今年度のAEAJ資格試験につきまして

年内のAEAJ資格試験・講習会についてですが、会場での実施を中止し オンライン(インターネット試験・講習会)での開催になりました。

【該当試験・講習会】
■第42 回アロマテラピーアドバイザー認定講習会( 8 月 2 日開催)
■第46 回アロマテラピーインストラクター試験( 9 月 27 日開催)
■第43 回アロマテラピー検定( 11 月 1 日開催)
■第43 回アロマセラピスト学科試験( 11 月 22 日開催)

※詳細につきましては順次、AEAJ公式サイト内各概要ページにてアップされます。

ご自宅での受験となりますため、当日の通信状況の不具合や不正行為防止などの観点から、会場試験との変更点が発生いたします。
お申込みの際には、必ず公式サイトにて詳細をご確認いただけますよう、お願い申し上げます。


AEAJのオンライン受験は「環境カオリスタ」「ナチュラルビューティースタイリスト」の2つだけだったのですが、この状況下で本試験もオンライン化になったことにすごく驚きました。会場では緊張しやすい方にとっては、やりやすいかもしれませんね。時間の管理がAEAJ、受検者共に少し難しく感じるのではないかなとも思いました。


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、ご希望の講座名、対面もしくはオンライン受講(zoom使用)どちらをご希望かお伝え下さい。折り返し、ご連絡させていただきます。

【お知らせ】AEAJ発行書籍2020年改訂版発行

AEAJ発行書籍2020年改訂版発行の発売日が決定しましたので、ご連絡させていただきます。

下記、ざっとまとめると「アロマテラピー検定、問題集は6/1」。
「アロマテラピーインストラクター・セラピスト各公式テキスト、共通テキストの3種については7/1」となったようです。

テキストは、販売開始日からAEAJサイトより購入可能です。アロマテラピー検定は、昨年に改訂されたばかりなのですが(通常テキストの改訂は4年に一度ペース)。大きく変更があった「エタノールで精油を溶かしてからの使用法」などを早い段階でテキストに反映させる必要があったからではないかな~と思います。

変更点などは6/1以降 AEAJ公式サイトで公開されるのでチェックなさって下さい。


●アロマテラピー検定 公式テキスト
●アロマテラピー検定 公式問題集
改訂版販売開始:6月1日(月)10時より

●アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト公式テキスト [共通カリキュラム編]
●アロマテラピーインストラクター公式テキスト [独自カリキュラム編]
●アロマセラピスト公式テキスト [独自カリキュラム編]
改訂版販売開始:7月1日(月)10時より


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、講座名、ご希望日時(火、日、祝日のぞく/10:00~20:00)をお伝え下さい【第3候補まで教えていただけると幸いです】折り返し、ご連絡させていただきます。

桜咲く☆AEAJ認定アロマテラピーインストラクター試験

3月に開催された試験結果が本日届いたそう♪

結果は全員合格~♪おめでとうございます!!
3時間、6時間集中と2クラスあったのですが両方とも◎でした♪

当スクールは、昨年12月にAEAJ総合資格認定校の承認が下り 今年1月にインストラクター資格対応コースを開講したばかり。つまり、今回受験された方は第一期生。2か月という超ハードスケジュールのカリキュラムでした。家のこと、仕事のこと、やりくりしながら時間を割いて一生懸命通学&勉強してくださったこと、本当に感謝いたします。

通常、インスト試験対策には4~6カ月かかると私はみています。なので2か月で、知識を取得された生徒さんは本当にすごい!!

「承認が下りて、1月にイチからのスタートだとおそらく試験合格には間に合わない」と予めお伝えしていたので、生徒さん自ら初回授業までに公式インストラクターテキストで予習、問題集をひたすら解いてくださっていました。全体のベースを整えてくださっていたので、授業を進めやすかったのです。

生徒さん自身がまとめているノートを見た時に「普段からこんなに頑張っているから、絶対に合格させないと!!」は初回授業からずーーーーっと思っていました。

なので、その念願が叶ってとても嬉しいです。

一か月後には、認定証が届くかと思います。アロマテラピーインストラクターとして、老若男女問わず様々な方にアロマの香りを広げていってもらえたらと思います。

当ショップで「アロマテラピーインストラクターの資格は持っているのですけど、そのままになっちゃって」という声をよくいただきます。資格は使わないと勿体ないです。環境カオリスタと併せて持つと、香育の現場などで教えたりする機会があるので。当面の目標として、この資格と併せて活動をされるといいかと思います。


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、希望日時(火、日、祝日のぞく/10:00~20:00)をお伝え下さい。折り返し、ご連絡させていただきます。

インストラクター課程修了!

