オレンジスイート精油

【植物名】スイートオレンジ
【和名】アマダイダイ
【科名】ミカン科
【種類】高木
【主な産地】イタリア、アメリカ、スペイン、ブラジル
【精油製造方法】圧搾法
【主な成分】リモネン(モノテルペン)、リナロール(モノテルペンアルコール)、シトラール(アルデヒド)、オクタナール(アルデヒド)

【香りノート】TOP
【香りの系統】柑橘系
【香りの強弱】弱
【ON OFF バランススイッチ】ON
【相性の良い精油】柑橘系全般、ラベンダー、ネロリ、クローブ、ジュニパーベリー、フランキンセンス、イランイラン。

◆一言~二言で語ると◆
緊張やストレス・不安をとりのぞいて、気分を明るくしてくれる精油です。

《主な作用》消化促進、食欲増進、鎮静、抗菌、抗ウイルス、抗うつ、室内浄化、精神高揚、毛穴引締め
《注意事項》お肌の弱い方は使用量に注意。酸化が早い為、開封後6ヶ月以内が目安。
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》
老若男女問わず人気がある精油です。アロマテラピー初心者の方や子供さんお年寄りの方にも比較的受け入れられやすい香りです。

《肌への働き》血行を促し明るい肌へ。頭皮の脂や汚れを取り除く。脂性肌・毛穴の引き締めに。

《介護ケア》寝たきりで、自宅からあまり外出していない方の気分転換法としてオレンジスイート精油の芳香浴を。中~長期に渡って、ほぼ家の中での生活を過ごされている場合 気分が滅入りがちになりやすく代謝や食欲も落ち気味に。オレンジスイートの香りはリラックスさせながら身体の活動スイッチをONにさせ、気分を前向きにする性質があります。食欲がなくなってしまった時など、もう一度食べたいという欲を湧かせてくれます。またオレンジスイート精油はリモネン成分が大半を占めています。リモネンは、殺菌・抗ウイルス作用などがあると言われており、芳香浴などで空気中に漂わすことにより室内浄化の一役に。

《スイートオレンジのイメージ》
子供さんやお年寄りが笑顔でいるイメージ。
家族の幸せ。全ての幸せ。ほっとするひと時。

《スイートオレンジのイメージカラー》
オレンジ色

《スイートオレンジのイメージワード》
明るい。元気な。子供の。親しみやすい。

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》特に決まったタイプはありませんが、万人受けしやすいです。ストレスや食べすぎなどで胃の状態が一時的に落ちている時、この香りがここち良く感じる方が多いようです。

《スイートオレンジにまつわるエピソード》
元ナースの方やボランティアの方からスイートオレンジに関する情報があがっています。
◆車中パニック発作の方がおられ、スイートオレンジの精油を嗅いでもらったら少し落ち着かれた。
◆東日本大震災の際、ボランティアの方が避難所でスイートオレンジ精油を活用された。
※大震災でのスイートオレンジ精油に関しては、情報がとても少なく具体的にどう活用されたのかが不明ですが香りの選択としてとてもいいと思いました。リラックス&リフレッシュ・室内浄化のトリプル作用で沈んだ雰囲気の中でオレンジの香りが辺り一面に広がった世界を思い浮かべました。

《語らせてちょーだい》
■フランキンセンスとのブレンドが個人的におすすめです。スイートオレンジ2滴に対してフランキンセンス精油1の割合。このブレンドは、なぜか医療関係者の方(看護師・薬剤師さん)の反応が良く、この香りを身につけている時は何の香りかを聞かれることが多いです。

■香水作りやトリートメントオイル作りの際、香りが微妙に感じるときオレンジスイートを数滴入れると香りがまとまりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です