美肌ガラスモニター体験記 その5

※この記事は、私が別サイトでしてたブログ「コスメドレッシング」から転載しています。

美肌ガラス+UVカットフィルムに施工後、3週間程モニターをさせて頂きました。
感想をまとめてみたいと思います。

5-1
(美肌ガラス施工前の画像)

5-2
(施工後の画像)フロントガラス上部にパープルブルーのシェードがかかっているのが分かりますでしょうか?パープルというより、外国の綺麗な青空という感じの色です。

<大きくここは違うと思ったこと、すぐに気付いた変化>
●車のハンドルが熱くない。
●運転席、助手席に強い西日が差しても目が疲れにくい=まぶしく感じない。

<少しづつ気付いた変化>
●じりじり焼けるという感覚がおだやかになる
●クーラーの効きが良くなった。体全体的に冷気が包み込んでくれる感じ。

☆車のハンドルが熱くないのはすぐに感じました。我が家の場合、日がサンサンと当たる屋外駐車場にいつも停めているので、日射しの影響をすごく受けやすいのです。当然、熱がこもる=車のハンドルがいつも激熱!!それが、すぐに握れる状態なんですね。熱いハンドルというより、あたたかいハンドルという感じ。

あと、我が家では美肌ガラスに交換後 フロントガラス内部に立てかける車の日除けが不要になりました。腕を保護する紫外線対策グッズの一つ「アームカバー」も必要でなくなりました。

☆目への影響ですが、これも嬉しかったポイントの一つです。シェードに上手いこと、西日が隠れてくれるので目をパッチリ開けたままでいられます。(それでもって、フロントガラス自体に紫外線&熱カット効果がありますし)今までは日差しの入り方によっては、目を細めたりすることが多かったのですがそれがない。目が100%全開モードと言ったらいいのか[ほっとした顔]「日射しが目にまぶしい、痛くない」状態。これ、お年寄りの方にはすごく喜ばれるんじゃないかなあ。

☆じりじり焼ける感覚がおだやかになる。施工前、運転席であっても助手席であっても極端な言い方をすれば、砂浜で水着になって寝転んでいるのと変わらないんじゃないかなあーと思うくらい日射しの影響を直に受けている印象がありました。それぐらいジリジリと焼ける感覚があったのですが、それがおだやかになる感じです。

☆クーラーの効き。美肌ガラス・UVカットフィルム共に断熱効果があるので一般のガラスに比べ車内温度が快適!と感じる温度になるまで通常の約半分に時間短縮されるそうです。我が家の場合、施工前はクーラーの吹出口が直に当たる箇所(例えば、腕・足)しか冷えなかったのですが、それが車内の中で冷気がグルグル回る感じです。ただ、冷えるまで時間は若干かかります。すぐにクーラーが効くという訳ではないです。

と、感じた変化を挙げてみました。最後にもう少しだけお伝えしたいことがあるので、次回の記事に補足を書かせて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です