匂わずにいられない展

昨日は、アロマテラピー検定の日でした。受験された皆さま、お疲れさまでした♪

さて、都内の日本科学未来館で開催されている「匂わずにいられない!~奥深き嗅覚の世界~」の展示を観に行ってきました。徳島県でAEAJ認定スクールを開かれている徳田先生とご一緒に。補足ですが、こちらのスクールは、3年連続アロマフレグランスコンテスト受賞者を輩出されています。それぐらい香りの調合に強い先生。お会いするのは2度目になります~。

この「ベル●ラ」を思わせるようなイラストに導かれ

辿り着いた先はこちら

実は匂いって、複数の匂いが組み合わさったもの。一度にさまざまな匂い物質が鼻に入ると、それぞれの匂いセンサーが反応。反応したセンサーの組み合わせによって、まったく質が異なる匂いを感じとることが出来るそうです。

実験で「A=レモン」「B=ライム」「C=シナモン」が並べられており、それらを全部合わせたものがD。これが不思議に「コーラ」の香りがするんです。ABC一つ一つ嗅ぐと、しっかりレモン、ライム、シナモンと判別できるのですが

展示物と並んで、販売されていた本。これ、すごく分かりやすかった。後に登場する「アロマホイール」について詳しく説明した内容となっています。

例えば、醤油のフレーバーホイール。醤油を表すのに、これだけの表現があるんですね。

ワインアロマホイール。

日本酒のアロマホイール。香りって一般的には言葉ですらすら~っと表現しずらいのですが、こうやって言語化されていると分かりやすいですよね。展示コーナー自体は、小規模でしたが面白かったですよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です