約承り中です。


11月4日(日)開催「AEAJアロマテラピー1級、2級検定」試験対応コースの日程が決まりました。1~2級試験に対応しているだけでなく、アロマテラピーアドバイザー認定資格が取得できます。

アロマドレッシングは、曜日毎ではなくフリークラスとなります。9月1日(土)~11月3日(土)まで全5回分の(2.5時間×4回 2時間×1回)ご予約をお取りください。<日時は、受講者様と講師のスケジュールと合わせて決定いたします>ご予約はまとめてでも可能ですし、その都度お取りいただいても構いません。

■第39回アロマテラピー検定対応コース【受講締切日:9月30日(日)】
■受講期間:9月1日(土)~11月3日(土)まで
■受講可能時間:AM10時~PM21時
■所要時間:2.5時間×4回 2時間×1回の全5回 別途、アロマテラピーアドバイザー認定講習会3時間×1回<講習会につきましてはアロマテラピー検定1級合格後のご案内となります。>

■受講料金:32400円※分割払い可<アロマテラピー検定1、2級テキスト代込み。アロマテラピーアドバイザー認定講習会代込み。アロマクラフト作成代込み。直前対策試験&香りテスト付き。毎回、兵庫県産のハーブティー&お茶付き。>

※お支払いは、銀行振込・ゆうちょ・直接ご持参どれでも可能です。
※分割払いは3回まで可能です。
※アロマクラフトは4回分の作成です。
※最終日は直前対策試験(香りテスト付き)になります。

■場所:アロマドレッシングにて
■持参物:筆記用具

◇お申し込み方法:お問合せフォームのメール、もしくはお電話(03-5856-1640)にて。※初回、お越しいただける日を、第2~3候補までお伝えいただけると幸いです。


■アロマテラピー検定2級 直前対策講座【受講締切日:10月28日(日)】
■日時:①11月1日(木)18時半~21時 ②11月3日(土)10時~12時半
■所要時間:2.5時間
■受講料金:¥5000
■持参物:筆記用具
※模擬テスト&香りテスト付き!
※本番までに役立つ「追い込みポイント」シート付き!

■アロマテラピー検定1級 直前対策講座【受講締切日:10月28日(日)】
■日時:①11月2日(金)18時~21時 ②11月3日(土)14時~17時
■所要時間:3時間
■受講料金:¥6500
■持参物:筆記用具
※模擬テスト&香りテスト付き!
※本番までに役立つ「追い込みポイント」シート付き!

◇お申し込み方法:お問合せフォームのメール、もしくはお電話(03-5856-1640)にて。※お越しいただける日時をお伝えください。

アロマテラピー検定公式テキスト改訂について

先月、AEAJから認定教室に案内が届いておりました。アロマテラピー検定公式テキストが来年の1月に改訂されます。現テキストは2015年度版。そろそろ新テキストが出るのでは?と思っていました。大体、4年毎に改訂されています。

詳細はこちら↓
AEAJサイト(アロマテラピー検定公式テキスト改訂のお知らせ)

おおまかにまとめますと、現在のテキストは1級・2級用と分けて販売されているのですが「1冊の本」になります。1冊で1.2級どちらにも対応できます。そして新たに「アロマテラピー検定 公式問題集」が発行されるそう。これは良いですね。今まで公式問題集がなかったものですから、みなさん手探りの状態で検定試験を受けられていたかと思います。

改訂に伴い、現テキストでの試験対応は「2019年度11月3日のアロマテラピー検定」までとなります。現在、2015年度版のテキストをお持ちで、試験を受けられていない方は「今年の11月・来年の5月・11月のアロマテラピー検定」までとなりますのでご注意下さい。