画像は生徒さんからのいただきもの♪お手紙付です!初めてお会いした時、そういう風に思い講習を受けてくださっていたんだな~と胸熱(涙)。ありがとうございます。

先週はAEAJ認定アロマテラピーインストラクター課程の各コース(6時間コース×8回)(3時間コース×16回)が全て修了しました!今回は2人の生徒さんが卒業されました。

総合資格認定校になるまで、待って下さり また第一期生になってくださり本当にありがとうございました。代表講師になってまだ、3ヵ月。未熟なところが、色々とあったかと思います。最後まで授業を受けていただいたこと、それが何よりうれしいです。

あとは3/22(日)のインストラクター試験!! 応援しております!!頑張ってください。


次回、9月試験に向けてのインストラクター資格コースは4/7より開講予定(3時間×16回の日時フリークラス)。

只今、ご予約承り中です。詳細はこちらをご覧ください。


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、希望日時(火、日、祝日のぞく/10:00~20:00)をお伝え下さい。折り返し、ご連絡させていただきます。

アロマテラピーインストラクター実習【フェイシャルスチーム】

インストラクター授業の最後に行う実習。
今回は【フェイシャルスチーム】

使用するものは洗面器、バスタオル、精油、熱めの湯だけ!体験された生徒さまは、気持ちよさそうにされていました。精油もたった1滴で充分、香ります。

フェイシャルスチームは、顔に精油成分をふくんだ蒸気をあてることにより、血行を促進し皮膚にうるおいを与えます。蒸気吸入もあわせて行うことができるので、空気が乾燥しやすい冬場の時期におすすめですよ。

※生徒さま、撮影のご協力ありがとうございました!


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、希望日時(火、日、祝日のぞく/10:00~20:00)をお伝え下さい。折り返し、ご連絡させていただきます。

アロマテラピーインストラクター【クラフトづくり】

今年からスタートした「AEAJアロマテラピーインストラクター資格対応コース」。歴史学からはじまり、現在は精油学各論。検定30種の精油を一つひとつ、成分学的に学んでいます。

酢酸リナリル、リナロールなど芳香成分が分かってくると、成分分析表にきちんと向き合えますし、今後精油を選ぶときの目が肥えてきますよ~♪

授業の後半にはクラフト実習も付いています。今回は「4人の盗賊たちのハーブビネガー」。白ワインビネガーがパンチを効かせております・・・

そして「リップクリーム」。淡路島産のローズゼラニウム精油で香りづけをしました。このローズゼラニウム、非常に香りが良いと評判です。


<ご予約お問い合わせ>は4通り
①店頭にて:東京都足立区綾瀬4-10-1
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、希望日時(火、日、祝日のぞく/10:00~20:00)をお伝え下さい。折り返し、ご連絡させていただきます。

アロマテラピーインストラクター資格コース申し込みと、打ち合わせ

来年度1月からスタートするAEAJ認定アロマテラピーインストラクター資格対応コースの受講申し込みがありました。

こちらは生徒さんにいただいたプリン♪とても美味しかったです。ありがとうございます。

※3/22に向けてのインストラクター試験をお考えの方はまだ間に合いますので、お問合せくださいませ。スタートは1/7からです。

そして当スクール専任の伊藤講師と打ち合わせ。旧・新アロマテラピー検定テキストとインストラクターテキスト内の用語照らし合わせなどを行っていました。

どういう風にしたら、生徒さんに満足してもらえる授業になるか。インストラクター公式テキスト以外の補足書物は!?など話し合いました。「公式テキスト代だけでも高いですしね」と伊藤講師。私も同感。

なるべく生徒さんがお持ちのテキスト類で、進めていく方針です。


<お問い合わせ>は3通り
①TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
③LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。

