足立区地球環境フェア2019 霧と芳香蒸留水「コラボ編」

霧を発生させるお隣のブースさんと急遽コラボになりまして。月桂樹の芳香蒸留水を噴霧していただくことになりました。こちらアロマドレッシングブースから撮影。ご覧のように噴霧状態が裸眼ではっきりと(笑)それぐらい威力が凄かった。表に立てかけていたパンフ&本がびしょびしょになるくらい。

人が通るとこんな感じです。ノズルも色々あるようで、サーキュレーター式・リング式・スタンド式など。霧の中を通り抜けるだけで、しっかり全身が湿るという感覚。

こちらの水タンクに「月桂樹の芳香蒸留水」を500ml量加えていただき

霧パワーで噴霧!!これは・・・かなり香ります。月桂樹のシャワーって感じ。

あたり一帯、霧と共に香りが広がり「月桂樹ロード」と名付けたいくらいでした。ただ、月桂樹は個性的な香りなので「いい香り~♪」と「うわー!!クサイ!!」と反応がはっきり分かれました。臭かった皆さま、ごめんなさい。

実験にご協力いただいたZIDEエンタープライズ・ジャパンの代表の方も「うわ~すごいね!かなり香りがするね!」とおっしゃってくださいました。

この後、ローマンカモミールの芳香蒸留水も試していただいたのですがあまり香りがわからず。ハーブの種類にもよるのでしょうね。今回は試すことができなかったのですが「薄荷、ローズマリー、ラベンダー(ラバンディン系)」あたりは、香りがはっきりしているので月桂樹と同様に香りがわかりやすかったんじゃないかな~と思いました。

ご協力いただいた ミスト&フォグエンジニアリングのZIDEエンタープライズ・ジャパンの皆さま、月桂樹の霧に巻き込んでしまった来場者の皆さま、ありがとうございました(そしてごめんなさい。。。)

そして大好評だった「アロマクラフト」。こちらを次回の記事でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です