どんなテキスト内容になるのか、今から少し楽しみです。分厚いテキストになるのかなあ。

アロマテラピーアドバイザー認定講習会

第81期、当スクールのアロマテラピーアドバイザー認定講習会は本日で終了いたしました。ご来店、お問合せありがとうございました。
次回は6月下旬より募集いたします。

先週は、埼玉県からアロマテラピーアドバイザー認定講習会にお越し下さった方が。近隣区以外からも、お越しいただけるのはとてもありがたいことです。当スクールまでは30分ほどとのこと。

受講者様は3年前にアロマテラピー検定1級に合格。以来、芳香浴・入浴法と、常日頃からアロマを活用されてきました。上位資格を目指す予定はないですが、本当にアロマがお好きで慣れていらっしゃるなあ~という印象を受けました。今後、さらに幅が広がってくれたらと思います。

そうそう。毎回の講習会後、好きな精油を試香紙やウッドチップに付けてお持ち帰りいただいています。香りの選択は、受講者様によってさまざま。過去には、イラン・イラン、姫小松、ベルガモット、国産ネロリなどが。今回の受講者様は、コーヒーの精油を選択されました。

コーヒーは入荷したばかりで使い道を色々と模索中です。コーヒーの木の種子から採取される精油で少し粘性があります。深みのあるコーヒーの香りが特徴。香りの系統ではスパイス系にあたります。豆自体に脱臭・酸化防止作用があるとされています。脱臭としては、玄関の靴箱、車の匂い防止に使えそうかな。その際は、新聞紙を軽く丸めて精油を3滴量垂らし気になる場所に置くといいですよ~。ティッシュだと、粘性があるので周囲についてしまう恐れがあります。香りのもちは2~3日ほど続くかと思います。

あと、男性はコーヒーの香りがお好きな方多いですね。ちょっとしたプレゼントに、香りづけしても喜ばれそうな気がします。

ブレンドをする場合、柑橘系(スイートオレンジやベルガモット)を加えると、ほどよく甘い感じになります。スイーツみたい。あとは、数年前から「ミントコーヒー」がじわじわっと流行っているようなので、香りの応用として「コーヒー&ペパーミント精油」のブレンドもおすすめですね~。

アロマテラピーアドバイザー認定講習会

本日、急遽 アロマテラピーアドバイザー認定講習会を開きました。というのが、アロマテラピーアドバイザー履修証明書提出日が1/15までであること。またAEAJ直接開催の認定講習会の申し込み締切日が1/10。アロマドレッシングの認定講習会最終日が1/11。1/12にご連絡いただいた時にはすべてが締切になっており、受講者様が相当参っておられました。

今回を逃すと、3/1のアロマテラピーアドバイザー認定日が6/1と三か月後になってしまうんですね。結果、上位・専科資格をとりたくても時期がさらに延びてしまう。

どの認定教室&スクールさんにも断られたようで・・・。2日間のうちに講習会を受講いただき、かつ履修証明書をスピード提出しなくてはいけないというのが理由だと思います。

私も一度は、お断りしたのですが電話を切ったあと何か諦めきれない。何か方法ないの?と思いAEAJに問い合わせを。

1/15は当日消印で良いとのこと。またAEAJ末入会でも、1/15までの手続きで受講可能であることの2つを確認しました。

あとは、こちらと受講者様のスケジュールが一致したのでお受けすることに。間に合って良かった~。受講者様はお若い20歳。今後はセラピスト資格を取りたいとのことです。可愛らしくて柔らかい雰囲気の彼女。良いセラピストさんになってくれるような気がします。風邪をひかれていたので、お家に戻られてから悪化していないかなあーとちょっと心配です。

そうそう、アロマドレッシングでは通常のスクール&サロン&販売業務は土日祝はお休みにしているのですが、検定試験対策、認定講習会と資格に関するものは開講しております。

理由は、資格取得の機会をこちらの都合で失って欲しくないからです。資格は一生ものです。とれる時にとっておいて欲しいなあと思います。また次回、と思ったときには病気になっているかもしれないし、あるいは家族の介護をしているかもしれない。女性だったら、妊娠や出産もあります。だから、思い立ったときが吉日ですよ~。