※下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様のお名前、お電話番号・もしくはメールアドレス、講座名をお伝え下さい。希望日時(10~20時)を第三候補日までお教えいただけましたら助かります。折り返し、ご連絡させていただきます。

※アロマテラピーインストラクター資格対応コース、アロマブレンドデザイナー資格対応コースは説明会(随時開催)に一度お越しください。

ノーベル生理学・医学賞 体内時計の仕組み 

2017年のノーベル生理学・医学賞が2日前に発表されました。

産経ニュース 米国の3氏に医学・生理学賞 体内時計を解明
(↑詳しいニュースはこちら)

受賞理由が興味深いですね。体内時計って。今の時代に合ったテーマですし。これまでに発表されたノーベル生理学or医学賞の中でも一番身近に感じられました。

人を含む動物、植物など体内の生理現象には約24時間周期で繰り返される体内時計があるとされています。例えば、人間だと夜、自然に眠くなり朝には活動モードになるという睡眠パターン。植物だと花が昼に咲き夜に閉じるという現象。

生物に備わる体内時計の研究は古くから着目はされていたようですが、その仕組みや解明までには至らなかったようです。

記録では、18世紀にフランスの天文学者が植物のオジギソウを使用し葉が昼間は開き、夜は閉じることに注目。一日中暗い場所に置いたところ、同様に葉を閉じることを発見しました。結果、日光の影響を受けるのではなく、自らの体内時計をもとに運動するタイミングを決めていると仮説を立てたところからはじまるとか。

今回受賞された3氏は、「体内時計」に指示を出す遺伝子をハエを用いたもので特定されました。

体内時計に指示を出す遺伝子を欠いている=生物学的機能を自己制御する能力も失っていることを発見。遺伝子の機能を元に戻すと、周期は元通りになるとか。

3氏によって判明したのはあるタンパク質を遺伝子がつくり出し、夜間に眠っている間に蓄積、日中は分解すること。

夜は自然に眠り、朝は活動モードになる。当たり前のことだと思っていたのですが、遺伝子やたんぱく質が関係していたのですね。

もっと研究が進んで、体内時計の乱れが原因と考えられる睡眠障害、うつ病などへの治療につながっていくといいですね。ノーベル賞が契機となって、今後この分野の需要はますます加速するかなあと思います。

そうそう、アロマの世界でも体内時計のサポートに役立つ精油があります。こちらはまた次回にご紹介しますね。

枯木神社

9月上旬、仕事も兼ねて淡路島に行ってきました。

こちらは海沿いに位置する枯木神社。日本最初の香木伝来伝承地とされています。

香木が初めて登場するのは日本書紀。推古天皇3年(595年)夏4月の条に記載。

三年の夏四月に、沈水、淡路島に漂着えり。その大きさ一囲。嶋人、沈水といふことを知らずして、薪に交てて竈に焼く。其のけぶり、遠く薫る。すなわち異なりとして奉る。

推古天皇の時代、この海岸に流れ着いた木片を島人が燃やしたところ、とても良い香りが漂ったので、これはただの木ではない!と竈から引き上げ皇室に献上したと言われています。

沈水(ぢむ・ぢんすい)とは沈香木のこと。ジンチョウゲ科の高木に樹脂が沈着したもの。その原理は風雨等で樹木が傷ついたり枯れたりして土中に埋もれ、菌の作用により自然条件のもとで樹脂が凝集。

樹脂が沈着することで比重が増し、水に沈むようになるんですって。これが「沈水」の由来だとか。沈香木は、常温ではあまり香りませんが熱することで独特の芳香を放ちます。仏教の世界では欠かせない幽玄な香りで、高級線香の材料などに使用されます。

海一面が見渡せる神社って、すごい解放感がありますね。海を越え、この地に流れ着いた歴史が感じられます。

香木は枯木神社のご神体として祀られているらしいのですが、、、どの部分がそれにあたるか分からず。画像の少し開いている窓枠?から覗いてみたのですが、あまり中が見えず。今も、どれが香木だったのかと、もやもやした気持ちです(笑)

どなたか分かる方、いらっしゃいます?

場所は、県道31号線尾崎海水浴場より北へ 約1Kmの道路沿いにあります。