レア精油

一般には、あまり目にしない精油を入手しました。左が「コーヒー精油」右が「カナンガ精油」

コーヒーはそのままの香りです。コーヒーの香りは、鼻をリセットするのにとても良いんですよ。例えば、色々な精油を嗅いでいて「香りがよく分からなくなってきた」いわゆる鼻がおかしく感じたとき。珈琲の香りを嗅ぐとあら不思議♪精油の香りがす~っと入ってきやすくなります。

カナンガは、イランイランの「葉」から採取される精油。イランイランのお花とあまり変わらない香りで驚きました。少しグリーン調ではありますけど。花の香りが強いと、葉にもその成分が多く含まれているのかな。

自律神経お助けアロマワークショップ終了~

2月からスタートしたAEAJ協賛キャンペーン企画が、昨日終了しました。約1か月間だったのかな?ご来店&お問合せありがとうございました。

さて、このアロマワークショップ。自律神経タイプをチェックするのですが、これが結構当たっているんですね。アロマドレッシングにお越しいただいた方もそうですし、自分自身も。友人のアロマセラピストからも「私は○○タイプだったよ~」というのを聞き、当たっている~!!と。簡易的なチェックかと思いきや、わりとやります(笑)

アロマドレッシングは、神戸・東京の2店舗開催だったのですが「西」と「東」ではクラフトの嗜好に違いが! 例えば、下記の練り香。お好きなものをお作りいただいた時。

関西では、右の「林檎」「檸檬」。関東では左の「ラベンダー」「押し花」に人気が集中。今回、たまたまなのかは分かりませんが。関東ではお洋服にしても、上品でシンプルな方が好まれやすいかなあ~と思います。

ワークショップは終わりましたが、5月あたりに新しいアロマクラフトを開催しても良いかな~と。今、考えているのがその月に旬を迎えるハーブや精油にスポットを当てた、1回完結型の講座。例えば5月だったら「カモミール」。7月には「ラベンダー」など。徹底的にそのハーブや精油を学び、さらにお出しするハーブティーやクラフト作成まで同じというもの。想像するだけでも楽しそうですよね~。

皆さんだったら、どのハーブや精油を徹底的に学びたいですか?

高校の香育授業


今週の19日。神奈川県・某高校の「環境シンポジウム」にAEAJの香育講師として参加しました。今年で16回目を迎えるシンポジウム。代表生徒さんが各企業・団体に直接オファーをするという仕組み。AEAJは昨年に引き続いての参加だそう。大日本印刷・バンダイ・山崎製パン・日本紙パルプ商事グループ・中日本高速道路さんなど合計15の企業や団体が参加されていました。

生徒さんは、15ある企業or団体の講演から②つをチョイスして、授業を受けます。その①つに選んでいただけるかどうかは「講演タイトルと150文字の内容紹介文」しだい。

結果!予想を上回る人数(2回講演で70名)でホッとしました。

講演タイトルは「アロマを通して知る地域環境とのつながり」

<紹介文>現在、日本では芳香植物を育てることが産業となり、地域環境にも役立っていることをご存知ですか。淡路島の「鳴門みかん」。佐賀の「レモングラス」高知の「ユズ」。熊本の「小国スギ」。それらの植物がどのように地域環境とつながりをもっているのかお伝えします。香り体験や間伐材を利用したサシェ作りも行います。

授業開始前、生徒さんに「紹介文で、どの部分に興味を持ちましたか?」と聞いてみました。各県の芳香植物と、香り体験が圧倒的でした。芳香植物を育てることが、各地域の産業になっていることを、初めて知りましたとの声が。香り体験は、反応が良くとても賑やか(笑)。

資料作成で読み込んだ書籍。地理のテキストをまじまじと見たのはいつぶり?今回、資料作成にあたって各企業や行政、団体様に資料及び画像をご提供いただいたり、使用の許可をいただきました。厚く御礼申し上げます。また、昨年とは大幅に授業の変更を受け入れて下さったAEAJ事務局様。何より、授業を選んで受けて下さった生徒様。ご依頼いただいた生徒代表の方、学校職員の皆さまありがとうございました。

神戸に帰省

14~17日まで神戸に帰省の為、お休みにします。こちらの勝手で申し訳ないですが、ご予約&お問合せはメールをいただけましたら幸いです。電話には出ることができません。どうぞ宜しくお願いいたします。

東京で見つけた、小さい春の訪れ。冬越しに耐えた植物からは新芽が。

白く小さな花がほころびはじめたり。1か月後には、緑よりも白一面の世界で溢れかえっているでしょう。関西では、どんな春の訪れに出会えるのか今から楽しみです~♪

練り香体験♪

本日は、江東区から練り香体験にお越し下さった方が。

きっかけは「アロマ大学のバナーサイト」。アロマドレッシングのクラフト作品をご覧いただいて、そのままご予約下さいました。ラベンダーがお好きだと言う事で、こちらの作品をお作りに。綺麗な色ですね♪