アロマテラピー検定

本日、アロマテラピー検定の日でした。
受験された皆さま、お疲れさまでした。

今回は、全国37会場にて11,524名のお申し込みがあったようです。

結果通知の発送は、12月6日(水)の予定だそう。
12月13日(水)を過ぎても届かない場合は、必ずアロマテラピー検定事務局(TEL:03-3548-3403)までお電話なさってくださいね。

アロマテラピーアドバイザー資格認定とアロマセラピスト学科試験について

先週、アロマテラピーアドバイザー認定講習会にお越し下さった方からいただいた質問です。
「アロマテラピーアドバイザー申請中にアロマセラピスト学科試験があるのですが、大丈夫ですか?」

具体的には、当スクールでアロマテラピーアドバイザー認定資格の手続きをされ、他校様でアロマセラピスト対応資格コースで学ばれている方です。スケジュールとしては同時進行の流れです。

AEAJの認定校or認定教室でアロマテラピーアドバイザー認定講習会を受けると履修証明書というものが発行されます。それを受講者様に直接AEAJに郵送してもらいます。後日、AEAJから関係書類と登録申請料に関する案内が送られてきます。受講者様に登録申請料をお支払いいただき、さらに後日アロマテラピーアドバイザー認定という流れになります。

今期では、履修証明書提出日締め切り日が10/25 AEAJからの関係書類一式送付予定日が11月中旬 さらにアロマテラピーアドバイザー認定日12/1となります。

それに対し、アロマセラピスト学科試試験日は2017年11月26日(日)
申し込み期間は2017年10月11日(水)〜10月25日(水)

アロマテラピーアドバイザー認定日は12/1。なのにアロマセラピスト学科試験が11/26。おいおい、大丈夫か???って、そりゃなりますよね。

今期、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受けられ10/25まで履修証明書を提出し所定の手続きをされた方は、上位資格であるアロマセラピスト学科試験が受験可能とはアナウンスされていたのですが。どういう理屈か?までは考えていなかったんですね。今回、聴講者様からご質問があり気づかされました。

AEAJに連絡を入れてみました。
①アロマテラピーアドバイザー履修証明書
②アロマセラピスト学科試験申込書
この2点がAEAJ側に到着すると

「ああ、この方は今期アドバイザー資格を申請中にアロマセラピストの学科試験を受験される予定だ」と認識し、一般の方よりも早くアロマテラピーアドバイザー手続き書類一式を送付しますとのこと。(11月中旬よりも前倒しですね)

そして、認定料をお支払いいただいた時点で「アロマテラピーアドバイザー」としてみなし、アロマセラピスト学科試験が受験可能という流れになりますとの回答。

聴講者様にお伝えしたところ

アロマセラピストの学科申し込みの際、アドバイザーの資格取得済みが条件となっているけど、これを済んでいるとして手続きを行い、学科試験前にアドバイザーの料金を払い取得すれば、学科試験を受けられるという流れですね。

とご理解いただけました。

認定日と学科試験日にズレがあって非常に分かりにくいですが、同パターンの方がおられましたらご参考程度に。

N様、この度はお越し下さりありがとうございました。勉強時間を作るのは大変だと思いますが、アロマセラピスト学科試験頑張って下さいね♪

2018夏期 AEAJアロマテラピーアドバイザー認定講習会

AEAJ認定教室主催の「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」につきまして

アロマドレッシングでの開催時期は2018年6月18日(日)から7月7日(土)までになります。日時は受講者様のご希望に合わせています(所要3時間。AM10時~PM18時※1日完結です。)

