パチュリ精油

【植物名】パチュリ
【和名】パチュリ、パチョリ
【科名】シソ科
【種類】多年草
【主な産地】インドネシア、インド
【抽出部位】葉
【精油製造方法】水蒸気蒸留法
【主な成分】パチュリアルコール(特徴成分・セスキテルペンアルコール)、パチュレン(セスキテルペン)、クミンアルデヒド(アルデヒド類)、オイゲノール(フェノール)

【香りノート】ベースノート
【香りの系統】オリエンタル系
【香りの強弱】中
【ON OFF バランススイッチ】OFF
【相性の良い精油】オリエンタル系全般、クラリセージ、ゼラニウム、ブラックペッパー。

◆一言~二言で語ると◆
墨汁の香りに近い精油です。深く落ち着いた香りは情緒を安定させます。また過剰な食欲を抑制する働きがあるのでダイエットのサポートに大変役立ちます。フラフラしがちな人生のかじ取りのシーンにおいてしっかりと大地に足をつけさせる。時にはそんな頼もしさを発揮する精油です。

《主な作用》抗炎症、静脈強化、瘢痕形成、防虫、殺菌。
《注意事項》特になし
《使用方法》芳香浴、沐浴法、トリートメント法

《こういう方におすすめ》
旺盛な食欲を抑える作用があるので、ダイエットのサポートに。
防虫作用を生かして衣類の防虫剤代わりに。
浮つく気持ちやイライラ感を落ち着けたい方に。

《肌への働き》
あかぎれ、ひび割れ、しっしん肌をいたわる。

《介護ケア》
冬場の芳香浴としておすすめしたいです。近年の研究でパチュリはインフルエンザウイルスを阻害するというデーターが出ているらしいです。インフルエンザ対策に、ティトリーとブレンドしてディフューザーを焚いたりしてもよさそうですね。個人的に認知症で特定の方に響く香りではないのかなと思います。墨汁や深い土の香をイメージすることから以前、習字や庭仕事をされていた方にこの香りを嗅いでいただくと何かしらの反応を示してもらえるのではないか?と感じます。

《パチュリのイメージワード》
大地、墨汁、スモーキーな、土仕事、無欲、熟成された、防虫。

《パチュリのイメージカラー》
琥珀色

《この精油が好きな方はこんなタイプ?》
物静かですが、芯がしっかりしているイメージ。考えや発言にブレがありません。この精油が好き、または気になる方はフリーランスのお仕事をしている人が多い。

《パチュリにまつわるエピソード》
どの精油の香りもしっくりとこない。。。という時にパチュリを嗅いでみてはいかがでしょうか?ラベンダーなどのフローラル系やオレンジなどの柑橘系、ティトリーなどの樹木系では満足感を得ないという時にこそ、この香りがここちよく感じられるかも。


国産アロマとコスメのショップ&スクール&サロン~アロマドレッシング~

◆ホームページのトップページに戻る

◆ブログのトップページに戻る


<アロマドレッシングのご予約お問い合わせ>は④通り
①店頭にて
②TEL:03-6877-0736
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
④LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様のお名前、お電話番号・もしくはメールアドレス、講座名、ご希望の日時(10:00~20:00)をお伝え下さい【第3候補まで教えていただけると幸いです】折り返し、ご連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です