講座中に色々お話したのですが 2日前、大学をご卒業されたばかり!お写真を拝見するとすごく格好いい。黒い角帽子とガウンの組み合わせがとても似合っていらっしゃいました。

それにしても、ミッション系の式服は素敵ですね~。

この春から新社会人になられるようです。新しい環境にドキドキな反面、不安もあるかと思いますが頑張って下さいね~。本日は当スクールにお越し下さりありがとうございました。

そうそう!アロマに関するご質問を色々といただきました。こちらはまたブログで皆さんと共有させていただきたいと思います。

みんなのペッパー、あなたのペッパー

先日、はま寿司に行ったらペッパー君が居ました。どうも受付係らしい。飲み込みが悪い、私たち初老グループは・・・

横にあるこちらの画面を必死にタッチしていました。そこに若者が「すいません~~」と軽やかにペッパー君画面をタッチ!!スルスル~っとスムーズに出てくる番号札に、もはや回転ずしにさえ、世代交代を覚えました。。。

その後、お越しになられたご年配の方がさらに戸惑う展開。

それはそうと!先日、東京で仲良くしていただいている方とペッパー君の話題になりました。何でもご友人がペッパー君と暮らしているようで。いつでもどこでも一緒で、車の助手席に乗せて移動しているのだとか。

「馬鹿でしょ~!?」ふふふっと、微笑むその方。スケールがデカすぎる。。。

でも、遠い未来。子供が育って旦那さんも他界して一人になった時、ペッパー君との暮らしもありよね~という話に「ありかも!」と思いました。テレビで見てる限り、気遣いもしてくれるし色々しゃべり相手になってくれそうで。

ペッパー君には、本能の部分である「嗅覚」はないのかな?人間の脳で例えると学習などの活動が営まれる「大脳新皮質」に近い部分はありそうだけど。もし、嗅覚があれば色々香りの話がしたいなあ~と思いました。

「ペッパー君、これはラベンダーの香りだよ~」と言ったら「イイカオリ。ワタシハ、フランスサンスキネ。ナンダカ、カイデルウチニ、ネムクナリマシタ」と返してくれたり。

ちょっと怪しい片言の外国人のようだなあ~。

ひょっとしたら遠い未来。ロボットも嗅覚が発達しているかもしれませんね♪

2月度アクセス解析&検索ワード

2月度の当ホームページ&ブログのアクセス解析&検索ワードを見てみました。

1位 ホームページのトップページ
2位 アロマブログのトップページ
3位 アロマクラフト作品集
4位 講師セラピスト紹介
5位 本物の線香の見分け方(ブログ記事)
6位 スクール紹介
7位 取材レポート

ブログ記事「本物の線香の見分け方」が、再びランクインしました。そうそう、先日お越し下さったお客様から新たな情報をいただきました。「良い線香は灰=燃えカスが折れる」ということ。これはなるほどなあと。安価な線香は、燃えるとすぐに灰がパラパラ落ちるのです。品質の良い=本物の線香は、ある程度灰を被さったまま燃え続ける。被さったままの灰は重みがあるから、少し横に傾いてくる。

あと「良いお焼香はよく燃える」と言うことも教えていただきました。この方は、ご自分で調合された「MY焼香」をお持ちでして ご自分の番が回ってきたとき、MY焼香を炊かれている炭の上にパラパラかけると「ボワッ!」と勢いよく燃えたとか。順番に他の方が、備え付けの焼香をした時とは煙の立ち上がり方が違ったとか。実体験に基づいた見分け方って面白いですよね。勉強になりますよね。

最近、急にアクセスが増えてきはじめたのが「取材レポート」です。これは、足立区の環境審議会に出席したときの内容、環境系セミナーなどに主席して聞いた話をまとめています。今後は、数年前に兵庫県で環境団体等に取材させていただいたときの話もアップしていきたいと思います。

<検索ワード>
香害

昨年度、香害についてまとめた記事があります。もしよろしければ、参考程度にどうぞ。

香害について その1

香害について その2

※それにしても昨年度から、検索ワードをプロバイダー側のアクセス解析があまり拾ってくれなくなりました。拾ってくれても2ワードで、1~2人ほどの結果。PCバージョンの問題があると思うのですが、もっと拾ってくれたら色々とご紹介できるのですが。また対処方法を調べてみます。

3月スタート

本日から3月スタートですね。
強風吹き荒れる中、あたたかく感じられた1日でした。
東京は今年一番の最高気温だったようです。

ですが、北海道は猛吹雪。全国規模で見れば、全くちがう天気なんですよね。北海道にお住いの方、大変だとは思いますがケガなどないようお気をつけてお過ごしください。

さて、季節的に早いところでは蚊が発生する時期。先日のアロマフェアでこういったものが展示されておりました。レモングラスとシトロネラ精油の蚊よけ作用について。「んっ!?」と思ったあなたは鋭い!

