大阪の地震

ニュースでご存知の方も多いかと思いますが、今朝、大阪府北部で震度6弱の地震がありました。関西で、こちらのブログをご覧いただいている方がいらっしゃるかと思いますが 大丈夫でしたでしょうか?

6弱!と知った時には、本当に驚いて。元々、私は関西出身ですので、テレビの映像がリアルに感じました。なじみのある駅や場所ばかりで。
大阪にいる身内や友人にラインで連絡をとりました。皆、共通していたのが「突き上げるような地震だった」。相当はげしい揺れだったようです。弟が一人いるのですが、通勤途中に電車がストップしてしまい車内に何時間も閉じこめられたようです。ここから歩いて、3時間かけて会社に行く!と言ってましたが。。。

今回、通勤・通学中に被害にあわれた方がいます。予期せぬ災害で、何ともやるせない気持ちになります。いつものように歩いていただけなのに。過去、阪神淡路大震災時、私は須磨に住んでおり、その時もご近所の方が「いつもと同じようにいつものコース」を歩いてて亡くなられました。災害の事故は、どこに怒りや悲しみの矛先をぶつけたらいいか分かりません。

一つ言えるのは、いつ・どこで災害が起こるのか分からないし、誰が被害に遭うのかも分からない。それが、身内かもしれないし自分かもしれない。そんな思いで胸がいっぱいです。「可哀相」の一言で終わってはいけないなと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です