※通常、日祝はお休みをいただいておりますが「アロマテラピー検定対応コース」及び「アロマテラピーアドバイザー認定講習会」につきましては受付けております。

■第81期アロマテラピーアドバイザー認定講習会[受講締切日:7月2日(月)]
■開催日:2018年6月18日(日)ー7月7日(土)
■開催時間:AM10時~PM18時
■所要時間:3時間
■受講料金:5140円<テキスト代込み>
■場所:アロマドレッシングにて
■持参物:筆記用具 AEAJ機関誌の最新号(お持ちの方のみ)資格マニュアル 証明写真一枚(当日発行する履修証明証に貼付いたします。サイズ縦3cm×横2.5cm)

◇お申し込み方法:お問合せフォームのメール、もしくはお電話(03-5856-1640)にて。※ご希望を第3候補までお伝えいただけると幸いです。

【2018夏期版 受講後からアドバイザー資格取得の流れ】
①アロマドレッシングにて認定講習会終了後、履修証明書を発行いたします。
②受講者は履修証明書をAEAJに2018年7月10日(火)までにご郵送ください。
③AEAJから受講者宛に「登録手続き書類一式」が届きます。大体の目安:8月中旬
④手続き関係が終了しますと、アドバイザー資格取得となります。認定日の目安:9月1日

アロマテラピー検定対応コース 生徒様募集中です。

11/1開催予定のAEAJアロマテラピー検定1~2級に合わせて「アロマテラピー検定対応コース」の募集を開始しました。

詳細はこちらで載せていますので、宜しければご覧ください。

アロマドレッシングは、須磨区で唯一のAEAJアロマテラピーアドバイザー認定教室となっております。1級合格後、アロマドレッシングにてアドバイザー認定講習会を受講され所定の手続きが完了しましたら、AEAJアロマテラピーアドバイザー資格が取得できます。

今回、7/30に公式テキストが改訂されたこともありアロマドレッシングではカリキュラムを再編致しました。受講料も公式テキスト代込み(1~2級)になりました。

AEAJのアロマテラピーアドバイザー認定講習会へ


一昨日、AEAJ直接開催のアロマテラピーアドバイザー認定講習会へ参加してきました。

AEAJ直接開催のアロマテラピーアドバイザー認定講習会は年に2回あります。この講習会はありがたいことに、私達AEAJ認定スクール&認定教室の講師も参加できるようになっています。

都合が合う時は出来る限り参加していますが、ここ1年ほどタイミングが合わず久しぶりに受講しました。今回、いいタイミングで参加出来て良かったです。なぜなら講習会テキストが最新版になっていたからです。それにより、内容も例年と違っていました。

今回アロマテラピー検定テキストが改訂された事、またアロマセラピスト取得の際今年からフェイシャルトリートメントの範囲が追加された事。これらが基となって講習会テキストの追記が増えてました。

具体的には、今まであいまいだったフェイシャルトリートメントにおける精油希釈濃度が「0.1%~0.5%」に規定されていること。またトリートメントを行う際、注意が必要な精油に「イランイラン・ジャスミン・ティトリー・ブラックペパー・ペパーミント・メリッサ・ユーカリ・グレープフルーツ・ベルガモット・レモン」が明記されていること。

上記の2つはとても大きいと思いました。フェイシャルトリートメントは今までアロマセラピストの教習範囲になかったこともあり何となく「0.5%~1.0%くらいの精油希釈濃度で、、、」と暗黙の了解?になっていたのですが今回この規定によって、上限が0.5%になり少し安心しました。

と、言うのもフェイシャルは身体と違い反応がでやすい部位です。まぶた周囲は特に皮膚が薄く敏感な部分です。自分自身、0.5%~1.0%濃度でトリートメントをしてみてフェイシャルは0.5%以下に抑えないとトラブルが出やすいのでは!?と懸念していたからです。

その方の肌質によっては0.5%ではなくそれ以下に抑える必要があります。ちなみに、AEAJではボディートリートメントの精油希釈濃度は1.0%とされています。

話はそれましたが、今回受講された方々は最新の情報が入手できたことかと思います。一ヶ月後に資格認定されますがアロマテラピーアドバイザーとして色々とご活躍下さいね。陰ながら応援しています♪