AEAJのアロマテラピーアドバイザー認定講習会へ


一昨日、AEAJ直接開催のアロマテラピーアドバイザー認定講習会へ参加してきました。

AEAJ直接開催のアロマテラピーアドバイザー認定講習会は年に2回あります。この講習会はありがたいことに、私達AEAJ認定スクール&認定教室の講師も参加できるようになっています。

都合が合う時は出来る限り参加していますが、ここ1年ほどタイミングが合わず久しぶりに受講しました。今回、いいタイミングで参加出来て良かったです。なぜなら講習会テキストが最新版になっていたからです。それにより、内容も例年と違っていました。

今回アロマテラピー検定テキストが改訂された事、またアロマセラピスト取得の際今年からフェイシャルトリートメントの範囲が追加された事。これらが基となって講習会テキストの追記が増えてました。

具体的には、今まであいまいだったフェイシャルトリートメントにおける精油希釈濃度が「0.1%~0.5%」に規定されていること。またトリートメントを行う際、注意が必要な精油に「イランイラン・ジャスミン・ティトリー・ブラックペパー・ペパーミント・メリッサ・ユーカリ・グレープフルーツ・ベルガモット・レモン」が明記されていること。

上記の2つはとても大きいと思いました。フェイシャルトリートメントは今までアロマセラピストの教習範囲になかったこともあり何となく「0.5%~1.0%くらいの精油希釈濃度で、、、」と暗黙の了解?になっていたのですが今回この規定によって、上限が0.5%になり少し安心しました。

と、言うのもフェイシャルは身体と違い反応がでやすい部位です。まぶた周囲は特に皮膚が薄く敏感な部分です。自分自身、0.5%~1.0%濃度でトリートメントをしてみてフェイシャルは0.5%以下に抑えないとトラブルが出やすいのでは!?と懸念していたからです。

その方の肌質によっては0.5%ではなくそれ以下に抑える必要があります。ちなみに、AEAJではボディートリートメントの精油希釈濃度は1.0%とされています。

話はそれましたが、今回受講された方々は最新の情報が入手できたことかと思います。一ヶ月後に資格認定されますがアロマテラピーアドバイザーとして色々とご活躍下さいね。陰ながら応援しています♪

AEAJのアロマテラピーアドバイザー認定講習会へ” への2件のコメント

  1. 先日、淡路島でパルシェ迄ご一緒した上野です。名刺をいただいていたのでホームページ見させてもらいました。素晴らしい内容ですね。これからもお仕事頑張って下さい。

    • >上野様

      うわーコメント嬉しい限りです。先日は本当にありがとうございました。路頭に迷う所を助けて頂き本当に感謝致します。ホームページもご覧下さりありがとうございます。まだまだ改善するところが多いですが、ホームページもお仕事もがんばります。猛暑が続きますが、どうかお体ご自愛下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です