第一回 ひょうご環境担い手サミット

先日、ひょうご環境担い手サミットにスタッフとした参加しました。役割は総合司会・・・。大丈夫か、私。。。

前日リハーサルの為、兵庫県環境政策課の職員さんと集合した場所は


兵庫県公館大会議室。なんか重厚感漂います。

こちらは入り口付近。

当日、会場内はライトアップされ 豪華なシャンデリアが!

サミットが開始されるまで間の光景。


当日はポスター展示もあったり

バイオマス燃料となる原料の紹介も。

サミットの開始が近づいてきました!

枝光のぽつんとした席。このマイクを使って、司会進行を。

当日は、低炭素、自然共生、循環、水や空気の安全・快適など、様々な環境保全・創造活動に取り組んでいる担い手のみなさん約250人が兵庫県公館に集まりました。

兵庫県の良いところは、環境に関しても「山、川、海、資源エネルギー、防災」などさまざまな分野の方々が集結する場が多いなあ~と感じます。なので、活動が横に広がりやすい。

パネルディスカッションのあとは

グループディスカッション

テーマは「地域の環境課題を解決する“エコラボレーション”で何ができるか」

グループごとに、話しあっています。それらを付箋に一人ずつ書き出し

模造紙に貼り付けます。付箋の山!!

思わず立ち上がっているグループもありました。それだけ、皆さん真剣に議論しているんですね。

いっぱい、いっぱい話しあっています。

最後にグループごとの発表を。それぞれの得意&専門分野を生かし、地域の環境問題解決に向けて何ができるか?様々な意見が出ました。

この兵庫県の素晴らしい取り組みが、毎年開催されることを切に願っております。