ジャーマン・カモミール精油

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【植物名】ジャーマンカモミール
【和名】ジャーマンカミツレ
【科名】キク科
【種類】一年草
【主な産地】ドイツ、エジプト、ハンガリー、イギリス
【抽出部位】花
【精油製造方法】水蒸気蒸留法
【主な成分】カマズレン(特徴成分・セスキテルペン類)、ビザボロール誘導体(セスキテルペンアルコール)、ビザボレン誘導体(セスキテルペン類)

【香りノート】ミドル~ベースノート
【香りの系統】フローラル系
【香りの強弱】中
【ON OFF バランススイッチ】off
【相性の良い精油】フローラル系全般、マジョラムスイート、レモン、ベルガモット、パチュリ。

◆一言~二言で語ると◆
ハーブティーとして有名なハーブから採取される精油です。
蒸留すると濃いブルー色になるカマズレンが特徴で、抗炎症作用、抗アレルギー作用で心身を落ち着け内外部からのあらゆる刺激から守ってくれます。

《主な作用》抗炎症、抗ウイルス、抗アレルギー、鎮静、鎮痛、消化促進、血圧降下、うっ血・うっ滞除去、女性ホルモン様。
《注意事項》妊娠初期は使用を控える。キク科アレルギー注意。
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》皮膚トラブルでお悩みの方。心身を落ち着かせたい方。

《肌への働き》抗炎症作用。肌荒れを和らげる。

《介護ケア》
介護ケアにおいてまだ私は使用したことがないですが、抗炎症・抗アレルギー作用があることでトリートメント法で期待がもてそうだと思いました。またあまり知られていないのですが、血圧降下・うっ血・うっ滞除去作用があるので心身をリラックスさせながら身体に滞っている血・水の流れを促すことも期待できそうです。

《ジャーマン・カモミールのイメージ》
青いお医者さん。

《ジャーマン・カモミールのイメージカラー》
濃いブルー色。

《ジャーマン・カモミールのイメージワード》
地味。縁の下の力持ち。ピーターラビット。

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
ハーブティーとしては有名なジャーマン・カモミールですが、精油そのものの香りが好き!と言われる方はあまり聞いたことがありません。青リんごのような優しく甘い香りをもつローマン・カモミールを好まれる方が多いかなという印象です。ジャーマン・カモミール精油はパチュリの香りによく似ています。墨汁っぽい感じの香り。パチュリを好まれる方は言動が常に落ち着いて芯がしっかりとした性格の人が多いので、応用で考えるとジャーマン・カモミール精油を好まれる方も基本は似たようなタイプで少しだけ無邪気さが加わっているかもしれません。

《ジャーマン・カモミールにまつわるエピソード》
◆一時期、化粧品メーカーからカモミールのハーブを主としたスキンケア製品シリーズ(洗顔~化粧水~乳液に至るまでブランド化されていた)がよく登場していました。今はブーム的に少し落ち着きましたが、それでもカモミールを扱ったスキンケア製品をあちこちで見かけます。それぐらいスキンケアと結びつきが深い精油だと思います。

《語らせてちょーだい》
■ハーブティーとして有名なジャーマンカモミールというハーブは、胃の不快感を和らげたりと胃に深い結びつきがあります。

■肌荒れ=ジャーマン・カモミールが一番!と思われる方が多いのですが、全ての肌荒れに合うとは限らないです。今までの経験上、乾燥がすすみすぎた方(手先、足先がひび割れするぐらい)はかえって合わないパターンも。ひどく乾燥して、肌が黒ずんでいたりやや紫みを帯びている方はキャリアオイル(個人的にカレンデュラがおすすめ)のみでケアし、状態が落ち着いてきたらジャーマンカモミール精油を少量ブレンドし塗布する段階方式がいいかなあと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です