これを見る限り、AEAJ推奨の1%濃度では忌避作用があまりない結果となります。ただ、実験サンプルが少なく(30~70代の男性3名)偏った属性になるため、一概には言えないかも。

10%濃度だと虫よけスプレーを作る場合(50ml量で)精油50滴量になります。1%濃度だと10滴量。レモングラスもしくは、シトロネラ精油50滴量って想像するだけでもすごいような気が。。。レモン様の香りが強烈に漂いそうですね。

塗布30分後には、忌避率が半分以下にまで低下するようなので5~10分ごとに塗布しなおす必要性がありそうですし。レモングラスやシトロネラも少量だと香りもここちよいのですが、10%濃度を全身に。。。ということを考えると、肌への影響も気になります。2つとも作用が強い精油ですし。

んん~蚊にはかまれたくないけども、かと言って濃度を強くして塗布するのも・・・と考えてしまいますよね。これ、もっとデーターをとって欲しいですね。男性だけでなく女性も加えて100名ほどのデーターがあれば。対象精油も増やしてほしい。

こういうのを見てしまうと、今年の虫よけスプレーの配合率や精油選定を悩んでしまうなあ。

香りの図書館

フレグランスジャーナル出版社が運営している「香りの図書館」をご存知でしょうか?その名前の通り、香りに関する文献や資料などを所蔵、公開している図書館です。

いつか行きたいなあ~と思ったら、今日で閉館すると知り駆け込みで行ってきました。2005年10月に開館されてから実に12年以上。香り・においの学術・文化を守り育てていた日本唯一のライブラリーです。中に入ると、匂い、香り、植物に関する本がずらずら~っと。

見慣れない精油などもいくつか並んでおり(秋田杉とか)香りに特化している印象をうけました。各香料会社の記念誌や学会誌などのレアな文献も。「出来る男は香りが違う!」などの興味魅かれる文庫本もありましたよ。

香料会社の記念誌を少し読んだのですが、これが面白かった。かつて八丈島でベチバーやパチュリ。鹿児島の瀬戸内町ではゼラニウムを栽培をしていたなどの記録が。今では、特産品として栽培されていないものばかりで想像がつかないですよね。

もっと早くこの図書館に来ていたら、色々と調べものが出来たのにな、と思いました。寂しいですよね。こういった独自性をもつ図書館がなくなってしまうのって。あったかい香りが一つ消えてしまうようで。最終日には、図書館の常連さんが受付の方にご挨拶をされていました。中には、わたしと同じくして閉館日に初来館の方も。

館内は小さめだったけど。みんなに愛された香りあふれる図書館。最終日は、活躍された書籍たちが少しづつ暗闇の段ボール箱に入れられていきました。

練り香体験♪

本日は、新宿区から練り香体験にお越しくださったお客様が。ここまで大体40分くらいでした、とのこと。アロマドレッシングにお越し下さる方は足立区、葛飾区が大半です。見つけていただいたこと、とても嬉しいです。


上記2枚の画像はお客様がお作りになられたもの。ピンクの色付けに、濃いピンクのドライフラワーが乗っています。この組み合わせ、可愛いですね~。

原型はこちら「押し花」バージョンです。今回お客様仕様にアレンジを加えました。オレンジのお花→濃いピンクに。透明の練り香→パールピンクの色に。

練り香はお客様のご希望に合わせて色&パーツの変更も可能です。お気軽におっしゃって下さいね。

また、作品完成後はお好きなだけ写真撮影をなさって下さいね。わたしが撮影したものをトリミング加工してお客様のメールなどに送付させていただきますよ~。

本日お越しいただいた方は、お香の勉強もなさっているとか。お線香、焼香、塗香などのお話で盛り上がりました。5月にはアロマテラピー検定をお受けになられるとのことで、頑張って下さいね。

M様、この度は遠路はるばる足を運んで下さりありがとうございます。お作りになられた練り香、また宜しければ感想をお聞かせいただければ幸いです。

※また本日お電話にてご予約下さったK様、アクセス方法が上手くお伝えできずに失礼いたしました。その後、お分かりになられましたでしょうか?最寄り駅は綾瀬駅ですが<西口>からお出になられて下さい。メールいただけましたら、簡単な地図を送付いたします。不安でしたら駅までのお迎えも可能です。遠慮なく申しつけ下さいませ。