本物のお線香の見分け方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、お知り合いのお坊さんにお線香と焼香を頂きました。
天然和漢香料で調合されたお線香だとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱を開けた瞬間 白檀(サンダルウッド)の香りがここちよく漂います。
日頃、スーパーやホームセンターで買っているお線香の香りと全く違うのに驚きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは焼香。沈香ベースで甘く重みのある香りがします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白檀(サンダルウッド)はアロマテラピーの世界では、重みや深みを感じさせるベースノートの香りとして知られていますが 仏教の世界では白檀(サンダルウッド)は軽い香りの部類に入るそうです。他に使う香りが沈香など白檀以上に重い香りなんですねえ。重く深い香りが集まる中では、白檀は軽い香りということが興味深いです。

アロマでは、オレンジなどトップノートの軽い香り、ラベンダーなどミドルノートのおだやかな香り、サンダルウッドなどベースノートの重い香りなど、それぞれの精油を幅広く扱いますから深みのある香り・軽い香りは比較しやすいんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう!本物(品質が良い)のお線香の見分け方ですが、燃えカスで判断できるそうです。線香の燃えカスが線香立ての灰と同じようならば品質は残念なもの。言わば、人工的な香料をふきつけて作られた線香。

本物(品質が良い)の線香は燃えカスに色が残るそうです。火をつける前の線香の色がそのまま残る感じ。

画像は2種類の線香で実験したのですが、指先の燃えカスは周りの灰同様、真っ白です(実はこれ、スーパーで購入したラベンダー線香というもので、線香の色は濃い紺でした。)その周りにあるのはポキポキおれた茶色い線香に思えるのですが、これ全部燃えカスです。綺麗に燃えているのに線香の色が残っているんですねえ。※ちなみにお坊さんに頂いた線香です。

やはり頂きものの線香は焚いている間も、深呼吸したくなるくらいここちよい香りに思えました。線香一つで、こんなにも違うものなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です