介護アロマ 嚥下困難者のためのケア その2

ブラックペッパーは、スパイス系で香りの持続性はミドルノート。ON OFFバランススイッチは「ON」。動的で強壮作用があります。料理で使用されるスパイスの「黒コショウ」から採れる精油です。

黒コショウ入りの料理を想像していただきたいのですが、食事中~後に体が温かくなり汗をかきやすいかと思います。精油の作用もそのまんまで、体を温め慢性的に滞っている機能(例えば便秘【気の滞り】、むくみ【水の滞り】、くすみ【血の滞り】)を一気に促す作用が高いのが一番の特徴です。

数年前ですが、嚥下困難者【嚥下障がい高齢者】に対するブラックペッパーの香りが嚥下反射を誘発することが研究発表されました。個人差はあるものの、香りを嗅ぎ始めて2週間~1か月で変化がみられたようです。認知症で口の中に溜め込みを行う状態だった高齢者が、ブラックペッパー精油の香りを1か月間嗅いだ結果、9割を飲み込むようになった例も報告されています。

嗅神経は、成人の脳神経では珍しく再生が期待できる神経です。食事前の2~3分。芳香浴法でブラックペッパー精油を使用するのがベストですね。使い方はとても簡単です。ティッシュにブラックペッパー精油を1~2滴垂らしたものを、嚥下困難者に嗅いでいただきます。ポイントは深呼吸するように深く嗅ぐ。

グループホームなど大人数のスペース空間でしたら、ティッシュではなくディフューザー使用がおすすめですね。香りが広がるまで時間がかかりますので。食事15~30分前からディフューザーで香りを焚き、数分前ぐらいに食堂へとお集まりなられたらちょうどいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です