<ティーバック編> 美味しいレモングラスティーの入れ方

本日はティーバック編を。こちらはとても楽です♪1杯のレモングラスティーを作るのに必要な量(2g)が、袋につめられているからです。

カップにティーバッグを入れ、あとは熱湯(150ml)を注ぐだけです。3分ほど置いてお召し上がりください。味が薄く感じる場合は、さらに3分ほど置いてください。ティーバックのメリットは、葉が粉砕されているので成分が熱湯に浸出しやすいんですね。お急ぎの時にはとても便利です。

ティーバックも1杯量だと、勿体ないですよね~。私流ですが、直接カップではなくティーサーバーに入れて使っています。1袋分に対し、熱湯400mlを入れ10~15分間蒸らしてお召し上がりください。2~3杯量がとれますよ~。

友だち追加

LINE@はじめました。宜しければ、お友達になって下さい~。お得なクーポンや情報など配信中です♪ 

ご登録の上、かつしか環境・緑化フェアで登録画面ご提示いただきましたら、兵庫県・三木市産の無農薬レモングラスティーのサンプル2包プレゼントいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です