第四回 足立区環境審議会

今月の1日、区の環境審議会に出席しました。

今回は、報告事項6例について審議しました。特に印象に残ったのは3例
・カーボンオフセットの実施について
・フードドライブの常時受け入れ窓口開設について
・都市鉱山から作るメダルプロジェクトについて

<カーボンオフセット>
区では平成27年度から事務事業においてカーボンオフセットを実施しています。平成29年度は区の公用車使用に伴い排出される二酸化炭素について、カーボンオフセットを実施しました。

カーボンオフセットって、最近よく耳にします。事業でどうしても削減できないCO2排出量の全部または一部を他の場所のCO2吸収・削減のための活動で埋め合わせ相殺することです。埋め合わせは売買が可能なんですね。購入先は、主に全国各地の森林保全プロジェクトだったりします。

例えば、アロマドレッシング株式会社があってco2排出量の規定が300tだとします。削減努力をしても350tになってしまった。50t分をどうするか?兵庫県のB森林プロジェクトから50t分を購入することで相殺します。(350t-50t=300t)

カーボンオフセットの目的は、事業ではむずかしいCO2排出の問題を民間事業者や自治体(森林保全プロジェクト等)のすぐれた取り組みにスポットを当て、その活動を支援する。今後、この取り組みがますます拡大化すると思います。購入先にお金が回ることで、今後の活動資金にもなりますし。購入者ー購入先とも、相互に支えあう形で、良い循環が生まれていることかと思います。

さて、区の公用車!ですが、その前に・・・。足立区は23区で2番目に自家用車が多いんだそう。さらに道路が渋滞しやすい=都内で最も多い自動車部門のCO2排出量。これを削減する必要性がある。まずは、カーボンオフセットの実施に伴い、区職員の公用車利用や運転方法の見直をしたいとのこと。たまに思うのですが、行政が一生懸命していても、区民の意識がついていかなくては根本的な問題は解決しないんじゃないかな。

<フードドライブ>
今まではイベント時に実施していたフードドライブ(未利用食品の回収)の常時受け入れを今年の1/9より実施。これはいい取り組みですね。ちなみにフードドライブは家庭内の未利用食品を寄付する活動。フードバンクは企業が流通ラインに出すことができない食品を寄付する活動です。近年、食品ロス問題が多くなってきています。

審議会委員の一人からフードドライブに絡んで「サルベージパーティー」についてのお話がありました。「サルベージパーティ」は家庭で使いきれない食材を持ち寄ってシェフがおいしい料理に変身させるパーティーだそうです。素麺などを使用して思いもよらぬ料理に早変わりしたとか。地域ごとにこういった取り組みがあったらいいですね。

<メダルプロジェクト>
テレビで報道されてご存知の方も多いと思います。2020年東京パラリンピックのメダルプロジェクト。国民の携帯電話を回収しそれらに含まれる貴金属を用いて入賞メダルを作成するというもの。ちなみに、金メダル1個作成するのに4000台が必要だとか。銀、銅になるとそれ以上。一人の委員から「携帯電話には貴金属以外にも、リチウム、ニッケルといった成分も含まれているから、同時に回収し活用出来たらいいのになと思う。」との発言がありました。リサイクルできる成分は余すところなく利用したいですよね。それにしても携帯電話からどんなメダルになるのか、楽しみです。

次回の審議会会議は4月。また会議内容について記事にまとめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です