葛飾区 環境緑化フェア2019【その他レポ】

物販以外では「兵庫県・朝来市産の生野紅茶」の試飲会を。ホットでご用意しました。

「飲みやすいね~」という声が。日本産の紅茶は、外国産と比べると渋みがなくまろやかな風味なんです。兵庫県・朝来市生野町で点在している農薬不使用の茶畑で一つ一つ手摘みしています。緑茶から発酵の過程で紅茶にしている商品。製造されている場所は、な~んと!廃校になったプールの更衣室。現場に伺った時に驚きました(笑)

あまり出回っていない商品で、地元の観光所や道の駅で販売されています。その為か、先日ECサイトで新潟県からご購入いただいた方がいらっしゃいました。

話が横道にそれましたが・・・

その他に、会場内のスタンプラリークイズに参加♪

小さな子どもさんから、男性。ご年配の方まで幅広く、問題を解きにいらっしゃいましたよ~。

「アロマオイルと一緒にできるものは?」ヒントは奥のボードに♪皆さんはわかりますか?

正解は②フローラルウオーター(芳香蒸留水)です。水蒸気蒸留の過程で精油とフローラルウオーターが一緒に抽出されます。

両方の香りを嗅ぎ比べてもらいました。「フローラルウオーターの方が香りがやさしい」「香りがうすく感じる」との声が多かったかな。

アロマクラフトコーナー。先週、出展した「足立区地球環境フェア2019」と同じ工作。今回は5~8歳ぐらいの子どもさんが多かったです。足立は小学校高学年~中学生が多かった印象。体験される年齢によって、話す内容や対応もだいぶん変わってくるなあ~と感じました。この辺りは日々勉強ですね~。だから香育は面白いのかもしれません。

今回のクラフトは、ツリー型のイラストが描かれている用紙を「山折り、谷折り」と繰り返して、最後に線をハサミで切り抜きます。

そうすると5連の木ができあがるんですね。

山折り、谷折りを途中でまちがうと、こんな感じに。小さな子どもさんが「あ~ん!!先生!わたしだけ、こんなになっちゃった!!」と。一生懸命に嘆く姿がなんだか可愛らしい。

この後「大丈夫♪大丈夫♪わたしが黄緑の木を作るね~。もう一つ濃い緑色の木を一緒に作ろう」と。今度は無事5連の木が完成♪ 良かった!良かった!

足立~葛飾と2週続いた環境フェアが無事に終了してホッとしています。フェアにお越し下さった方、ブログをご覧いただいた方、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です