アロマテラピーアドバイザー認定講習会の光景

先日、AEAJアロマテラピーアドバイザー認定講習会を開催しました。今回は区内在住の方。勤務先の会社がアドバイザー聴講費を負担してくれるとのこと。以前にも、そういう方がいらっしゃいました。なんか、嬉しいですね~。アロマの資格取得に理解ある会社で。

認定講習会では、領収書を発行しているのですが もし宛名や但書きを変更して欲しいとのご希望がありましたら 皆さん、遠慮なくおっしゃってくださいね。

さてさて、このコロナ禍でアドバイザー申請の手続きが色々と変更になりました。

大きな変更点が、履修証明書提出が郵送・オンラインどちらも可になったこと。アドバイザー登録料の振込みが時期が早くなったことです。今までは、履修証明書を提出してから約1ヵ月後に手続き書類一式が届き その中に登録料の案内があったのですが 履修証明書締切り月の15~30日に変更になりました。

説明するとややこしいシステムで・・・ 一枚のプリントにして聴講者に渡すことに。郵送される場合の住所、郵便局支払いの方法、オンライン提出&振込先のQRコードも作成。

これで、リアルとオンライン手続きどちらも安心です♪ 何より、私自身が説明しやすくなりました。

講習中に登場する「光毒性」の説明補足で、ベルガモットを例に。左が通常のベルガモット精油。右が光毒性を抜いているベルガモットFCF精油です。

大して、そんなに香りの違いはないのですが。光毒性成分を除去しているFCF精油は、通常のベルガモット精油に比べ少し気の抜けた香りをしているという感じでしょうか。

芳香浴として楽しまれる方は、通常のベルガモット精油。アロマクラフトなどを作成予定の方はFCFをおすすめしております。FCF精油の方が少し値段がお高くなります。

あとは引火点の説明補足。精油は引火する性質があり、種類ごとに引火する最低温度に違いがあります。例えば、こちらのメーカーの「イランイランコンプリート精油」は78℃。

オレンジスイート精油は47℃。精油が自然発火するケースはないのですが、点火源が近くにあると危険です。火を使う近くでは扱わないなど注意が必要になります。

今月の講習会は25日までです。アロマテラピーアドバイザー資格認定日は6/1になります。聴講ご希望の方はお申込みください。


<アロマドレッシングのご予約お問い合わせ>は3通り
①TEL:03-5856-1640
ご予約&お問い合わせフォーム←24時間受付
③LINE@のトーク画面←夜20時まで受付 ※事前に友だち登録をして下さい。
下記「友だち追加」「QRコード」から読み取りできます。

友だち追加

<ご予約方法>
お客様の名前、電話番号・もしくはメールアドレス、講座名、ご希望の日時(10:00~19:00)をお伝えください【第3候補まで教えていただけると幸いです】。折り返し、ご連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です