~国産カレンデュラ フェア~

4/18(水)より、国産カレンデュラフェアが始まります~。水・土の開催。最終は4/28(水)!4日間だけの限定企画ですのでお見逃しなく!!

使用するものは、こちら淡路島産カレンデュラ「Muraji」シリーズのオイル。「むらじ」は淡路島で大正の頃より栽培されてきたカレンデュラ(=キンセンカ)の品種。国内でも栽培実例が非常に少なく、鮮やかなオレンジ色の大輪の花が特徴です。農薬不使用。


元々カレンデュラオイルは大好きで、他メーカーの商品を比較しながら使用してきました。「Muraji」は、びっくりするぐらいオレンジの鮮やかさが違います。秘密は、花びらをオイルにそのまま漬け込むのではなく粉末状にしてから。これには結構な技術が必要だそう。原料となるオイルは淡路島産の「ひまわりの種」。昔ながらの焙煎圧搾法で島内で一貫生産されています。

講座では「リカバリースポットオイル」のクラフト作り。頭の先から、爪先までスポット的な【カサカサ】【ガサガサ】をオイルでケアしましょ♪

おすすめの使い方は、お爪のケア。爪の根元にのせてなじませるだけ。ジェルネイルをされている方は、特におすすめ。ジェルの浮き防止につながります。

サロンではアロマボディートリートメントの際「Muraji」オイルを1/3量(10ml)加えます。カレンデュラオイルは、値段がはりますし他サロンで使用しているところは非常に少ないかと思います。アロマのクラフト作成でも10ml以下で扱うところが多いのかな?4日間のみになりますが、ふんだんに入れて全身をトリートメントさせていただきますよ~♪

ハトムギの良さって!?

【画像:ハトムギ精白粒】

ハトムギには食物繊維、脂質、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれています。なかでもビタミンB1・B2は、糖や脂質、タンパク質をエネルギーにかえる力や皮膚と粘膜の健康維持を助ける働きをします。

全体的な特徴では、肌の新陳代謝を理想的な28日周期へと導いてくれることです。28日周期に整ったお肌は、一つ一つの細胞がしっかりと水分や油分を抱え肌の下から上へとあがってきて最終的に肌表面をバリアするので、スキントラブルがなく最適な状態です。

ところが新陳代謝は人によって早かったり遅かったり。例えば、早い人は14~21日周期で肌が生まれ変わるため一つ一つの細胞が水分と油分を十分に抱えきれないまま肌表面にあがってきます。未熟な細胞が肌表面を守るとどうなるか?当然、外の環境に耐えきれないしトラブルを起こしやすい。例をあげると、アトピー肌、敏感肌、赤く腫れあがりやすいニキビ肌は新陳代謝が早いタイプです。

反対に代謝が遅いと、肌表面の余分な角質が剥がれ落ちずにどんどんたまる。シミ・ソバカスが気になる方はこのタイプになります。加齢で、首やワキなどのイボが気になるという方も代謝が大きく関係しているのではないかな?と思います。

早すぎる代謝リズムは、遅く。遅すぎるリズムは早く。これがハトムギの魅力じゃないかなあ~。

そうそう!通販会社でコスメバイヤーをしていた時に 首イボ関係でよく見かけた素材は「杏仁オイル=アプリコットカーネルオイル」「ハトムギ」の2つでした。ある程度、メーカー側もこの2つに期待がもてるんじゃないかな?と研究を重ねられているところが多いですね。

栃木県産ハトムギ使用オリジナルスキンケア入荷

この度、栃木県産ハトムギを使用したオリジナルスキンケアシリーズ「OYAMAの雫」を入荷いたしました。下記、4種類の展開です。当サロンでご購入いただけます。もちろん手元でお試しいただくことも可能です。気軽にお問合わせ下さい。

【価格表】
・ミルククレンジング 150ml ¥2,916
・洗顔石けん 80g ¥2,916
・美容化粧水 120ml ¥3,456
・保湿乳液 50ml ¥3,672

これにより、国産アロマテラピーフェイシャルトリートメントに使うスキンケアブランドを「OYAMAの雫」に変更いたしました。栃木県産ハトムギエキスがた~っぷり詰まったお顔のトリートメントをご提供できます。

実はフェイシャルトリートメントにも使えて、ご自宅でも使っていただけるスキンケアブランドはないかなあ~と以前から探していたんですね。日本の地域資源を生かした素材。品質が良くお値段も手ごろなブランド。何より自分が納得して使えるもの。大量生産されていなく、商品の製造者といつでもコミュニケーションがとれること。何より製造者がその商品に対して愛情を持っていること。

これがなかなかなくて。3年程かかりましたが、ようやく見つかりました!

【画像:左が栃木県産ハトムギ精白粒 右が外国産ハトムギ精白粒】

外国産・国産問わずハトムギの良さは、化粧品メーカーに勤めていたときから知っていました。皆さんの中にもハトムギ配合の化粧品を使用された方がいらっしゃるのでは?

次回にハトムギの魅力について語りたいと思います~

非時香果(ときじくのかぐのこのみ)

「いつまでも香りが消えない果実」として崇拝されてきた日本固有の柑橘種
非時香果(ときじくのかぐのこのみ)をご存知でしょうか?

とある、アロマ系化粧品で「非時香果」をイメージしてブレンドした香りです。と記載があったのを見て、気になり調べてみました。

行きついた先が「たちばな=橘」
ミカン科ミカン属の常緑低木で古来より大切にされてきた聖木です。日本書紀』や『古事記』『万葉集』で「非時香果(ときじくのかぐのこのみ)」と登場しており、永遠に香っている果実と表現されています。現在、絶滅危惧種に指定されていて個体数はわずか。環境省のレッドデーターブックに入っています。

酸味が強く食用には向かないらしいですが、香りは格別なよう。花期は5月で果実は秋に黄熟。温かい気候を好むようで自生地は静岡以西。和歌山、三重、徳島、高知、鹿児島、熊本、沖縄県などで見れるようです。

たちばなの香りは、蜜柑や柚子、レモンなど他の柑橘系とはまた違い、非常に奥ゆかしくて上品だとか。残念ながら、現物を香る機会は今までなくイメージしてブレンドされた化粧品の香りはとても素敵な香りでした。

蜜柑、柚子、レモンは嗅ぐと一発で判別がつく香りなのですが。たちばなは一瞬、何の香りが戸惑う。例えるとネロリの精油をもっと薄くして、さらにスミレや藤などの香りを混ぜたよう。

どことなく品の良い「おしろい」の香りというイメージ。

それにしても非時香果(ときじくのかぐのこのみ)と名付けられているのが良いですね。日本ならではのセンスを感じますし、どんな香りなのか、強烈に印象づけられます。

ちなみに、化粧品のアロマ成分には「グレープフルーツ果皮、ビターオレンジ果皮、レモン果皮、野ばら油、バニラ果実エキス」が配合されていました。柑橘の中に、少しバニラのような甘さとバラの上品さを併せ持ったような香りでした。

いつか、たちばな本来の香りを嗅いでみたいです。