ハトムギの良さって!?

【画像:ハトムギ精白粒】

ハトムギには食物繊維、脂質、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれています。なかでもビタミンB1・B2は、糖や脂質、タンパク質をエネルギーにかえる力や皮膚と粘膜の健康維持を助ける働きをします。

全体的な特徴では、肌の新陳代謝を理想的な28日周期へと導いてくれることです。28日周期に整ったお肌は、一つ一つの細胞がしっかりと水分や油分を抱え肌の下から上へとあがってきて最終的に肌表面をバリアするので、スキントラブルがなく最適な状態です。

ところが新陳代謝は人によって早かったり遅かったり。例えば、早い人は14~21日周期で肌が生まれ変わるため一つ一つの細胞が水分と油分を十分に抱えきれないまま肌表面にあがってきます。未熟な細胞が肌表面を守るとどうなるか?当然、外の環境に耐えきれないしトラブルを起こしやすい。例をあげると、アトピー肌、敏感肌、赤く腫れあがりやすいニキビ肌は新陳代謝が早いタイプです。

反対に代謝が遅いと、肌表面の余分な角質が剥がれ落ちずにどんどんたまる。シミ・ソバカスが気になる方はこのタイプになります。加齢で、首やワキなどのイボが気になるという方も代謝が大きく関係しているのではないかな?と思います。

早すぎる代謝リズムは、遅く。遅すぎるリズムは早く。これがハトムギの魅力じゃないかなあ~。

そうそう!通販会社でコスメバイヤーをしていた時に 首イボ関係でよく見かけた素材は「杏仁オイル=アプリコットカーネルオイル」「ハトムギ」の2つでした。ある程度、メーカー側もこの2つに期待がもてるんじゃないかな?と研究を重ねられているところが多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です